映画『火垂るの墓』節子を救うために幼き兄が奮闘!

火垂るの墓は、戦時中の日本で親を無くした男の子が、幼い妹と二人っきりで生きて行こうとする物語です。生活用品や食べ物が不足する中で、二人の心を癒してくれるのは、蛍の光だけでしたが、たくまくしく生きていこうとするのです(ネタバレなし)。

『火垂るの墓』のキャスト

兄弟の握手

1988年4月16日に日本で公開されたジブリの映画『火垂るの墓』は、戦時中に空爆されていた日本で、二人っきりで生きていく兄弟愛を描いたアニメ作品になります(DVDの収録時間は89分)。

  • 監督:高畑勲
  • 脚本:高畑勲
  • 原作:野坂昭如

映画『火垂るの墓』に参加している一部の声優を紹介します。

  • 清太/妹を助けようとする主人公(声:辰巳努)
  • 節子/清太の妹(声:白石綾乃)
  • 清太の母/爆撃で別れてしまう親(声:志乃原良子)
  • 親戚の叔母/清太の叔母(声: 山口朱美)

『火垂るの墓』のストーリー

昔の学校

昭和20年の日本は、アメリカの無差別爆撃によって、多くの市民たちが戦火に逃げまどっていました。まだ少年だった清太は、妹と一緒に避難しようとしていましたが、先に母親に避難するようにせかします。そんな親想いの息子を頼もしく思った母親は、先に防空壕へ避難します。

仇になった親心(起)

親を先に避難させた後に、清太は節子と一緒に避難しようとしますが、上空には多くの敵機が飛んでいました。兵庫の市街地は火の海となりますが、二人は何とか海岸まで逃げのびます。そこで、二人は対岸が火事になっていた光景を見たので、節子は母親が無事なのか心配になります。

清太は「お母ちゃんは防空壕に行っているから大丈夫」と節子を励まします。そんな時に軍人が、市民たちに「国民学校に集合して下さい」と呼びかけたので、二人は学校へ向かいました。そこには母親がいましたが、清太だけが通されて、知り合いのおばさんが節子を見る事にしたのです。

清太はどういう訳なのだろうかと思っていたら、そこには変わり果てた母親の姿がありました。全身を包帯巻きにされて、いつ亡くなってもおかしくない状態。そして、あまり時をおかずに母親は亡くなってしまいます。清太は母親の遺骨をもらいますが、節子には母親が亡くなった事を内緒にします。

険悪になっていく叔母との関係(承)

清太たちは親を亡くしてしまったので、仕方なく親戚の叔母さんの家に住む事にします。清太は自分が持っていた梅干しを叔母さんにあげますが、叔母さんに母親の服を米と物々交換しないかと提案されます。清太はそれに納得しますが、節子は泣きながら反対しようとするのです。

節子にとって会えなくなった母親の服がなくなってしまうのは、耐えられない事でした。しかしホカホカの白米を食べられる事に二人は、つかの間の幸せを感じます。しかし学校が燃えて、どこにも外出しないで妹の面倒を見るだけの清太に対して、叔母さんは次第に態度を硬化させていき、何もしない疫病神と罵るようになるのです。

横穴の転居生活(転)

雑炊を食べさせられる事に愚痴をこぼす節子に対して、清太は励まそうとします。しかし、叔母さんは国に対して何もしないくせにと思って、しかり飛ばすのです。節子は自分たちのお米やんかと思って悲しくなります。

二人は叔母さんの家にいる事が耐えきれなくなって、近くにあった防空壕のような横穴に移り住む事にします。

そこは食料もなければ、生活用品もない所でしたが、夜になったら多くの蛍が飛んでいました。そこで清太は蛍を捕まえて横穴で解放して、蛍の光でいっぱいになります。二人は宝石箱に入ったような空間で、その美しさに見とれました。

栄養状態が悪化する節子(結)

清太は生きていくためには、盗みも平気で行うようになりますが、畑から農作物を盗もうとしている所を見つかって、暴行を受けてしまいます。節子はそれを必死に止めようとしますが、警察に引き渡されます。しかし少年なのに暴行を受けた清太をふびんに思って、すぐに解放します。

そんな毎日を送っていたので、十分な食事を取れなくて、節子は栄養失調になってしまうのです。清太は滋養(じよう)をつけさせるために、なけなしの貯金をおろしてスイカやお米を食べさせようとします。はたして清太たちは、厳しい環境の中で生き延びる事ができるのでしょうか?

『火垂るの墓』の感想

宝石箱のような蛍の光

ジブリは、人々の心に希望を与えるようなアニメ作品が多い中で、この火垂るの墓は異色の作品になっています。そのような悲しいストーリーになっている火垂るの墓を見た感想を紹介するので参考にしてみて下さい。

火垂るの墓の残念な所

戦時中の日本でも、二人はたくましく生きようとしますが、やはりストーリー全体的にあまりにも暗いです。もう少し明るい話があっても良かったのではないかなと思うので、その辺りが残念な所でしたね。

それと子供の時に火垂るの墓を見た時は、清太の叔母さんは何と性格の悪い奴だと思ったものですが、大人になって見返してみたら叔母さんの気持ちが少しは分かりました。

確かに妹の面倒を見るだけで、街の消火活動や食器洗いを何もしないので、文句の一つや二つは言いたくなるだろうと思いましたね。そこは清太も、叔母さんに対して、もう少し協力的になっていたら、状況は変わっていたのかもしれません。

火垂るの墓の見所

清太たちは蛍の光に心を癒されるのに、作品名では、なぜか『蛍』ではなく『火垂る』となります。これには、母親が空爆で亡くなってしまって火葬するので、それで火垂るではないのか?と言われています。しかし、作家本人が亡くなっているので、確認のしようがありません。

全体的に悲しいストーリーですが、妹と一緒に生きようとする清太の姿を見ていたら、兄弟愛とはここまで強いものかと心を打たれました。今の日本で、ここまで心を一つにできる兄弟はそれほど多くないかもしれません。

それを考えたら、清太と節子が貧乏な中でも必死に生きようとする所が、この映画の最大の見所でしょう。