映画『ちはやふる-結び-』太一が一線を超えて千早の元へ!

ちはやふる-結び-は、カルタに青春の全てをぶつける『ちはやふるシリーズ』の完結編です。この完結編では、新が千早に告白した事を知った太一が、カルタ部を退部してしまいます。しかし太一はカルタへ戻るべきか苦悩して、千早に内緒で名人のもとでカルタの修行を積むのです。はたして太一は千早の元へ戻る事ができるのでしょうか?(上の動画をクリックしたら、ちはやふる-結び-の予告動画を見れます)。

『ちはやふる-結び-』のキャスト

千早の笑顔

引用:http://chihayafuru-movie.com/sp/character/index.html

日本で作られた映画『ちはやふる-結び』は、2018年3月17日に日本で上映されました(DVDは、まだ発売されていません)。

監督&脚本

監督と脚本は、ちはやふるシリーズの1部作と2部作と同じで、小泉徳宏さんが担当しました。

  • 監督:小泉徳宏
  • 脚本:小泉徳宏
  • 原作:末次由紀

登場人物と役者

日本の映画界を代表する女優『広瀬すず』さんを始め、若い役者さんたちが結集しました。その若さに負けないほどの真っ直ぐな演技が、観る人を感動させてくれます。

  • 綾瀬千早/カルタ一筋の女子高生(演:広瀬すず)
  • 若宮詩暢/カルタ界のクイーン(演:松岡茉優)
  • 真島太一/千早に恋する男子高生(演:野村周平)
  • 大江奏/歌に恋する女子高生(演:上白石萌音)
  • 綿谷新/千早や太一の幼馴染(演:真剣佑)
  • 我妻伊織/カルタ界の準クイーン(演:清原果耶)
  • 西田優征/肉まんで覚えられる男性生徒(演:矢本悠馬)
  • 駒野勉/ガリ勉で机くんというニックネーム(演:森永悠希)
  • 花野菫/太一が好きな瑞沢高校の新入生(演:優希美青)
  • 筑波秋博/少し生意気な瑞沢高校の新入生(演:佐野勇斗)
  • 宮内妙子/カルタ部の顧問(演:松田美由紀)
  • 原田秀雄/千早や太一の元師匠(演:國村隼)
  • 須藤暁人/北央高校のエース(演:清水尋也)
  • 周防久志/天下無敵の強さを誇る名人(演:賀来賢人)

『ちはやふる-結び-』のストーリー

太一の苦悩

引用:http://chihayafuru-movie.com/sp/character/index.html

千早はクイーンと戦う事を約束していましたが、我妻伊織に負けてしまいます。そして我妻伊織はカルタ界のクイーン若宮詩暢と接戦に及びます。所が、クイーンがカルタを取ろうとする前に、後ろからカルタが飛んできたのです。

師匠を打ち負かした名人(起)

クイーンよりも早くカルタを取れるものは、世界でただ一人。カルタ界の名人である周防久志でした。周防久志と対戦する相手は、千早・太一・新たちの師匠である原田秀雄。しかし周防久志は軽く周防久志をあしらって、連覇記録を伸ばします。そしてクイーンは接戦ながら、我妻伊織を打ち負かしました。

周防久志は連覇記録について、マスコミに聞かれた所で引退を宣言してしまいます。あまりにもカルタが強くて退屈だったのでしょう。そこへメガネをかけた新が「まだ辞めんでくれ、師匠の仇は自分がとる」と言い放ったのです。これに周防久志は「それじゃ、オマケであと1年続けます」と不敵な笑みを浮かべるのです。

新は、その後に千早に向かって「自分も千早のようにカルタ部を作る」と言って、カルタ好きの千早はその言葉に喜びます。 所が、新は勢いに乗って、以前から思っていた気持ちが言葉に出てしまって「好きだ」と言ってしまったのです。これには千早は気が動転してしまいました。

嵐を呼ぶ新入部員(承)

そして新学期が始まって、千早たちは3年生になりました。所が、去年のカルタ部は新入生がみんな逃げてしまったので、今年こそ新入生にカルタ部へ入部してもらわなくては廃部になってしまいます。そこで、千早や太一はわざと手を抜いて、新入生に入部してもらおうとします。

その中には、イケメンの太一を狙っている花野菫の姿がいました。千早たち上級生が「何か質問がある方は」と言った所で、花野菫は「お二人は付き合っているんですか?」と千早や太一たちに聞いてしまいます。そこで奏が「カルタに関係のない質問はダメです」と遮ります。

太一は受験生という事で、先に帰っていったので、千早たちが下級生の相手をする事にしました。そしてカルタの腕が立つ筑波秋博が、千早よりもカルタを先に取って、舌をペロッと出して挑発的な行動に出ます。これには、千早が抑えていたカルタ熱が爆発をして、次々に凄まじい勢いでカルタを取ってしまい、新入部員は逃げていくのです。

太一がカルタを退部(転)

学校では、新が千早に告白してしまった噂が広まっていて、それを花野菫が聴いてしまって、コッソリと太一に教えてしまったのです。これで太一と付き合えると思っていた花野菫でしたが、何と太一がカルタ部を退部してしまいます。

実は、太一は東大の医学部を目指していたので、カルタと勉強を両立する事が難しかったのです。そこへ、この出来事で辞める決心をしてしまいました。千早は太一が辞めてしまう事にショックを受けますが、同じ受験生の机君は太一をかばおうとするのです。

その頃、新はカルタ部を作ろうとしていて、そこに加わったのはA級の者や準クイーンの姿もいました。しかし準クイーンは新の事が好きで告白しますが「俺、好きな人がいるから」と即答で秒殺されてしまいます。

太一に奇跡が起きるか?(結)

カルタを退部して、千早に厳しく「バカ太一」と責められますが、カルタ部に戻るべきか悩んでいました。そして太一は他の皆には内緒で、名人である周防久志にカルタを教えてもらう事になったのです。周防久志は、最初は「受験のほうが大事だから良いんじゃない?今までよく頑張ったよ」と冷たくあしらっていました。

しかし周防久志は、カルタを教えていき、最後には太一の背中を強く押して「君はなんでここにいるんだ?」とカルタの世界へ戻るように促したのです。千早は太一がいない状態で運命の決勝戦を迎えます。相手は新たちで、準クイーンの相手は千早でした。そして新の対戦相手が呼ばれる名前であがったのが『太一』だったのです!

これに喜びあう瑞沢高校。しかし解説席にいたクイーンは、太一と新の戦いは「凄惨なイジメになる」と予想しました。所が、久しぶりに戻ってきた太一は、あの新を苦しめるほど急成長していました。それでも新とは6枚差もあります。名人から線の内側にいると言われた太一ですが、はたして線を飛び越えて新に勝つ事はできるのでしょうか?

『ちはやふる-結び-』の豆知識

クイーンの美しさ

引用:http://chihayafuru-movie.com/sp/character/index.html

日本で上映されたばかりの映画『ちはやふる-結び-』の主題歌やパンフレットと、ちはやふるシリーズの1部作・2部作のストーリーを紹介します。

ちはやふる-結び-の主題歌『無限未来』

ちはやふるシリーズの1部作・2部作と同じように、3部作でもPerfumeが主題歌を担当して、そのタイトルは 「無限未来」になります(上の動画をクリックしたら、主題歌のPV動画を見れます)。

無限未来の歌詞は、限られた高校生活で、カルタや恋愛に胸を熱くする瞬間を見事に表している内容になっています。

ちはやふる-結び-のパンフレット

ちはやふる-結び-のパンフレット

ちはやふる-結び-のパンフレットは、表紙には近江神宮の前で登場人物たちが記念撮影するようなデザインになっています。このパンフレットでは、広瀬すずさんや松岡茉優さんたちが、この映画で演じる上で心がけた事や感想などが載っていました。

完結編という事もあって、多くの方がシリーズが終わってしまう事について、寂しく感じているコメントが多かったですね。そして原作者の末次先生に、原作から大幅に変更するストーリーになっている事を承知してもらえた事が書かれていました。

末次先生自身も、まさか映画では、太一がそのような行動をとる事を意外に思ったようです。そのような原作者と映画監督のやりとりが載っているのも、このパンフレットの見所となっています。

ちはやふるシリーズの1部作・2部作のストーリー

ちはやふるシリーズの1部作『ちはやふる-上の句-』では、カルタ一筋にがんばっていた千早が、太一と再会する事によって、念願のカルタ部を作ります。そのカルタ部にはベテランの西田も参加しますが、全くの素人である奏や、机くんの姿もいました。しかし、4人は短期間で東京都大会に優勝します。

そして、ちはやはるシリーズの2部作『ちはやふる-下の句-』では、千早がカルタ界の高校生の間でクイーンと恐れられている若宮詩暢に挑もうとします。しかしクイーンは左利きだったので、千早は左利きの対戦相手に負けない工夫が必要でした。そのために、千早は必死の努力をしますが、クイーンの前に惜敗してしまうのです。

下のほうに設置してる2つのリンクをクリックしたら、ちはやふるシリーズの1部作(上の句)・2部作(下の句)の詳しいストーリーやキャストなどを見る事ができます。

www.akira-blog.com

www.akira-blog.com

『ちはやふる-結び-』の感想

ちはやふるの3人の恋愛模様

引用:http://chihayafuru-movie.com/sp/story/index.html

ちはやふるシリーズを見た事がある方なら分かるかと思いますが、新の強さは圧倒的で、あのクイーンでさえ勝った事がありませんでした。そのため、少年の時の太一はズルをしても新に勝てませんでした。そんな太一が急成長を遂げた『ちはやふる-結び-』を見た感想を紹介しましょう。

ちはやふる-結び-の残念な所

太一は受験勉強とカルタを両立しようとして、焦りながら勉強するシーンがありました。その時にシャーペンの芯が折れた所までは良いのですが、シャーペンの先端まで折れるのは「いやいや、それはないだろう」と突っ込みたかったです。実際に映画館では笑いが起きてました(笑いを取る狙いは分かります)。

ちはやふる-結び-の見所

千早が好きでも、新には全く手も足も出なかった太一が、接戦に及ぶ展開は意外でした。てっきり千早が新に勝つ展開を予想していたのですが、ここは監督の大きなこだわりだったのでしょう。

そしてカルタ部の顧問が「チャンスはドアノブのない扉を開けてもらう時」というのは印象深かったですね。実際にチャンスとは、自分が掴むためのもではなくて、周りの方の助けがあって、初めて訪れるという意味なんですね。

それにしても、太一や千早たちが限られた高校生活で、カルタに打ち込む姿は、やはり光り輝くばかりでした。この映画を見たら「自分も若いうちに打ち込めるものを見つけていれば」と後悔しましたが、今からでも自分で出来る事を頑張りたいと思いました。