映画『もののけ姫』サンとアシタカの間で衝突する2つの世界!

もののけ姫は、山犬に育てられたサンが、タタリ神の呪いを受けた人間アシタカと巡り会います。人間を憎んでいるサンでしたが、アシタカは、サンを山犬の世界から人間の世界へ戻そうとします。しかし、森を破壊しようとする人間たちと、サンたちは自分たちの世界を守る為に戦い合う事になるのです(上の動画をクリックしたら、もののけ姫の予告動画を見れます)。

『もののけ姫』のキャスト

シシ神の森

もののけ姫は、ジブリのアニメ作品として、1997年7月12日に日本で上映されました。DVDの収録時間は133分です。 

監督&脚本&製作

もののけ姫は、ジブリ作品の中では珍しく過激なシーンがいくつもあります。そのような作品を製作したのが、宮崎駿監督と鈴木敏夫さんです。

  • 監督:宮崎駿
  • 脚本:宮崎駿
  • 製作:鈴木敏夫

登場人物と声優

もののけ姫の声優陣の中には、今までのジブリ作品に参加していた『石田ゆり子』さんや『島本須美』さんたちが加わっています。さらに美輪明宏さんや森光子さんなども参加していて、豪華な方たちが集まりました。

  • アシタカ/呪いを受けたエミシの男性(声:松田洋治)
  • サン/山犬に育てられた姫(声:石田ゆり子)
  • モロ/サンを育てた犬神(声:美輪明宏)
  • カヤ/アシタカの婚約者(声:石田ゆり子)
  • ヒイ様/エミシの巫女(声:森光子)
  • エボシ/タタラ場を指揮する御前(声:田中裕子)
  • ゴンザ/エボシに仕える男(声:上條恒彦)
  • ジコ坊/シシガミの首を狙う男(声:小林薫)

『もののけ姫』のストーリー

イノシシからタタリ神

この国はかつて、深い森に覆われていて、そこには『シシ神』と呼ばれる神がいました。しかし、エミシの村で、ある異変が起きていました。その村の青年アシタカは、その異変に気付き、見張り台へ急いでのぼって行きます。この時、すでにアシタカには宿命づけられた運命が始まっていたのです。

村のために呪われたアシタカ(起)

見張り台に登ったアシタカは、村のじいじと一緒に森を見つめます。そうしたら、森からタタリ神が現れたのです。そのタタリ神に手をかけたら呪われるので、決して手を出してはいけませんでした。しかしタタリ神はアシタカの婚約者カヤのいる村に迫っていくので、アシタカは村を助けるためにやむなくタタリ神の目に矢を放ちます。

矢はタタリ神の目玉を命中しますが、タタリ神から放たれた虫のような物が、アシタカの右腕をつかんで放しません。続けて、アシタカは矢を放ち、虫はイノシシから全てなくなっていきました。アシタカは、怪我をした腕に水をかけてもらいますが、一気に水は蒸発します。

エミシの巫女ヒイ様は、その傷はやがて骨にまで届き命が尽きると教えてくれます。そこでアシタカはイノシシが西のほうからやってきたので、西の大和へ一人で旅立ち、己の定めを見据えようとします。

西の大和へ旅立つアシタカ(承)

アシタカは旅を続ける途中で、武士たちが罪もない人々を襲っていたので、弓矢を放って、武士たちを撃退します。そして旅先の村に着いたら、助けてもらったジコ坊がお礼を言ってきて、共に食事をする事にしました。アシタカは今までの経緯を説明したら「ここより、先に西の方へいけばシシ神の森がある」と教えてくれたのです。

その西の森では、エボシがタタラ場の男たちを率いていました。そこへ、もののけ姫が山犬にまたがって襲撃してきます。タタラ場の者たちは一斉砲撃して山犬たちを追い払いますが、犬神モロによって、多くの犠牲者を出してしまいました。

アシタカは、深手を負った者を偶然にも見つけたので、傷の手当をしようとします。そこで、もののけ姫がモロの傷から弾丸を口で吸い取ろうとしているのを目撃します。アシタカは「我が名はアシタカ。そなた達はシシ神の森に住むと聞く古き神か?」と大声を張り上げます。しかし、もののけ姫は「去れ」と言って、立ち去っていきました。

呪いの元凶はエボシ(転)

アシタカは傷を負った者をかついで、コダマという精霊が多くいる森を抜けていき、その者が住んでいるタタラ場まで運んでいきました。そこでタタラ場の男たちと共に食事をする事になりましたが、男たちが「イノシシ神の『ナゴの守』を銃弾で撃退した事を誇らしげに語ってきたのです。そのナゴの守こそ祟り神になったイノシシでした。

アシタカはエボシと会って、諫めようとしますが、エボシは耳を傾けようとしないでシシ神の森さえも奪おうとするのです。そこへ、もののけ姫たちが再び襲ってきたので、アシタカは双方の戦いを食い止めます。そして深手を負いながら、もののけ姫を山犬に引き渡します。

もののけ姫は人間を憎んでいましたが、アシタカが気を失っている間に、アシタカが連れてきたヤックルという赤シシ(カモシカ)から、今までの話を聞いていました。そしてアシタカに口移しで薬草を食べさていた所で、多くのイノシシがやってきて、イノシシ神『乙事主おっことぬし』が現れて、我が一族からタタリ神が現れた事を嘆きます。

人間ともののけが全面戦争へ(結)

乙事主は人間たちに総攻撃しようとしていたので、モロに「それこそ人間の思うツボだ」と忠告しますが「我ら一族ことごとく亡ぼうとも、人間どもに思い知らせてやる」と言って立ち去ります。そしてアシタカは、もののけ姫と共に山の洞窟で寝ていましたが、一人で起きて洞窟から出て山の頂上から山並みを見下ろします。

そこにモロが「そこから飛び降りたら、楽になるぞ?」と話しかけてきたので「あの娘を解き放て!あの子は人間だぞ」と言うが「黙れ小僧!お前にサンを救えるのか?」と激怒。モロと分かり合えないアシタカは、仕方なく再び眠りにつきますが、朝になったら、人間たちは煙をたいてイノシシたちをおびき寄せていました。

そして、遂に乙事主が率いるイノシシたちの大群が、エボシが率いる人間たちと全面戦争へ突入します。サンは乙事主と共に人間に攻撃をしかけますが、アシタカはそれを食い止めようとします。はたして、アシタカは人間ともののけたちが共存できる世界を作りだす事ができるのでしょうか?

『もののけ姫』の豆知識

山犬モロ

もののけ姫は、それまでジブリが製作してきた作品とは、比べ物にならないほどの制作費をかけた大作です。そのような作品に関連する豆知識をいくつか紹介します。

もののけ姫の主題歌を担当した米良美一

もののけ姫と言えば、多くの方たちが覚えているのが、透き通った高い声で歌われた主題歌でしょう。この主題歌『もののけ姫』を担当したのが、男性の米良美一さんです。男性なのに、その高い声で歌う所が、多くの方たちから注目されるようになりました。その主題歌は、下のリンクをクリックしたら聴く事ができます。 

www.akira-blog.com

もののけ姫の舞台

もののけ姫では、シシ神の森が登場しますが、参考になった場所が『屋久島』と『白神山地』です。屋久島には、見事な杉がいくつもあって、その中には推定樹齢3000年を超える巨木まであります。このように神秘的な森を参考にした事もあって、もののけ姫ではリアルなシシ神の森を描く事ができたのでしょう。

そして白神山地は、屋久島と並んで、ユネスコ世界遺産に登録されたほどの所です。この白神山地は約13万haにも及ぶ山地帯となっていて、世界最大級のブナ林まであります。

コダマがトトロに

森と共に生きる精霊コダマが、もののけ姫に登場しますが、このコダマは後にトトロに進化する設定になっています。コダマとトトロは、あまりにも姿が違いすぎますが、唯一共通していものがあって、それは森と共に生きる所でしょう。

実際にジブリの作品は、いくつか共通作品は意外にも多いのです。『平成狸合戦ぽんぽこ』で開発されていく多摩ニュータウンでは、後に『耳そすませば』で、雫が多摩の開発された地域を見渡せる所でプロボーズされます。

これは宮崎駿監督の遊び心なのか分かりませんが、そのような作品との繋がりを楽しむのもジブリ作品の醍醐味でしょう。

『もののけ姫』の感想

シシ神の泉

人間と、もののけたちの壮絶な戦いを描いた『もののけ姫』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

もののけ姫の残念な所

もののけ姫は、ジブリの作品の中でも気に入っている作品で、唯一映画館で見たジブリ作品でもあります(2018年3月時点)。この映画は、私自身は残念だとは思いませんが、過激な描写があるので、心を穏やかにしてくれるようなアニメを見たい方は注意したほうが良いでしょう。

もののけ姫の見所

もののけ姫の見所は、なんと言ってもリアルな描写にあります。特に森を美しく描いている所は見事で、新潟市朱鷺メッセの美術館で、もののけ姫の美術を担当した『男鹿和雄』先生の展覧会があったので見に行った事があります。そこでは、見事な作品がいくつも展示されていて「アニメも、ここまできたんだなぁ」と感慨深くなりました。

そして、サンがモロを手当てするシーンで、口の周りが血だらけになるシーンは、当時は大きなインパクトとして残りました。あのシーンがなければ、もののけ姫の宣伝効果は全く違うものになったでしょう。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/