映画『人間の値打ち』のキャスト・ストーリー・感想

人間の値打ちという映画では、ある2つの家族が良好な関係を築いていましたが、自分の値打ちを高めようとして、次第に複雑な人間関係になっていきます。そして、あるひき逃げ事件が起きる事によって、破滅の道を突き進む事になるのです。そこで、この映画を見た事がない方のために、キャスト・ストーリー・感想を紹介します(ネタバレなし)。

『人間の値打ち』のキャスト

三人の値打ち

引用:http://eiga.com/movie/81991/special/

イタリア・フランス両国の合作によるミステリー映画『人間の値打ち』は、2013年に製作されました。このDVDの収録時間は109分になります。

  • 監督:パオロ・ヴィルズィ
  • 脚本:パオロ・ヴィルズィ

映画『人間の値打ち』に出演しているキャストを紹介します。 

  • ジョヴァンニ/大富豪(演:ファヴリツィオ・ジフーニ)
  • カルラ/大富豪の妻(演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)
  • マッシミリアーノ/大富豪の息子(演:グリエルモ・ピネッリ)
  • ディーノ/投資家になりたい男(演:ファブリツィオ・ベンティボリオ)
  • ロベルタ/ディーノの妻(演:ヴァレリア・ゴリノ)
  • セレーナ/ディーノの娘(演:マティル・ジョリ)
  • ルカ/絵が描く事が好きな男(演:ジョヴァンニ・アンザルド)

『人間の値打ち』のストーリー

人間の値打ちに翻弄される人々

引用:http://neuchi-movie.com/story.html

ディーノは、それほど金持ちという訳ではありませんでしたが、何と自分の娘が、大富豪の息子のマッシ(マッシミリアーノ)と付き合っていたのです。そこでディーノは娘が嫌がるのを無視して、恋人の家まで送ってあげます。そしてディーノはマッシの父親であるジャヴァンニに話しかけます。

ジョバンニは、ディーノが自分の息子の彼女の父親である事が分かったら、気さくに会話に応じて、一緒にテニスをしないかと誘います。ディーノは娘を上手く利用して、大富豪のジョバンニと親交を深めて、自分も投資がしたいと相談をします。しかしジョバンニは投資をするには最低でも50万ユーロは必要と言いますが、ディーノは大丈夫と言うのです。

ジョバンニはディーノが大丈夫と言うので、投資の話を進めますが、何とディーノは自分の家を担保にして銀行からお金を借りて間に合わせました。しかしジョヴァンニの部下は、総資産の20%の金額しか投資してはいけないと忠告しますが、ディーノは銀行からお金を借りた事を黙って、書類にサインをします。

ディーノとジョヴァンニの両家族は、自分たちの子供たちの授賞式に出席します。所が、ジョヴァンニの息子であるマッシが期待できていた賞を受賞できなくて、ジョヴァンニは自分の息子を軽蔑して帰ってしまうのです。そんな父親の態度や自分の不甲斐なさにマッシはショックに打ちのめされてしまいます。セレーナはそんなマッシを励まそうとしますが、全く立ち直れなくってしまいます。

実は、セレーナにはマッシとは別に、深い関係にあったルッカという男がいました。セレーナはそっけないマッシよりもルッカの元へいき、楽しい夜を過ごそうとします。

しかし、マッシがお酒に酔いつぶれてしまったので、セレーナの元へ電話がきてしまって、仕方なくセレーナはマッシを車で迎えに行く事にします。

翌日になって、ディーノがジョヴァンニに会いに行ったら、投資先が大きく下落してしまって、90%もの損害を受けてしまったのです。これにより、ディーノの投資額70万ユーロは7万ユーロになってしまいました。ディーノはジョバンニに銀行からお金を借りた事を白状して、助けを求めますがアッサリと断られてしまうのです。

絶望のどん底に突き落とされたディーノでしたが、地獄は始まったばかりでした。何と、ディーノの自宅へ警察が来て、セレーナが、ひき逃げ事件に関係していると言うのです。警察は、ひき逃げしていったのは、マッシの車と睨んでいました。実際にマッシは、ひき逃げ事件が起きた後に車の塗装キズに塗料を塗っていたので、マッシが犯人と決めつけていました。しかしマッシは、セレーナに送ってもらったので、自分は車を運転していないと言い張ります。実際にセレーナは自分が車を運転していた事を認めていました。メッシの母親は、街の劇場を再建しようと努力していた中で、自分の息子がとんでもない事件を起こしたものと思いつめます。そして、セレーナの自宅まで行き、謝りに行きますが、息子の罪をなすりつけたと思われて追い返されてしまいます。はたして、ひき逃げ事故を起こした車を運転していたのは、本当にセレーナなのでしょうか?

『人間の値打ち』の感想

カルラの奮闘

引用:http://neuchi-movie.com/staff.html

この映画でひき逃げされてしまった被害者の遺族には、被害者の推定収入額や、将来性を計算した金額が、慰謝料として支払われました。そしてひき逃げ事件によって、自分の値打ちにとらわれてしまった多くの者たちの欲望が暴露されていく事になります。そのような残酷なストーリーになっている映画を見た私の感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

人間の値打ちの残念な所

多くの者たちが、自分の値打ちに翻弄されるような予告でしたが、実際に見たら、上流階級の家族でトラブルが起きてしまう映画という感じでした。タイトルが『人間の値打ち』となっているので、日本の映画『カイジ』のように、もう少し人間をモノのように扱う過激さが欲しかったかなと思いましたね。

人間の値打ちの見所

この映画ではひき逃げ事件が大きなターニングポイントになっていて、ストーリーが始まる時に、いきなりひき逃げ事件が起きます。さらにストーリーがある程度まで進んでいったら、再びひき逃げ事件が行われます。それから、セレーナがマッシを迎えに行った時や、迎えに行った後の話がでていきます。

そのため、この映画は時系列を後に戻していくストーリーになっているので、視聴者に分からなかった事が、少しずつ分かるようになっていきます。そのため、分からない事が少しずつ判明していく所は、この映画の大きな見所です。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/