映画『魔女の宅急便』独り暮らしが上手くいかない方に必見のアニメ

魔女の宅急便は、魔女の見習いキキが独り立ちをしようとしますが、何も取り柄がない事から悪戦苦闘します。しかし、自分の数少ない取り柄から宅急便の仕事をするようになりますが、何と魔法が使えなくなってしまうのです(ネタバレなし)。

『魔女の宅急便』のキャスト

魔女の猫キキ

1989年7月29日に日本で公開されたジブリの映画『魔女の宅急便』は、魔女の見習いが独り立ちをする時に辛い経験を乗り越えて、たくまく成長していくアニメ作品です。DVDの収録時間は102分になります。

魔女の宅急便の監督&脚本&原作

ジブリの魔女の宅急便では、幼いキキが苦難を乗り越えて行く物語ですが、実は原作のほうは、さらに内容が長くなっています。

  • 監督:宮崎駿
  • 脚本:宮崎駿
  • 原作:角野栄子

魔女の宅急便の登場人物と声優

アニメを見ている時には気が付かなかったのですが、キキとウルスラは同じ方が声優を務めていました。そのため、キキとウルスラの声の違いを聞いてみるのも、このアニメの楽しみでしょう。

  • キキ/魔女の見習い(声:高山みなみ)
  • ウルスラ/絵描きが好きな女性(声:高山みなみ)
  • ジジ/キキの黒猫(声:佐久間レイ)
  • おソノ/パン屋の女主人(声:戸田恵子)
  • トンボ/キキの男友達(声:山口勝平)

『魔女の宅急便』のストーリー

魔女の使うホウキ

魔女には、あるしきたりがあって、それは13歳になったら独り立ちするというものでした。その独り立ちを今か今かと待ち望んでいたのが、キキでした。

キキの独り立ち(起)

キキは13歳になったので、独り立ちする事になりますが、両親は今まで大事に育ててきた娘が旅立っていく事に、寂しさを募らせていました。

そのような両親の気持ちとはよそに、天気予報では、明日は天気が良い事を知って、旅立つ日を早めてしまいます。

そこで両親だけではなく、近所の人たちもキキを快く送り出してくれて、遂にキキは黒猫ジジと共にホウキに乗って空へ飛んで行きました。

魔女の住みづらい街(承)

キキは海辺にある大きな街を見つけて、ここに住もうと思って降り立ちます。しかし街の人たちはキキによそよそしくて、警察が交通事故になりそうな降り方をしてきたので補導しようとするのです。

所が「ドロボウ!」という声が聞こえたので、警察はその場を離れていきます。その時に声を出したのはトンボという少年で、キキを助けようとして嘘をついたのです。しかしキキは、突然なれなれしく声をかけてきたトンボに、怒ってしまいます。

新しい街になじめそうにないキキは落ち込んでしまいますが、パン屋の女主人おソノさんと知り合います。おソノさんは今までの人とは違って、キキを気に入って「自宅の空き部屋を使って良いよ」と言ってくれたのです。

魔女の宅急便が誕生(転)

キキは空を飛ぶ事しか取り柄がなかったので、そこで宅急便の仕事をしようと思いつきます。それを話したら、おソノさんも賛同してくれて、ここに魔女の宅急便が誕生します。

仕事は順調に進みますが、猫のぬいぐるみを届けようとしたら、途中で鳥に襲われてしまって、ヌイグルミがボロボロになります。そこでウルスラという女性の家を掃除する代わりに、ヌイグルミを直してもらいました。

それからトンボは、キキに対してパーティーに誘ってきて、今までとは違ってトンボに話に耳を傾けます。所が、キキは雨に濡れてしまってパーティーへ行けなくなって落ち込んでしまいます。

魔法が使えなくなったキキ(結)

キキは、今までジジの言葉が理解できていたのに、突然ジジの言葉が理解できないようになります。そこでキキは、ハッとしてホウキに乗っても空へ飛べなくなった事に気づきました。

そんな時に、以前配達した先のおばあさんに呼ばれたので、遊びに行く事にしました。所が、その家のテレビにトンボが映っていたのです。トンボは風に飛ばされそうになっている飛行船にしがみついてしまって、一緒に吹き飛ばされていったのです。

これを見たキキは急いでかけつけて、近くにいたおじいさんからデッキブラシを借りて飛ぼうとします。はたして魔法を使えなくなったキキは、再び空を飛んでトンボを助ける事ができるのでしょうか?

『魔女の宅急便』の豆知識

魔女の怖さを表す画像

魔女の宅急便は高い人気を誇っているアニメという事もあって、様々なグッズが販売されています。そこで、魔女の宅急便のグッズや主題歌などをいくつか紹介しましょう。

魔女の宅急便 かるた

魔女の宅急便に登場するシーンが、かるたで描かれています。そのため、魔女の宅急便を見た事がある方であれば、絵柄を楽しみながら、かるたを遊べるグッズになります。

スタンドミラー ものおもいの窓辺

ジジが窓を眺めているようなデザインをしているスタンドミラーです。オモチャのように見えますが、意外にもミラーとしての役割は果たしてくれるので、ジジが好きな方は購入してみる価値はあるでしょう。

キキ コスプレ 4点セット

キキの衣装4点セットで、ワンピース・カチューシャ・バッグ・黒猫などがセットになっているグッズです。特にワンピースは、着丈87cmもあるので、大人の女性でも着用する事ができるので、ハロウィンでも重宝できます。

魔女の宅急便の主題歌

www.akira-blog.com上のリンク先では歌っている方は違って、音楽は少しアレンジされていますが、魔女の宅急便の主題歌が2つ紹介しています。この主題歌では、優しい歌いかたでも、切なさと懐かしさが同居するような不思議な曲になっています。

『魔女の宅急便』の感想

魔女が移り住んだ街

私にとって、魔女の宅急便は、耳をすませばの次に好きな映画なので、思い入れの強い作品です。そのような作品の感想を紹介するので、良かったら参考にしてみて下さい。

魔女の宅急便の残念な所

キキが魔法を使えなくなってしまうシーンが登場しますが、なぜ魔法が使えなくなったのか?それが全く分からない状態でストーリーが進んでいきます。そこは、もう少し魔法が使えない理由を知りたかったので、少し残念な所ですね。

魔女の宅急便の見所

空を飛ぶ事しか取り柄のないキキが、数少ない取り柄から仕事を見つけようとしたり、自分を理解してくれる協力者もいる事に気付いたりして、たくましく独り立ちをしていきます。

おソノさんの家に厄介になりますが、このストーリーは今まで独り暮らしをしてこなかった方と共通する所は多くあるので、この映画から学べる事は多いでしょう。

私は、この映画で魔女が魔法を使うストーリーと、ほのぼのとした音楽や主題歌が好きで、ジブリの中でも気に入っているほうの映画です。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/