映画『セルフィー・フロム・ヘル』を見たら自撮りが怖くなる?

セルフィー・フロム・ヘルは、ジュリアが怪しいサイトをアクセスしてから、スマホで自撮りをするたびに得体の知れない者が近づいてきます。その者は、標的をなぶるように痛めつけていき、この映画を見たら自撮りをするのが怖くなってしまうような内容になっているので、詳しく紹介しましょう。

『セルフィー・フロム・ヘル』のキャスト

ジュリアの自撮り

引用:https://amzn.to/2GxCFzW

カナダの映画『セルフィー・フロム・ヘル』は、2018年に製作されました。DVDの収録時間は75分になります。

監督&製作&脚本

自撮りをする事によって、確実に命に危険が迫る映画『セルフィー・フロム・ヘル』を製作したのが、エアダール・ジェイラン監督です。

  • 監督:エアダール・ジェイラン
  • 製作:ポール・バートン
  • 脚本:エアダール・ジェイラン

セルフィー・フロム・ヘルの登場人物

禁断の世界へ足を踏み入れたジュリアが、自撮りを極度に恐れていき、原因不明の病気を発症していく所から恐ろしいストーリーが展開されていきます。

  • ハンナ/友達のジュリアを心配する女性
  • ジュリア/禁断のダークルームを検索した女性
  • トレヴァー/愛するハンナを救おうとする男性

『セルフィー・フロム・ヘル』のストーリー

ハンナとトレヴァーの自撮り

引用:https://amzn.to/2GxCFzW

ジュリアは、ある動画を撮影していました。それは自撮りをする事によって、命を落としている事を特集しているものです。この時のジュリアは他人事のように笑顔で解説していましたが、まさか自分がこれから同じ運命にあう事を知らずに動画は終了されるのです。

自撮りを怖がるジュリア(起)

ハンナは、男友達のトレヴァーとパソコンで通話を楽しんでしました。しかし、トレヴァーが盛り上がった所で、ハンナはイタズラっぽく「バイバーイ」と言って、通話を切ります。

ハンナは女友達のジュリアと車で一緒に移動する事になりますが、ジュリアは彼氏のマークという男が心配になって落ち込んでいました。そこで、ハンナは元気付けようとスマホを取り出して、二人でお揃いの自撮りを撮ろうとしたら、ジュリアから「辞めて!」と強く拒絶されたのです。

ジュリアは「ごめんなさい、マークの事が心配なの」とつぶやきます。それから、ジュリアは『ブラックルーム・ドット・オニオン』というURLにアクセスしていて、それを見たジュリアは「あまり見ないURLね?」と不思議に思います。しかし、ジュリアは「色々、調べているの」とあまり多くを語りませんでした。

自撮りに忍び寄る人影(承)

家に着いたら、ハンナは1階で支度をしている所で、2階にいたジュリアは涙ぐんでいました。その時です、ジュリアの涙が横のこめかみほうへ流れたのは。立っているはずのジュリアの涙が横に流れるのは、強風が吹かない限りはあり得ない現象でした。そこで、ジュリアは勇気を出して、自撮りを始めます。

ジュリアが自撮りをしたら、近くに黒い人影が近づいていたのです。しかし、自撮りをしないで人影が映った所を撮影しても、何も人影は映りませんでした。そこで、何回も自撮りをしていったら、黒い人影は確実にジュリアに近いづいて来たのです。そして、ジュリアは何者かに掴まれて「ギャーーー!」と大きな悲鳴をあげます。

1階にいたハンナは、その異変に気づいて、すぐにジュリアの所へ駆けつけたら、彼女は意識を失っていました。すぐに医者に診てもらいますが「感染症でしょう。数日養生すれば問題ありません」と言って、帰っていきました。しかし、ジュリアは眠り続けるだけで、一向に回復する事はなかったのです。

ハンナにも忍び寄る恐怖(転)

ハンナは、鏡を見ながら髪をセットしていたら、何と倒れているはずのジュリアが立っていました。しかし振り返ってみたら、そこにはジュリアはいなかったのです。不思議に思うハンナは、ジュリアの様子を見に行っても、眠り続けているだけです。所が、それから、ハンナのスマホには何回もジュリアから電話をかけられてきました。

その度にジュリアの元へかけよっても、眠り続けているだけです。ハンナは、ジュリアが調べていたブラックルーム・ドット・オニオンを調べようとしますが、アクセスできませんでした。そこで、ハンナは、ジュリアのフェイスブックを見る事にしました。

そこにはジュリアの『セルフィー・フロム・ハル パート1』という動画を発見して「皆さんが恐れている禁断の場所、ダークネットよ。次回のリポートを楽しみにしてね」と紹介していましたが、パート2の動画を検索してみたら、何とジュリアが出血して、命を落としていた事が書かれて、彼女の顔から血が流れている画像が表示されていました。

ハンナとトレヴァーが向かうダークネット(結)

ハンナはジュリアの顔を見ても出血していなかったので、頬を優しく触ったら、ハンナの手のひらに血が付いてしまって気が動転します。そこで、ハンナはトレヴァーに反対されていたのに、ダークネットのブラクルームを調べる事にしてしまったのです。そこで、ある者がジュリアを知っている書き込みをしてきました。

ハンナは助けて欲しいと書いたら「ここは危険だから、メアドを教えて」と言ったら、その男は恐ろしい動画を見せて、驚いたハンナの顔を撮影して喜んでしまう性悪な男でした。実は、この男こそジュリアを苦しませて楽しむ者だったのです。

困り果てたハンナは、トレヴァーに助けを求めて、二人でブラックルームを調べます。そうしたらジュリアが涙ぐみながら「ブラックルームを突き止めた後に13枚のセルフィー(自撮り)を見たら破滅する」と予告する動画を発見してしまいます。はたしてハンナたちはブラックルームの恐怖から逃れる事ができるのでしょうか?

『セルフィー・フロム・ヘル』の豆知識

ジュリアの白目

引用:https://amzn.to/2GxCFzW

自撮りが好きな方には、見るがの辛くなる映画『セルフィー・フロム・ヘル』に関連する情報を紹介するので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

YouTubeで大人気の動画

セルフィー・フロム・ヘルは、YouTubeで2400万回以上も再生されて、世界的に注目を集めた短編動画を、長期映画化したものです。YouTubeには、様々なホラー動画が投稿されていて、その中には心霊スポットを探検している所を見る事もできます。

私の近場で言えば、新潟の最恐スポット『日蓮の岩屋』を特集している動画も数多くあるのです。しかし、その動画につられて、心霊の世界に足を踏み入れたら大変な事が起きる可能性もあります。そのため、YouTubeで心霊関連の動画をみても、あまり深い入りしないほうが良いでしょう。

自撮りに現れる幽霊

セルフィー・フロム・ヘルに登場するブラックルームは、さすがに映画だけに登場する話なので、自撮りが安全かと言われたら、そうではありません。実は、幽霊が出る部屋かどうか調べる方法があるのです。それは深夜の時間帯に、目をつぶって、自分の顔にスマホを向けて動画を撮影しながら、1回転するのです。

そうしたら、幽霊が現れる可能性が高くなってしまいます。実際に肉眼で幽霊を見れなくても、鏡や写真では幽霊が映る話は昔から言われている事です。そのため、自撮りという行為は、撮影する場所によっては危険を伴う事は覚えておいたほうが良いでしょう。

『セルフィー・フロム・ヘル』の感想

恐怖に怯えるハンナ

引用:https://amzn.to/2GxCFzW

自撮りが好きな方には、興味をそそりそうなホラー映画『セルフィー・フロム・ヘル』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

セルフィー・フロム・ヘルの残念な所

自撮りをしたら、黒い人影が迫ってくるのはホラー映画らしくて面白みがありました。ただしダークルームを調べていく方法は、いかにも現代版のホラー映画だなと感じて、少しガックリときましたね。なぜなら、そんな事はありえないからです。そういうサイトはあくまでも映画の話で、実在する話はいまだかつて聞いた事がありません。

そして、ラストシーンまで見ても、多くの謎が残ってしまう所もあるので、そこはもう少し分かりやすくして欲しかったのも残念な所でした。

セルフィー・フロム・ヘルの見所

ダークルームを詳しく知っている男が迫ってきますが、そのダークルームに近づいていくハンナたちは得体の知れない存在に追い詰められていきます。そして、ラストシーンでは未知なる世界へ引きずり込まれていくのです。

そのラストシーンでは、予想をしなかった展開が起きていく所は、セルフィー・フロム・ヘルの大きな見所になっています。そしてジュリアが白目になるシーンや、宙に浮かぶシーンなどは、人影が出るシーンより怖くて見所がありました。