映画『レディ・ガイ』ジェーンが仇討ちのために犯罪者を性転換

レイチェル・ジェーンには、大事な弟がいましたが、フランクという男に命を奪われてしまいました。復讐に燃えるレイチェル・ジェーンは、自分が医師である事を武器に、フランクを男から女へ性転換施術しました。フランクは、女に変わった事に怒り、レイチェル・ジェーンへ復讐しようとするので、詳しく紹介しましょう。

『レディ・ガイ』のキャスト

フランクの眼光

引用:https://eiga.com/movie/86999/gallery/10/

アメリカ合衆国で製作されたアクション映画『レディ・ガイ』は、2018年1月6日に日本で上映されました。DVDの収録時間は約96分になります。

監督&脚本

犯罪者が、男から女へ性転換されるというショッキングなアクション映画『レディ・ガイ』を製作したのが、ウォルター・ヒル監督です。

  • 監督:ウォルター・ヒル
  • 脚本:ウォルター・ヒル&デニス・ハミル

登場人物と役者

主役のミシェル・ロドリゲスがセクシーな姿で迫力のあるアクションシーンを繰り広げる映画『レディ・ガイ』に登場する人物や役者さんたちは以下の通りです。

  • フランク・キッチン/女に変えられた殺し屋(演:ミシェル・ロドリゲス)
  • ジョニー/フランクと深い関係に落ちた女(演:ケイトリン・ジェラード)
  • レイチェル・ジェーン医師/復讐する女医(演:シガニー・ウィーバー)
  • ラルフ・ガレン医師/ジェーンを尋問する医師(演:トニー・シャルーブ)
  • オネスト・ジョン/フランクを裏切る男(演:アンソニー・ラパーリア)

『レディ・ガイ』のストーリー

ネオスト・ジョンの裏切り

引用:https://eiga.com/movie/86999/gallery/9/

レイチェル・ジェーン医師は、無免許で施術を行っていた事が発覚してしまい、ラルフ・ガレン医師に尋問される日々を送っていました。そこで、フランクによって、自分の弟 セバスチャンの命が奪われたと告白します。

フランクへの依頼(起)

セバスチャンが命を奪われたのは、今から3年前でしたが、1年10カ月前にフランクへの包囲網は静かに狭まっていました。フランクは、シャンハイ・ホテルに宿泊して、ネオスト・ジョンから電話をかけられて「自分がシャンハイホテルの308号室にいる」と教えます。

ネオスト・ジョンは早速、ホテルへ足を運んで「ベニー・ホン・リーという男が俺の金を盗んで、ビジネスまで盗もうとしている」と言って、その者を始末するように依頼します。しかし、その者は1週間まで遠い所へ滞在しているので、1週間後には始末してくれと言って、報酬の2万5000ドルを渡して去っていきました。

フランクは、その後にシャムロック・バーでお酒を飲んでいたら、美しい女性ジョニーに惹かれます。フランクはホテルへ誘って、深い関係に落ちていきます。

フランクへの復讐(承)

ネオスト・ジョンたちは仲間を引き連れてきて、再びホテルへ足を運びます。そこで、ネオスト・ジョンはフランクに「問題が起きた。悪い敵を作ったお前が悪い。その敵の方と満足いく取引ができたので、そっちを優先する事にした」と言って、部下によってフランクを気絶するまで叩きました。

フランクはオペ室のような所で何者かに施術されていき、気づいた時には、顔は包帯で巻かれていて、横になって眠っていました。フランクは恐る恐る包帯を取って、鏡を見たら、今まで髭面の男だったはずの顔が美女の顔立ちになっていました。

フランクは「何だよ、これ」と言ってバスローブを取ろうとしたら、そこには大きな胸が付いていて、股には男のアレがなかったのです。フランクは「嘘だー!嘘だー!」と叫び事しかできませんでした。

ジェーンが残したチャンス(転)

フランクのいた部屋には、ボイスレコーダーのような物が置かれていって、それを再生したら、そこにはジェーンのメッセーが残ってしました。そこには「私の弟の命を奪ったので、あたなを女に性転換してあげたわ」とありました。

さらにジェーンは、復讐をしながら「あなたに贖罪のチャンスを与えてあげたから、無駄にしないで」とも言い残していたので、フランクは酒を買ってきて、憂さ晴らしをするしかありませんでした。

しかし、フランクはすぐに行動を起こして行き、まずはジョニーに家へ泊めてもらえるうように頼み込みました。そして、フランクは武器を調達して、ネオスト・ジョンの手下たちを次々に始末していったのです。

フランクの復讐(結)

フランクは、遂にネオスト・ジョンのアジトへ乗り込み、手下たちを片っぱしから撃ちまくっていき、ネオスト・ジョーンを椅子に拘束したのです。そして、ネオスト・ジョーンに今までの経緯を詳しく尋問します。そこでネオスト・ジョーンからジェーン医師について詳しく聞き出しました。

所が、ネオスト・ジョーンは、フランクが信頼している人物もジェーンの手の者だと言ってあざ笑ったのです。それにショックを受けるフランクはネオスト・ジョーンにも何発も撃ちまくって始末しました。

そして、フランクは多くのボディガードをそろえていたジェーン医師の所へ乗り込みます。再び激しい銃撃戦になり、遂にジェーン医師に武器を向けます。所が、フランクは彼女の人間としての命を奪わずに、医師の命を奪って復讐を成し遂げようとしたのです。はたしてフランクは、どのような復讐をしようとしたのでしょうか?

『レディ・ガイ』の豆知識

ジェーンの施術

引用:https://eiga.com/movie/86999/gallery/5/

主役が男から女に変わってしまう映画はショッキングですが、実は日本でも、そのような作品は存在します。そこでレディ・ガイに関係する情報を紹介しながら、日本ではどのような作品があったのか紹介しましょう。

スペシャルドラマ『らんま1/2』

f:id:akira2013web:20180523170209j:plain

日本の人気アニメ『らんま1/2』を実写化したドラマが『らんま1/2』でした。このドラマでは、乱馬という少年が水をかけたら女になって、お湯をかけたら男になるストーリーです。その乱馬には許嫁のあかねという少女がいて、そのあかねを演じているのが、日本を代表する女優『新垣結衣』さんです。

 ミシェル・ロドリゲスは反日?

レディ・ガイで主役を務めるミシェル・ロドリゲスは反日という噂があります。これは、どういう事かと言えば、彼女が反捕鯨団体『シー・シェパード』を支持している事が大きく関係しているようです。

ただし、一部のアメリカ人たちは「白人が豚や牛を食べるのは良いが、日本人がクジラを食べたり、韓国人や中国人が犬を食べたりするのは許さん」という傲慢な考えをもっている方は多いです。ミシェル・ロドリゲスが、自分たちが豚や牛を食べる事について、どう思っているのかは知りませんが、この辺りは日本人として残念な所ですね。

『レディ・ガイ』の感想

フランクとジョニー

引用:https://eiga.com/movie/86999/gallery/6/

ミシェル・ロドリゲスが体を張ったアクション・シーンを演じる映画『レディ・ガイ』を見た感想を紹介するので参考にしてみて下さい。

『レディ・ガイ』の残念な所

ミシェル・ロドリゲスが露出度が高い姿をするので、男の人たちにとってみれば、楽しみなシーンが多い映画になっています。しかし、アクション映画という事もあって、ミシェル・ロドリゲスは野獣な感じがして、あまり美しさを感じられなかったので、そこは美しい姿で戦うシーンというのも見たかったかなと思いました。

『レディ・ガイ』の見所

野獣な感じはしますが、それでもセクシーなミシェル・ロドリゲスを観れるのは良かったです。そして、男から女に変わって驚愕するシーンは、この映画の大きな見所です。実際に起こる可能性が低い話なので、そのショックの大きさをミシェル・ロドリゲスが熱演してくれたのは良かったですね。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/