映画『崖の上のポニョ』宗介に恋をした魚が人間に変身?

崖の上のポニョは、魚のポニョという女の子が、興味本位で人間の世界まで行ってしまいます。そこで空き瓶にハマってしまいますが、宗介というい人間の男の子に助けてもらってから、その男の子に恋をしてしまいます。しかし、ポニョの父親はそれを快く思わず、しつこく妨害していく事になるので詳しく紹介しましょう。

『崖の上のポニョ』のキャスト

空き瓶の画像

崖の上のポニョは、ジブリのアニメ作品として、2008年7月19日に日本で上映されました。DVDの収録時間は101分です。

監督&脚本&原作

魚のポニョが宗介に恋をしてから、魚から人間になろうとする映画『崖の上のポニョ』を製作したのが、宮崎駿監督です。

  • 監督:宮崎駿
  • 脚本:宮崎駿
  • 原作:宮崎駿

登場人物と声優

崖の上のポニョでは、長嶋一茂さんや所ジョージさんたちが、声優として挑戦しました。所ジョージさんが声優と聞けば、私は子供の頃に見ていたアメリカのコメディ番組『アルフ』を思い出してしまいますね。

  • ポニョ/魚の女の子(声:奈良柚莉愛)
  • 宗介/ポニョを助ける少年(声:土井洋輝)
  • リサ/宗介の母親(声:山口智子)
  • 耕一/宗介の父親(声:長嶋一茂)
  • フジモト/ポニョの父親(声:所ジョージ)
  • グランマンマーレ/ポニョの母親(声:天海祐希)
  • ヨシエ/性格の優しいおばあちゃん(声:奈良岡朋子)
  • トキ/憎まれ口を叩くおばあちゃん(声:吉行和子)

『崖の上のポニョ』のストーリー

魚の姿をしている時

海の中では、多くの微生物やクラゲが泳いでいる中で、フジモトが海の中を監視していました。所が、その娘が父親の隙をついて、人間の世界へ泳いで行ってしまったのです。しかし、そこ漂っていた空き瓶にハマった所から、運命の少年と巡り合う事になります。

ポニョと宗介の出会い(起)

逃げ出した魚がハマった空き瓶は、海岸までたどり着きますが、そこにいた宗介という少年が人間の顔をした魚を発見します。宗介は空き瓶から魚を取り出そうとしますが、入り口が狭くなっていて引っぱり出せません。そこで空き瓶をかち割ったら、指を怪我してしまいますが、ポニョを助け出す事ができます。

その時にポニョが宗介の指から流れた血を舐めた事で、後に大騒動へ発展していくのです。フジモトは娘がいなくなったので、魔法で波を操って探そうとします。そこで波は、ポニョが人間に連れていかれた事を報告して、父親は「まずい」と焦り出します。宗介は、母親のリサに『ひまわり園』という保育園まで車で送ってもらいます。

宗介は、人間の顔をした魚がポニョっとしているから『ポニョ』と名付けます。宗介は保育園にポニョを連れていく訳にはいかないので、ポニョを入れたバケツの上に葉を乗せて隠しました。

フジモトが二人の仲を妨害(承)

宗介は、ひまわりの家に住んでいたおばあちゃんたちに頼まれて、ポニョを見せる事にします。ヨシエというおばあちゃんは好意的にポニョに接してくれますが、トキというおばあちゃんはポニョを邪魔者のように扱います。それに頭にきたポニョはトキに水をかけてしまうのです。

これにトキさんは悲鳴をあげてしまい、リサは宗介に「トキさんに謝りな」と声をかけますが、宗介は海岸の所まで避難します。所が、そこにフジモトが現れて、再び波を使ってポニョを奪い取ります。宗介は、ポニョは自分で守ると張り切っていたのに、離れ離れになってしまって泣き出してしまうのです。

リサは宗介を波から救い出しますが、宗介は落ち込んでしまうのです。これまでの経緯を聞いたリサは「運命っていうものがあるんだからさ」と励まします。所が、自宅に着いたら、夫の耕一から電話で仕事で家に変えられなくなった事を聞いたら、リサは「そうやって崖の上に女房と子供を放り出しておけばいいでしょ」と激怒します。

宗介の所を目指すポニョ(転)

フジモトは、ポニョにご飯をあげようとしますが、それを食べようとしません。そしてポニョは「ポニョ、宗介が好き。人間になる、ポニョ手が欲しい、足が欲しい」と言い始めたら、本当に足や手が生えていきました。それを見たフジモトは「そなた、まさか人間の血を舐めたんじゃないだろうな」と驚きます。

フジモトは魔法を使って、ポニョを元の姿に何とか戻しました。所が、フジモトが目を離したスキに、ポニョは再び足や手をはやして、妹たちと一緒に人間の世界へ旅立っていきます。ポニョの妹たちは人魚から魚に変わり、波を起こしながら、宗介の家を目指します。

しかし、その波によって、リサの住む地上では水に呑まれそうになっていました。そこで、リサは何とか車を使って、宗介と一緒に家まで戻ります。そこに、ほぼ人間の姿をしたポニョが宗介に抱きついてきました。リサは「知っている子なの?」と尋ねたら、その子がポニョである事に宗介は驚きます。

ポニョが人間になる儀式(結)

フジモトは、娘が地上へ行った事に慌てますが、そこに妻であるグランマンマーレが現れます。その姿は巨大な姿をした女神で、圧倒的な魅力や力を誇っている事から、フジモトは妻に頭が上がりませんでした。フジモトはポニョの危機を訴えますが、グランマンマーレはポニョの気持ちを考えて、人間に変身させる事を提案します。

今までポニョの邪魔をしてきたフジモトですが、妻の言葉もあって、ポニョを人間に変身させる事を承諾します。その頃、地上ではリサが一人で保育園に向かっていました。しかし宗介はリサの事が心配になって、ポニョと一緒に保育園を目指します。そこに再びフジモトが現れたので、宗介は逃げようとするのです。

フジモトはポニョを人間にするためにやってきたのにとイライラしてしまい、力づくでポニョを海の中へ引きずり込みます。海の中では、グランマンマーレやリサたちが、宗介たちを待っていました。そこで、グランマンマーレが、宗介に娘を託す事ができるのか試そうとしますが、はたしてポニョは人間になる事ができるのでしょうか?

『崖の上のポニョ』の豆知識

崖の上から見る風景

崖の上のポニョは、好みが分かれるストーリー性になっていましたが、主題歌が大きな注目を集めました。そこで、崖の上のポニョに関連する情報を紹介するので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

崖の上のポニョ 主題歌

この映画の主題歌を歌っているのが、藤岡藤巻というユニットと、大橋のぞみさんでした。藤岡藤巻は年配の男性たちですが、大橋のぞみさんは幼い少女だった事もあって、その珍しい組み合わせが大きな反響を呼びました。その主題歌では、ポニョが魚から人間に変わろうとする気持ちを歌詞にしています。

崖の上のポニョ グッズ情報

ポニョがペーパークラフトになっているグッズが販売されていて、そこではポニョだけではなく、多くの妹たち(魚)も一緒になっています。この製品には、海藻もセットできるので、部屋に飾っておけば、海にいるような感じを味わえるでしょう。

『崖の上のポニョ』の感想

ポニョがいる海の中

崖の上のポニョは主題歌が注目を集めましたが、重要なのはやはりストーリーになります。そこで、私が『崖の上のポニョ』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『崖の上のポニョ』の残念な所

崖の上のポニョは、幼い大橋のぞみさんが歌っている事からイメージしやすいかと思いますが、小学生が見るようなアニメ作品になっています。実際にリアルな筆致で描かれている絵ではなくて、どちらかと言えば、絵本で描かれるような絵になっているのです。ただし、これは宮崎駿監督の新たな挑戦である事が、TVで放送されていました。

実際に、今までとは違う筆致で描かれていた事や、子供ウケするストーリーや絵になっている事から、小さな子供は満足できる作品になっています。しかし、大人が見たら、少し退屈に感じてしまいますし、今までのジブリ作品とは大きく違っている事から裏切られたと感じてしまう方もいるでしょう。

『崖の上のポニョ』の見所

崖の上のポニョは、ターゲット層が小さな子供になっている事もあって、今までとは違うジブリ作品として楽しむ事ができます。私個人としては、子供向けのストーリーのように感じたので、あまり好きではありません。しかし、主題歌はポニョのふわふわとした形や心境をうまく表していて好きな歌ですね。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/