映画『となりのトトロ』ネコバスがメイを見つけ出す

ジブリのアニメ『となりのトトロ』では、草壁一家が、年季の入った家へ引っ越してから、不思議な体験をしていきます。そして草壁一の娘たちは、そこで不思議な生き物『トトロ』と出会う事になって、かけがえないの経験をしていく事になります。そこで、このアニメを見た事がない方のために、キャスト・ストーリー・感想を紹介しましょう(ネタバレなし)。

『となりのトトロ』のキャスト

夜に起きた出来事

1988年4月16日に日本で公開された日本のジブリの映画『となりのトトロ』は、昭和の時代の日本を描いたファンタジーなアニメ作品になります(DVDの収録時間は86分)。

  • 監督:宮崎駿
  • 脚本:宮崎駿
  • 原作:宮崎駿

映画『となりのトトロ』に参加している一部の声優を紹介します。

  • 草壁タツオ/草壁家の大黒柱(声:糸井重里)
  • 草壁靖子/タツオの妻(声:島本須美)
  • 草壁サツキ/タツオの長女(声:日髙のり子)
  • 草壁メイ/タツオの次女(声:坂本千夏)
  • トトロ/不思議な生き物(声:高木均)
  • ネコバス/トトロが利用するバス(声:龍田直樹)
  • おばあちゃん/近所のおばあちゃん(声:北林谷栄)
  • カンタ/サツキのクラスメート(声:雨笠利幸)

『となりのトトロ』のストーリー

大木の迫力

草壁一家は、緑の多い一軒家へ引っ越す事になりました。その家は外観が洋風に近い家でしたが、ボロい家で和室がいくつもある所でした。タツオの娘たちは、家へ着くなり、自然によって出来ていた緑のトンネルに興奮しましたが、家の中に何やら不思議なものが見えました。それは小さくて黒い球体だったのです。

メイは不思議な生き物を捕まえて、父親の所へ行ったら、そこには近所のおばあちゃんが珍しそうにメイを見つめます。おばあちゃんの話によれば、その不思議な生き物は、まっくろくろすけというもので、小さい頃には見えるものだったというのです。サツキやメイたちは、自分たちの住む家がお化け屋敷である事に興奮して喜んでしまいます。

そこへ、おばあちゃんの身内のカンタという男の子が頼まれていた物をサツキに無言で渡そうとします。それに少し戸惑ってしまうサツキでしたが、そこから離れたカンタは「やーい!おまえん家、お化け屋敷ー!」とバカにしてしまいます。これにはサツキも頭にきて、あっかんべーをしてしまうのです。

サツキは、その後に父や娘と一緒に病院まで行き、母親のお見舞いをします。そこで新しい家がお化け屋敷だった事で、おおいに盛り上がります。お見舞いを済ませ後に、メイが家の庭で遊んでいたら、不思議な生き物を見つけたので、奥まで追いかけていくと巨大な生き物と遭遇します。その生き物は大声で「トトロ」と言ってきて、メイは「トトロって言うのね」と微笑みます。

所が、いつの間にか寝てしまって、姉に起こされてしまいます。メイはトトロと会った事を言いますが、どこにもトトロが見えなくなっていたので、思わず姉や父から笑われてしまうのです。そして翌日になってサツキが学校で授業を受けていたら、メイが寂しくなって学校まで来てしまいます。

先生は母親が不在という事で、特別に教室を入れてあげるのです。そして授業が終わって一緒に学校から帰ろうとしたら雨が降ってきました。二人が雨宿りをしていたら、そっけないカンタが近づいてきて、無言で傘を差し出してくれたのです。サツキは遠慮しますが、カンタは傘を置いて走っていきました。

サツキは、その後にカンタの親の所まで行き、傘を貸してくれた事をお礼を言います。それからサツキはメイと一緒に父親を出迎えるためにバス停まで行きます。そうしたら、日が暮れて行き辺りは真っ暗になりました。そこへ足音が聞こえてきたので、その方向を見てみたら、あの巨大なトトロが現れていのたです。

サツキは雨が降っていたので、トトロに傘を貸してあげたら、雨粒が傘に当たる音にトトロが興奮して「ガオオオオオ」と叫びます。そうしたら、何とネコバスがやってきたのです。トトロはサツキに笹の葉でくるんだお土産を渡して、ネコバスで帰っていきました。その後にやってきたバスに父が乗っていたので、サツキはトトロに会えた事を興奮気味に話します。

サツキとメイは、トトロからもらった木ノ実を庭にまいて、木の芽が出る事を心待ちにしていました。そんなある日、深夜の時間に木ノ実を植えた所で、トトロが不思議な踊りをしていたので、サツキやメイを面白がって、同じ踊りをしていたら、木ノ実がポンポンと出てきて、一気に大木に急成長したのです。さらにトトロはメイやサツキを乗せて、一気に大空へ飛んでいきます。サツキは「メイ、私たち風になっている」と興奮して、かけがえのないひとときを楽しみました。

しかし、翌朝になってみたら、大木はありませんでした。しかし木の芽は出ていたので「夢だけど、夢じゃなかった」と姉妹は大喜び。サツキたちはトトロと会えて、楽しい日々を送っていましたが、母の退院日が延期になってしまって落ち込んでしまいます。メイは1日も早く母に会いたいと駄々をこねてしまって、なだめようとする姉と喧嘩してしまいます。そしてメイは、おばあちゃんから貰ったトウモロコシを病院まで届けようとするのです。

サツキはメイがいなくなった事にあわてて、探そうとしますが、全く見つかりませんでした。そこでトトロの所へ行って「お願い、メイを探して、今ごろきっと泣いているわ、どうしたら良いのか分からないの」と泣き崩れてしまいます。そこで、トトロは起き上がって、ネコバスを呼び寄せます。はたしてサツキは、メイを見つけ出す事ができるのでしょうか?

『となりのトトロ』の感想

夜道で起きた出来事

となりのトトロは、ジブリの名作という範疇(はんちゅう)を超えて、日本アニメの金字塔とも言えるほどの作品です。そのようなアニメを見た私の感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

となりのトトロの残念な所

カンタは、最初のほうではサツキに冷たく接していたのに、いきなり傘を差し出そうとします。その変わりようは突然でした。そのため、どうして、そのような心変わりをしたのか?そのあたりはもう少し見たかったですね。教室でサツキのほうを気にするシーンはありましたが、そこは少し不自然に見えてしまったので、残念な所でしたね。

となりのトトロの見所

となりのトトロを久しぶりに見返してみましたが、やはり映像と音楽がすごくマッチしている所が、良かったですね。実際に古き良き昭和の風景が出てくるだけではなく、その風景に合うのどかな音楽が流れるので、心が癒されます。そしてトトロという不思議な生き物が出る事や、子供の時でしか見えないという設定が、大人になる事で何か大事なものを忘れた事を思い出させてくれるような所が、大きな見所です。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/