映画『カールじいさんの空飛ぶ家』妻との約束を果たすための大冒険

カールは、かつて妻と「パラダイスの滝の近くで住む』とうい約束をしました。しかしカールは妻に先立たれてしまう上に冒険できるほどの体力もすでに失っていました。悩んだ末に、カールは何と風船によって家を飛ばしてパラダイスの滝を目指して冒険する事にします。そこで、この映画を見た事がない方のために、ネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・感想を紹介します。

『カールじいさんの空飛ぶ家』のキャスト

カールの少年時代

引用:http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00007Y1K4

アメリカ合衆国のディズニー映画『カールじいさんの空飛ぶ家』は、2009年5月29日にアメリカ合衆国で上映されました(日本は2009年12月5日に上映)。DVDの収録時間は96分になります。

  • 監督:ピート・ドクター&ボブ・ピーターソン
  • 脚本:ボブ・ピーターソン&ロニー・デル・カルメン 

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』に出演している声優を紹介します。 

  • カール/この物語の主役(声:飯塚昭三)
  • エリー(子供時代)/カールの妻(声:松元環季)
  • チャールズ・F・マンツ/大冒険家(声:大木民夫)
  • ラッセル/バッジを欲しがる少年(声:立川大樹)
  • ダグ/1匹で行動する犬(声:松本保典)
  • アルファ/犬の群れを率いるボス(声:大塚芳忠)

『カールじいさんの空飛ぶ家』のストーリー

カールとエリーの家

引用:http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00007Y1K4

カールは大冒険家であるチャールズに憧れる少年でした。このチャーズルは愛犬家としても知られていて、犬と一緒に冒険先から帰って来て、新種の鳥の骨を持ち帰りました。しかしチャールズが冒険先から持ってきた骨は、周りが期待するような新種の鳥の骨ではなかったのです。チャールズは詐欺師呼ばわりされてしまったので、再び冒険に旅立って、今度は生きたまま伝説の鳥を連れて帰る事を誓うのです。

カールは、そんなチャールズに憧れる日々を過ごしている中で、少しおてんばな少女エリーと出会います。エリーも冒険に憧れる少女で、カールと一緒に冒険をして伝説の滝へ行く事を夢見るのです。

二人はやがて結婚をして、協力して一軒家を建てました。それから、この家で幸せな日々を過ごしていき、二人とも年老いていきます。幸せな結婚生活を送ってきましたが、エリーは冒険ブックをカールに差し出して、先に天国へ旅立っていきました。

独りぼっちになってしまったカールに追い打ちをかけるように、家の周りでは工事が進められてしまい、家を売却しないかと迫られるようになります。さらにラッセルという少年が、お年寄りを手伝う事によって、バッジをもらうために「何か手伝う事はない?」とつきまとい始めます。進退きわまったカールじいさんは、何と家に大量の風船を付けて、空へ飛びだっていったのです。これには工事現場の作業者や、街の人たちは唖然とします。

所が、家が飛びだているのに扉をコンコンと叩く音がします。扉を開けたら、ラッセルが家についてきたのです。そこでカールじいさんは、仕方なくラッセルを家の中に入れてあげます。所が、思ったよりも高い位置まで家が上がってしまったので、風船を少し離して、家の高度を下げて行きます。

家が雲の中を通過する途中で、突然、陸上が現れます。この場所こそカールじいさんが探し求めていた伝説の滝がある場所だったのです。カール爺さんは風船で浮いている家をロープで、伝説の滝まで運ぼうとします。所が、その途中で色鮮やかな鳥が現れます。

ラッセルは『ケヴィン』という名前を付けて、色鮮やかな鳥ケヴィンはカールじいさんたちに付いてきます。しかし、その鳥を追いかける犬たちがいたのです。凶暴そうな顔つきをしたアルファは鳥を見つけなくては、ご主人様に怒られると部下の犬たちに鳥を探すように指示します。それとは別に行動しようとしているダグも、ケヴィンを捕獲しようと動いていました。

なぜ、犬たちはケヴィンを追いかけまわすのでしょうか? そしてカールじいさんは妻との約束を果たす事ができるのでしょうか?

『カールじいさんの空飛ぶ家』の感想

カールが家を風船で飛ばす

引用:http://www.tsutaya.co.jp/images/extdata/04/00/00/33/32/l/333261_01_l.jpg

家を風船で飛ばして冒険をするという奇抜な発想は、多くの少年少女たちが心をときめかせるようなストーリーです。それでは、この映画は子供だけが楽しめる映画なのかと思ってしまうかもしれないので、私が、この映画を見た感想を紹介するので参考にしてみて下さい。

カールじいさんの空飛ぶ家の残念な所

カールじいさんは、妻に先立たれた後に、家を飛ばして伝説の滝へ向かおうとします。そして伝説の滝近くへ家が不時着しますが「できれば妻が生きている間に行動していればなぁ」と少し残念に思ってしまいました。ただし、その悲しみを背負って行動するからこそ、ストーリーが盛り上がるという側面もあるので難しい所です。

カールじいさんの空飛ぶ家の見所

家を風船で飛ばして、冒険に旅立つストーリーなので、少年や少女たちが喜びそうな映画になっています。しかし年老いた夫が、妻に先だれた後に行動する所や、人間と犬や鳥などの触れ合いのシーンも登場していきます。そのため、子供・大人・ご高齢の方たちまで、一緒に楽しみながら観れるのが、この映画の大きな見所です。