映画『猫の恩返し』バロンがハルを救出?

猫の恩返しは、性格の優しいハルという女子高生が、猫がトラックにはねられそうになる所を助けた事で、猫から恩返しをしてもらう事になりました。所が、その恩返しは迷惑極まりないもので、ハルは頭を悩ませていく事になるので、詳しく紹介しましょう。

『猫の恩返し』のキャスト

猫の足跡のチョコレート

猫の恩返しは、ジブリのアニメ作品として、2002年7月20日に日本で上映されました。DVDの収録時間は75分です。

監督&脚本&原作

ジブリの作品では、紅の豚・平成狸合戦ぽんぽこ以来となる動物にスポットを当てたものが、猫の恩返しになります。それを製作したのが、森田宏幸監督です。

  • 監督:森田宏幸
  • 脚本:吉田玲子
  • 原作:柊あおい

登場人物と声優

多くの声優たちが集まりましたが、驚くべき事に、主役のハルの声優を務めたのが、女優の池脇千鶴さんです。その他にも、袴田吉彦さん・丹波哲郎さん・山田孝之さんなど有名な役者さんが集まっています。

  • 吉岡ハル/猫を命がけで助けた女子高生(声:池脇千鶴)
  • 吉岡直子/ハルの母親(声:岡江久美子)
  • ひろみ/ハルの友達で明るい性格(声:佐藤仁美)
  • チカ/ハルの友達でメガネをかけている女子(声:本名陽子)
  • バロン/少しキザな猫(声:袴田吉彦)
  • ムタ/少し太った猫(声:渡辺哲)
  • トト/ムタと喧嘩する黒い鳥(声:斉藤洋介)
  • ルーン/猫の国の王子(声:山田孝之)
  • ユキ/美しい猫(声:前田亜季)
  • 猫王/少し困った性格をした猫の国王(声:丹波哲郎)
  • ナトリ/猫王の近習(声:佐戸井けん太)
  • ナトル/猫王の秘書(声:濱田マリ)

『猫の恩返し』のストーリー

猫のプレゼントのネズミ

高校へ通わなくてはいけないハルは、早起きするのが苦手で、目覚し時計を使っても起きる事が苦手な女子高生でした。そのため、授業には間に合わないで、周囲の生徒たちから笑われてしまいます。そんなありふれた日常で、ハルは大きなトラブルに巻き込まれていくのです。

ハルが命がけで猫を救出(起)

ハルは、大好きだった町田くんにも笑われてショックを受けてしまいますが、友達のひろみからは「そんなに町田君がいいかねぇ?」と言われてしまいます。そんな時に、猫が道路を横断しようとしていましたが、何か口に加えていたものを落としてしまい、それを拾おうとしていました。

しかし、信号は赤になってしまって、トラックが猫をひこうとしたのです。これにハルは走り出して、部活で使っていたラクロスのスティックで猫を拾い上げます。そして、命がけの救出で、何とかハルや猫は助かったのです。所が、猫は二本足で立ち上がったのです。

猫は「危ない所を助けて頂いて、ありがとうございました。お礼はまた後で」とおじぎをして、立ち去っていったのです。これにはハルが驚いてしまいますが、後からやってきた友達のひろみに、その話をしても「ハル、どっか打った?」と言われてしまいます。

迷惑な猫の恩返し(承)

ハルは家に帰ったら「ねぇ、お母さん猫って話せるの?」と聞いてみたら「こんなちっちゃい頃、私猫と話せるのよって言ってたわよ」と話し始めました。ハルはふぅんと聞き入っていたら、母はさらに「猫も生きていくのは大変なのよ。それを聞いていたらおかしくって」と笑われてしまいました。

実際に少女時代のハルは、お腹をすかせていた猫にお魚のクッキーをあげて、美味しそうに食べるので、全てをあげていた事を思い出していました。所が、ハルが夜になって寝ようとしたら外で猫が騒いでいたのです。そこで、ハルが外へ出てみたら、猫の行列がハルの家まで来ていて、猫王のご子息を助けたお礼をしますと言ってきたのです。

猫王は「ありがとうね」と言って、行列は立ち去っていきました。それから翌日になって、学校へ行こうとしたら、ハルの部室では大量のスティックが届けられていて、学校の下駄箱には大量のネズミが入れられていたのです。ハルは、猫の仕業だなと思って、その迷惑な猫の恩返しにうんざりしてしまうのです。

そこへ猫のナトルがやってきて「ハル様〜」と呼んだので、ハルは迷惑な猫の恩返しに文句を言い始めます。てっきり喜んでもえらると思っていたのに、ナトルは困惑してしまい、そこで「ぜひとも、猫の国に来て下さい」と提案してきたのです。

猫の事務所へ向かうハル(転)

ハルは、猫の国なら、のんびりとできるかなと喋ってしまい、ナトルは「今夜お迎えに参ります」と言って、立ち去っていきました。ハルは冗談のつもりだったので、まさか本当に迎えに来る気ではないかと焦ってしまいます。

そんな時に、どこからか「ハルちゃん、猫の事務所を探して。猫の十字街に白い大きな猫があるから探して」と聞こえてきました。ハルは不思議に思いながら、猫の事務所を探す事にしました。そして猫の十字街で太った白い猫がいたので、恐る恐る猫の事務所を聞いてみたら、猫が「ついてきな」と道案内してくれたのです。

猫の事務所に着いたら、そこにバロンが登場したので、ハルは今までの経緯を話します。それを聞いた太った猫が「人のいいお嬢ちゃんだぜ、そんなのほっときゃいいものをよ」と文句を言われて、黒い鳥のトトから「この娘の優しが分からないのか、ムタ」と喧嘩を始めてしまいますが、バロンから事務所の中に招かれます。

猫に変身してしまうハル(結)

猫の事務所で、ケーキをご馳走になる所で、再びナトルが猫の大群を引き連れて、強引にハルを猫の国へ連れて行ってしまったのです。これにバロンやムタが慌てて、ハルを助けるために猫の国へ入っていきました。ハルは、猫の国ののどかな景に昼寝を始めてしまいます。

そこに綺麗な猫が現れて「だめよハルちゃん、早く帰って。ここに居てはいけない」と止めようとします。そこへ、猫王の使いが現れて、ハルを猫の城へ連れて行ってしまいます。猫王は自分の子供のルーンの妃にするために、何とハルを猫にしてしまったのです。これを鏡で見たハルはショックを受けて泣き出してしまいます。

それを綺麗な猫の雪は心配そうな顔で眺めてしまうのです。所が、バロンが城に現れて、ハルを救出しにきたので、城は大混乱に陥ります。そこでユキがそっと近づき「あの塔を登って、夜が明けないうちに引き返せば、人間に戻れます」と教えてくれました。はたして、ハルは本当に人間に戻る事はできるのでしょうか?

『猫の恩返し』の豆知識

猫と犬の性格の違い

猫たちが、ハルに迷惑な恩返しをしていく『猫の恩返し』の主題歌や関連情報を紹介するので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

猫の恩返しの主題歌『風になる』

ハルが、猫から迷惑な恩返しを受けたり、助けられたりするアニメ『猫の恩返し』の主題歌は、 つじあやさんの『風になる』です。この歌は大事な人を元気づける歌で、あまり猫の恩返しのストーリとは関係のない歌になっています。

しかし、明る曲調で元気にさせてくれる歌で、ハルの明るい性格にマッチしている歌になっています。

猫の恩返しのグッズ『バロンドールオルゴール』

www.akira-blog.com

猫の恩返しと、耳をすませばの両方で登場する猫のバロンがオルゴールとして販売されているのが『バロンドールオルゴール』です。実際にバロンが、ハルを追いかけて、猫の国に入ろうとした時に、猫の大群たちは上昇気流に乗っていきます。

そのシーンは、耳をすませばで、月島雫が書いていた小説の中で登場するストーリーにも登場しています。そして、このオルゴールの台座は、ステンドグラス風になっている上に、耳をすませばの主題歌『カントリーロード』が流れるのです。そのため、ジブリ好きにはたまらないグッズになっています。

猫は恩知らずで犬は忠実?

猫の恩返しというネームは、猫をよく知っている方であれば、強烈なインパクトを受けるでしょう。なぜなら、猫は恩知らずで、犬が人間に忠実なのは愛猫家では有名な話だからです。実際に犬は群れで狩をする時代があって、人間の事を群れを率いるボスのように思ってくれるのです。

それに引き換え、猫は群れで生活する訳ではないので、人間をボスと思う事もなく、せいぜい自分の親ぐらいにしか思いません。そのため、犬は人間に尻尾を振ってすり寄ってきますが、猫は自分が甘えたい時だけ、すり寄ってきます。

そのような身勝手に見える猫なので、猫の恩返しというのは、多くの人たちが興味を持ってしまう映画なのでしょう。

『猫の恩返し』の感想

猫たちのポーズ

猫の恩返しを見ていたら、猫が余計な恩返しをしていくので「猫なんて助けるものじゃないな」と思ってしまうような内容になっています。 それでは、本当に猫は助けるものではない内容になっているのか?私が『猫の恩返し』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

猫の恩返しの残念な所

猫の恩返しでは、猫が日本語で話しかけてくるので、見ていたら「そんなバカな」と思ってしまいます。そのため『風の谷のナウシカ』や『千と千尋の神隠し』のように、大人でも見やすい映画かと言われたら、少し違って、子供が見るような映画になっています。

猫が喋るにしても、ハルに迷惑をかける猫が笑顔ですり寄ってくる時に、もう少し意地悪そうな顔を影で見せるとか、そういう演出があっても良かったのではないかと思ったのが残念な所ですね。

猫の恩返しの見所

ハルは、猫に迷惑な恩返しで、猫にされてしまいますが、実はラストシーンでは違う猫たちからの恩返しで人間の世界へ戻れるように助けてもらいます。その意外なストーリーの展開は、猫の恩返しの大きな見所となっています。

さらに、ムタとバロンの掛け合いは見る人を笑わせてくれます。実際にムタが猫の国から抜け出すために、少しズルをしようとするので、それで猫の兵隊たちに追いかけまわされる時に、バロンが「ムタが囮になっている間に」と言って、ムタから「囮じゃねぇぞ」と言い返すシーンは、最高に面白かったです。