映画『ズートピア』無力な兎が警察官を目指す?

ズートピアでは無力な兎ジュディが、無謀にも警察官を目指そうとします。その夢は何とか実現します。しかし、肉食動物が凶暴化していき、草食動物と対立するようになっていくので、凶暴化した原因を突き止めようと奮闘するのです(ネタバレなし)。

『ズートピア』のキャスト

ジュディの画像

引用:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia/character/character01.html

アメリカ合衆国のディズニー映画『ズートピア』は、2016年4月23日に日本で上映されました。DVDの収録時間は108分になります。

ズートピアの監督と脚本

ズートピアのリッチ・ムーア監督は、アメリカ合衆国のアニメ作品を多く手がけていて、シュガー・ラッシュを担当した事でも有名です。

  • 監督:リッチ・ムーア&バイロン・ハワード&ジャレド・ブッシュ
  • 脚本:ジャレド・ブッシュ&フィル・ジョンストン

ズートピアの登場人物と声優

ズートピアの声優陣の中には、大物女優である上戸彩さんが『ジュディ』と務めました。その声はハマリ役で、この映画を見ていて、何も違和感のないものでした。

  • ジュディ・ホップス/警察官を目指す兎(声:上戸彩)
  • ニック・ワイルド/アイス売りの狐(声:森川智之)
  • ボゴ署長/ジュディの上官である水牛(声:三宅健太)
  • ライオンハート/ライオンであるズートピア市長(声:玄田哲章)
  • ベルウェザー/羊であるズートピア副市長(声:竹内順子)

『ズートピア』のストーリー

ニックの画像

引用:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia/character/character02.html

田舎に生まれ育ったジュディは、子供の頃から警察官になる事が夢でした。しかし兎で警察官になれた者はいなかったので、両親は大人しく人参を栽培してほしいと願っていたのです。

初の兎の警察官(起)

ジュディは子供の頃からの夢を叶えるために、ズートピアに行く事を願っていました。なぜならズートピアは動物たちのユートピアであり、そこに行けば何でもなれるとジュディは信じていたからです。

ジュディは、地元の狐に兎が無力である事をからかわれて苦い経験を体験します。しかしジュディは、苦しい挫折に負ける事もなく、15年もの歳月をかけて、遂に警察官になる事を認められます。

故郷から列車に乗って、美しい景色を通り越して、憧れのズートピアに到着した時にはジュディは希望や夢を膨らませていました。

理想とは程遠い仕事内容(承)

ジュディは警察官として、犯人を取り締まろうと思っていましたが、そこに登場したボゴ署長は駐車違反切符の仕事を命じます。それに不服を言うジュディですが、ボゴ所長は「まず駐車違反切符を100件してみせろ」と言い放ちます。

これにジュディは闘争心を燃やして、昼間までに201件の駐車違反切符を切ります。そこに狐の親子が歩いていたので、過去の経験から狐が悪さをするものと思って、つけていきました。

所が、狐の親ニックは子供にアイスキャンディーを買ってあげようとがんばっていたのです。しかし、そのお店は狐ではない店員だったので「狐に売る物はない」と断ったので、ジュディは交渉してアイスを買ってあげるのです。

泥棒を逮捕して大目玉(転)

ジュディは良い事をしたと満足していましたが、その後にニックがアイスを子供にあげるのかと思いきや、そのアイスを加工して銀行員に売りさばいている所を目撃してしまいました。それに抗議するジュディですが、ニックは意に介しません。

ジュディは、その後も駐車違反切符を切っていたら、市民たちから「税金で生活できているくせに」と文句を言われるようになります。ジュディは、理想とは違う待遇にため息をつきますが、泥棒を働いているネズミを見つけたので追跡する事になりました。

追跡する途中で、トガリネズミの女性が大型ドーナツの下敷きになりそうになったので、それを助けた後に泥棒のネズミを逮捕します。しかしボゴ所長は持ち場を離れて勝手な行動を起こしたジュディをしかり飛ばします。

48時間以内に行方不明者を見つけ出せ(結)

ズートピアでは最近になって、行方不明者が続出するようになって、さらにカワウソが「行方不明になった夫を探して欲しい」と頼んできたので、ジュディは勝手に引き受けてしまいます。これにボゴ署長は再び激怒します。

そしてボゴ所長は「48時間以内に行方不明者を見つけ出さなければ、警察官を辞めろ」と言ってきて、ジュディは職をかけて行方不明者を探す事になります。そこでニックを言いくるめて、一緒に捜査を協力してもらう事になります。

ジュディとニックは協力して、行方不明者を見つけ出しますが、行方不明になった者たちは肉食動物で凶暴化していたのです。ジュディは、なぜ肉食動物たちが凶暴化していくのか頭を悩ませる事になります。はたして、その原因は何なのでしょうか?

『ズートピア』の豆知識

ライオンハート市長の画像

引用:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia/character/character09.html

ズートピアでは、ジュディは仕事で使っていたニンジンペンが登場しますが、それがグッズとして販売されています。さらに日本語吹替版では、Dream Amiさんが主題歌を担当したので、詳しく紹介しましょう。

ジュディのニンジンペン

ジュディが仕事で使っていたニンジンタイプのペンが、3000円前後の値段で販売されています。ペンとしては少し値段の高い商品になりますが、ジュディが使っていた事もあるので、ズートピアファンにとって、たまらないグッズになっています。

ズートピアの主題歌『トライ・エヴリシング』

ズートピアの主題歌を担当したDream Amiは、元E-girlsのメンバーでライオンズファンたちの間では、今でも高い人気を集めている女性です。なぜなら西武ライオンズの守護神『高橋朋己』投手の登場曲『FollowMe』は、E-girlsの歌だからです。

Dream Ami自身も西武ドームへ行って、高橋朋己投手と一緒に始球式を行った事もあったのです。この歌が流れる時には、西武ライオンズファンはジャンプをして「トモミー!トモミー!」と応援する事で、おなじみです。

そしてズートピアの主題歌『トライ・エヴリシング』の歌詞では、どんなに辛い事があっても、前に進んでいこうと励ますような内容になっています。

『ズートピア』の感想

ベルウェザー副市長の画像

引用:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia/character/character10.html

ディズニー映画で、圧倒的な人気を誇るのが、ズートピアです。そのような人気の高いズートピアは本当に見応えがあるのか?私が見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

ズートピアの残念な所

ズートピアはCGアニメになっているだけではなく、犯人を探していくストーリーになっているので見応えはあります。しかし圧倒的な人気を誇る割には、それほど面白いようなCGアニメに見なかったというのが本音です。

私が見た限りでは、まだ『ペット』のほうが動物のアニメとしては違和感のないものでした。そして主題歌やヒロインの魅力という事では『アナと雪の女王』のほうが魅力的に見えました。

そのため、ズートピアは人気が高いので、きっと面白いはずと期待しすぎたら、肩透かしをくらう可能性があるので、注意する必要はあります。

ズートピアの見所

少し厳しい批評になってしまいましたが、それでも犯人を見つけて行く過程で、少し視聴者を驚かせてしまうホラーのような要素もあって面白みはありました。

さらに肉食動物と草食動物の間で対立するようになっていき、その対立を乗り越えていこうとする姿は、まさに移民大国アメリカ合衆国を彷彿ほうふつさせます。現在は人種の壁で多くの国々が苦しんでいます。

それを考えたら、動物たちがお互いの違いを認め合って、対立を乗り越えようとするシーンは、この映画の最大の見所です。