映画『パディントン2』絵本を盗んで囚人に?

本日、日本で公開されたばかりの映画『パディントン2』では、無実の罪をきせられたクマのパディントンが身の潔白を証明します。そこで、この映画をまだ見た事がない方のために、キャスト・ストーリー・パンフレット・感想などを紹介します。

『パディントン2』のキャスト

パディントンの声優

引用:http://paddington-movie.jp/images/character/bg_paddington.png

イギリス・フランス両国の合作によって作られたコメディー映画『パディントン2』は、2018年1月19日に日本で上映されました(イギリスでは2017年11月10日に上映)。DVDはまだ発売されていません。

  • 監督:ポール・キング
  • 脚本:ポール・キング
  • 原作:マイケル・ボンド

映画『パディントン2』に出演しているキャストを紹介します。

  • パディントン/無実の子グマ(声:松坂冬季)
  • ヘンリー・ブラウン/ブラウン一家の大黒柱(声:古田新太)
  • メアリー・ブラウン/ヘンリーの夫(演:石塚理恵)
  • ジュディ・ブラウン/ヘンリーの娘(声:三戸なつめ)
  • ジョナサン・ブラウン/ジョディの弟(声:西田光貴)
  • バード夫人/ブラウンの親戚(声:定岡小百合)
  • フェニックス・ブキャナン/元俳優(声:斎藤工)
  • ナックルズ:ブレンダン・グリーソン/囚人(声:楠見尚己)
  • カリー/ブラウン一家の隣人(声:佐々木 睦)

『パディントン2』のストーリー

囚人になったパディントン

引用:http://paddington-movie.jp/story/

ロンドンの生活にも慣れてきたパディントンは、多くのロンドン市民たちと親睦を深めて、忙しい朝の時間帯でも、多くの人たちと楽しいひと時を満喫していました。そんな光景をへんくつなカーリーは苦々しい顔をして眺めるのです。

そんなパディントンは、ロンドンに来たくてもパディントンを育てるためにこれなかったルーシーおばさんがいました。ルーシーおばさんは老グマホームに入っていましたが、これまで育てててくれて、ロンドンにも送り出してくれたのです。パディントンは、ルーシーおばさんが100歳になる誕生日に、今までのお礼として、ロンドンの様々な建物が立体的に見れる『飛び出す絵本』をプレゼントしようとします。

しかし飛び出す絵本は値段が高かったので、働こうとしました。しかし初めて働くパディントンは、様々な失敗をして理髪店では、誤ってお客の髪をバリカンで刈ってしまいます。なかなか上手くいかないパディントンでしたが、そんな時にブラウン一家と一緒に、ある遊園地へ向かいます。そこでは以前まで俳優として活躍してきたブキャナンと巡り会えます。そこでパディントンは、ブキャナンに絵本の話をしてしまいます。

その話を聞いたブキャナンは顔色を変えてしまうのです。なぜなら、それはただの絵本ではなく財宝のありかをしめすヒントを記していた絵本だったからです。ブキャナンは変装をして、絵本を盗み出そうとしますが、パディントンがそれを偶然にも見かけて追いかけようとします。しかし途中で見失ってしまえったら、警察はパディントンが絵本を盗み出しものと決めつけて逮捕するのです。

ブラウン一家はパディントンの無実を信じていましたが、運悪く判決を決める判事が、何とパディントンが誤って髪を刈ってしまった客だったのです。判事は強盗と理髪店の罪を合わせて10年の懲役を言い渡します。しかしパディントンはマーマレード作りが上手だった事もあって、コックの仕事をしていた囚人ナックルズと親しくなります。

しかしナックルズはパディントンに「そのうち家族はお前の事なんか忘れる」と言って、脱獄を進めます。しかしパディントンはブラウン一家を信じますが、ブラウン一家はパディントンの無実を証明する事に熱中するあまり、パディントンとの面会時間に間に合わなくなったのです。パディントンはいくら待っても、家族が面会に来てくれなくなったので、もう自分の事は忘れられたのだとショックを受けます。

そしてナックルズは「お前の無実を証明するために一緒に脱獄するぞ」と言って、四人で脱獄しますが、正真正銘のお尋ね者になってしいみます。はたしてパディントンやブラウン一家は、無実を証明する事ができるのでしょうか?

『パディントン2』のパンフレット

シンプルなパディントンのパンフレット

本日上映したばかりという事もあって、パディントン2のパンフレットは売り切れていませんでした。そしてパディントン2の表紙は意外にもシックなものになっていましたね。代金は税込で720円だったので、良心的な値段と言えます。

そしてパンフレットでは、移民などの民族的対立が問題になっている事もあって、全く違う種族であるパディントンを受け入れる事に意味があるという事が書かれていました。なるほど、確かに移民大国であるアメリカ合衆国や、大陸と地続きなドイツでも移民問題があるだけに、この映画の果たす役割は大きいでしょうね。

その他に、パンフレットでは、松坂冬季さんたちがこの映画にかける感想などが書かれていました。そのため、声優陣に興味がある方は読んでみる価値はあるでしょう。

最大の見所は何と言っても、パディントン2で登場する建築物を紹介している所ですね。パディントンの名前の由来になった『パディントン駅』を始め・ビックベン・タワーブリッジなどの写真や地図も載っていました。このパンフレットを手掛かりにロンドンへ海外旅行してみるのも良いですね(簡易的な地図なので注意して下さい)。

『パディントン2』の感想

パディントンの苦悩

引用:http://paddington-movie.jp/story/

新潟南イオンシネマで、映画『パディントン2』を見て来た感想を紹介するので、これからパディントン2を見ようと思っている方は、参考にしてみて下さい。

『パディントン2』を見た観客の反応

金曜日の朝の時間帯に見ていたので、観客はそれほど多くありませんでした。それでも親子連れの方や、おじいさんが見に来ていたので年齢層の幅は広い感じでしたね。それと映画はコメディーで笑える所がありましたが、さすがに映画館だったので、みなさん笑っていませんでしたね。ただし、私は必死に笑いをこらえてました。

『パディントン2』の残念な所

前作であるパディントンに比べたら、パンチの効いている憎まれ役がいなかったのが残念でしたね。実際に前作の剥製部長は性格がぶっ飛んでいて、パディントンをタクシーからおろした場所を教えようとしない運転手を逆さ吊りにしたので、その存在感はすごかったです。それに比べたら、ブキャナンはちょっとパンチ力が足りなかったかなという感じがしましたね

www.akira-blog.com

『パディントン2』の見所

パディントンは罪もないのに刑務所に入れられて、家族が面会に来てくれなくて、涙を流します。悲しむパディントンの姿を見ていたら、罪もないのに保健所に送りつけられるペットのように見えました。恐らく保健所に送りつけられたペットも、パディントンと同じように、家族が迎えに来てくれる事を信じながら、裏切られた気持ちで泣いているんだろうなぁと思ってしまいましたね。

この映画では、笑いあり涙ありのストーリーは前作と同じでしたが、私が最大の見所と思えたのは、家族に裏切られて涙を流すパディントンの悲しいシーンでした。それを考えたら、この映画は違う存在を受け入れる映画だけではなく、人間とペットの関係をみつめ直すきっかけになる映画と言えるでしょう。