映画『ネオン・デーモン』美という毒が女たちを狂わしていく?

ネオン・デーモンという映画では、モデルを夢見る少女ジェシーが、圧倒的な美貌を背景に活躍します。所が、ジェシーの活躍を快く思わないモデルたちにうとまれていき、ジェシーや、そのライバルたちは次第に人生を狂わされていきます(ネタバレなし)。

『ネオン・デーモン』のキャスト

ジェシーの美しさ

引用:http://amzn.asia/goJkujC

アメリカ合衆国・フランス・デンマークなどによる合作のサスペンス映画『ネオン・デーモン』は、2017年1月13日に日本で上映されました。DVDの収録時間は118分です。

ネオン・デーモンの監督と脚本

ニコラス監督が製作したネオン・デーモンは、賛否両輪に分かれる映画でしたが、多くの方たちから注目を集めるサスペンス映画です。

  • 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
  • 脚本:メアリー・ローズ&ニコラス・ウィンディング・レフン

ネオン・デーモンの登場人物や役者

ネオン・デーモンでは、大勢の美しき女優たちが登場して、ファッション業界の嫉妬がうずまく世界を見事に演じます。

  • ジェシー/モデルを夢見る女性(演:エル・ファニング)
  • ディーン/ジェシーの男友達(演:カール・グルスマン)
  • ルビー/メイクをする女性(演:ジェナ・マローン)
  • ジジ/整形をした金髪の女性(演:ベラ・ヒースコート)
  • サラ/劣等感を抱くモデル(演:アビー・リー)
  • ジャック/プロの写真家(演:デズモンド・ハリントン)

『ネオン・デーモン』のストーリー

モデルたちの苦闘

引用:http://amzn.asia/goJkujC

ジェシーは16歳という若き少女でしたが、プロのモデルになりたくて、田舎からLAにやってきました。そんなジェシーに注目する女性がいました。それがメイクアップアーティストのルビーという女性でした。

ファッション業界に飛び込む少女(起)

ルビーは、ジェシーを見ただけで、LAに来たばかりである事を見破ります。その鋭い洞察にうろたえるジェシーですが、ルビーは「大丈夫よ、何ものにも染まっていない無垢なほうがうける」と微笑みます。

ジェシーは、そんなルビーからパーティーへ参加してみない?と誘われて出席する事にします。所が、そのパーティーにはファッション業界でしのぎを削り合うライバルたちがいて、ジェシーをなめるように観察します。

そんな独特な世界観に圧倒されるジェシーですが、少しずつファッション業界に惹き込まれていくのです。

ジェシーに注目する男たち(承)

ファッション業界では、サラやジジたちが活躍してきましたが、ジェシーという圧倒的な美貌を兼ね備えた女性に男たちが注目するようになります。ジェシーは、事務所から19歳と言うように強要されていたので、男たちには19歳と嘘を付きます。

新人のモデルを写真で撮らないと言われていたジャックでさえ、ジェシーを気に入って、写真を撮り始めます。そんなジェシーに対して、サラたちは激しい嫉妬を募らせる事になります。

ジェシーやサラたちはオーディションを受ける事になります。しかし、審査をしていた男は、サラには全く興味を示さず、ジェシーの美しさに惹き込まれていくのです。その屈辱に怒りを爆発させたサラは鏡を割ってしまうのです。

変貌していくジェシー(転)

ジェシーは男友達ディーンと共に、審査をした男やジジ達がいる所へ足を運びます。そこでは審査をした男が、整形をした女は偽物の美しさで価値がないような事を言って、ジェシーのように元から美しい女性を素晴らしい存在であると評価します。

しかしディーンは、女性を外見でしか判断しない男と一緒にいたくないので、ジェシーに「もう帰りたい」と言っても「帰れば」と突き放されてしまうのです。

ジェシーは、大事な男友達でも簡単に切り捨てられるほどに性格が豹変していたのです。いつのまにか、美という名の毒はジェシーをむしばんでいました。

ジェシーを追い詰めていく女たち(結)

独り暮らしをしていたジェシーは、隣の部屋に住んでいる女の子が、誰かに襲われて悲鳴をあげているのを聞いてしまいます。ここに住んでいては危険だと思ったジェシーは、ルビーにかくまってもいます。

しかしルビーは同性愛者で、以前からジェシーと深い関係になりたいと思っていました。そこで、この千載一遇の好機を逃してはならないと思って、ジェシーに迫りますが拒絶されてしまいます。

好きな女性に拒絶されたルビーは、ジジやサラと共謀して、ジェシーを追い詰めようとします。ジェシーは必死に逃げようとしますが、はたしてジェシーはこの危機から逃れる事ができるのでしょうか?

『ネオン・デーモン』の豆知識

サラの嫉妬

引用:http://amzn.asia/goJkujC

ネオン・デーモンは、第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で『ドライヴ』という映画と争いました。そこでネオン・デーモンと競合したドライヴを紹介しながら、ファッション業界の嫉妬について詳しく紹介しましょう。

映画『ドライヴ』と競合

映画『ドライヴ』ではスタントマンとして働いていた男が、ある恋をキッカケに、情熱の炎を燃やす事になります。しかし愛した女性の夫が、服役を終えて出所する事になったので、ある行動を起こそうとするのです。

ファッション業界の闇

ネオン・デーモンではファッション業界で、女性たちの激しい嫉妬が恐ろしい事態をひき起こそうとします。はたして、本当にこのような事が本当に起きてしまうのでしょうか?

実際に日本のモデル業界では、ダレノガレ明美さんが広告を奪うためにライバルを食事で太らせようとしたとTV番組で発言しました。

誰よりも輝きたいと思う女性たちが集まる世界なので、襲いかかる事はなくても、女性たちの嫉妬がうずまいているのは確かでしょう。

『ネオン・デーモン』の感想

ジェシーの苦悩

引用:http://amzn.asia/goJkujC

ネオン・デーモンは少しスリラーに近いサスペンス映画だったので、どのような恐ろしい事が起きてしまうのか予測する事が難しいストーリーになっていました。そのような恐ろしい映画を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

ネオン・デーモンの残念な所

周りの女性たちから嫉妬されるジェシーを演じているエル・ファニングさんは、圧倒的な美しさを誇っているという訳ではありませんでした。実際に、私はサラを演じたアビー・リーさんのほうが美しい顔立ちに見えました。

そのため、キャストはもう少し考えて選ぶべきだったのではないかなと思いました。さらにラストはある行動を起こしますが、その内容が、だいぶ省略されていたのです。そうしたほうがミステリアスで面白いというのは分かりますが、少し残念でしたね。

ネオン・デーモンの見所

この映画の最大の見所は、ストーリーに合った音楽が使われていた事です。何か恐ろしい事が起きてしまうのでないか?そのようなジェシーの揺れ動く心を見事に表すような音楽で、見ていて感情移入しやすくて良かったですね。

そして美しい映像が何回も登場する事から、多くの女性たちがファッション業界に惹かれる理由が分かって、この辺りもネオン・デーモンのの大きな見所ですね。