映画『PLANET OF THE APES/猿の惑星』レオが見た遺跡の正体とは?

PLANET OF THE APES/猿の惑星は、宇宙飛行士のレオが、猿を助けるために電磁波の嵐に巻き込まれて、猿の惑星に墜落してしまいます。レオは凶暴な猿やゴリラたちから追いかけられてしまうので、良心的な一部の猿や人間たちと一緒に、仲間が乗っていた宇宙船まで逃げようとします。所が、そこは遺跡の場所で、レオたちは衝撃的な現実を知る事になるので、詳しく紹介しましょう。

『PLANET OF THE APES/猿の惑星』のキャスト

宇宙で苦戦するレオ

アメリカ合衆国で製作されたSF映画『PLANET OF THE APES/猿の惑星』は、2001年7月28日に日本で上映されました。DVDの収録時間は約120分になります。 

監督&脚本

猿の惑星の初期シリーズ全5作が終了した後に、再び『猿の惑星』を製作する事になりますが、ティム・バートン監督は、前作の続編にしないという条件付きで『PLANET OF THE APES/猿の惑星』を製作する事にしました。

  • 監督:ティム・バートン
  • 脚本:ウィリアム・ブロイルス・ジュニア
  • 脚本:ローレンス・コナー
  • 脚本:マーク・ローゼンタール

登場人物と役者

前作とは違って、リアルな演出が行われている『PLANET OF THE APES/猿の惑星』に登場じた人物や役者さんたちを紹介します。

  • レオ大尉/猿を助けるために墜落する人間(演:マーク・ウォールバーグ)
  • デイナ/レオと共に行動する人間の女性(演:エステラ・ウォーレン)
  • アリ/人間に理解を示す猿(演:ヘレナ・ボナム=カーター)
  • サンダー元老院議員/アリの父親(演:デビッド・ワーナー)
  • リンボー/奴隷商人の仕事をする猿(演:ポール・ジアマッティ)
  • セード将軍/人間の絶滅を目論む猿(演:ティム・ロス)
  • アター隊長/セードの部下(演:マイケル・クラーク・ダンカン)
  • ゼイウス/セードの父(演: チャールトン・ヘストン)

『PLANET OF THE APES/猿の惑星』のストーリー

林で逃げ惑うレオとデイナ

西暦2029年に、米空軍の宇宙探索基地『オベロン』では、レオがペリクリーズという猿にポッドの操作の訓練を積ませていました。この時は猿との交流を楽しんでいたレオでしが、これから起こるであろう過酷な運命を知るよしはありませんでした。

猿の惑星に墜落するレオ(起)

レオは、思うように訓練できなくて不機嫌になったペリクリーズに餌を与えてなだめます。それからレオは、ペリクリーズを妻の猿の所まで運んでいきました。そこでは妻がすでに妊娠をしていて、レオの同僚の女性は「ペリクリーズはパパになるのよ」と微笑んでいました。

このペリクトリーズは遺伝子と染色体を組み替えた利口な猿なので、この猿の子供も利口である可能性は高かったのです。所が、オベロンで一時的に停電になってしまい、レオは急いで司令室へ駆けつけます。司令室では機長が、電磁波の嵐が起きていたので、まずは猿をポッドに乗せて、安全か確認しようとします。

レオはそれに反対しますが、機長は猿で実験してから有人飛行をさせようとしました。ペリクリーズは、アルファ・ポッドに乗って電磁波の嵐へ出発します。しかし、予想外のトラブルによって、アルファ・ポッドが戻ってこれなくなりました。そこで、レオは「違うモニターから確認してみます」と言って、司令室を出ます。

レオが猿の惑星に墜落(承)

レオは、密かにデルタ・ポッドに乗り込み、ペリクリーズを救出するために電磁波の嵐に飛び込みます。それに気づいた機長は「母船へ戻れ」と言いますが「ペリクリーズを救出します、これは人間の仕事です」と言って命令を無視。所が、レオの目の前に紫色の光が何回も当たってきて、デルタ・ポッドが操縦不能になりました。

母船では、SOSが届きますが、電磁波の嵐でモニターで確認する事が困難になっていました。その頃、デルタ・ポッドのデジタル時計が激しく動き始めていき、ある星へ墜落してしまいます。落ちた所は湖だったので、なんとか陸へはいあがったら、そこへ現地の人間たちが次々に逃げてきたのです。

何と、この星では猿たちが支配権を握っていて、人間たちを次々に捕まえていたのです。レオも必死に逃げますが、現地の女性ディナと共に捕まってしまいます。そして、レオやディナたちは奴隷商人のリンボーという猿へ引き渡されてしまうのです。

人間に友好的な猿アリ(転)

リンボーは、セード将軍に「果樹園を荒らすような人間は、見せしめのために内蔵を引き出して、吊るしてやりましょう」と残酷な事を平気で言うような猿でした。所が、そのような猿たちの中にも、人間に友好的なアリがいて、レオやディナを買い取って家へ連れて行ったのです。

所が、ディナの家族は捕まったままなので、夜遅くになったら密かに抜け出してリンボーの所へ向かいました。レオやディナは囚われた家族たちを助け出して、アリにかくまわれます。しかし、猿たちの追っ手が近づいているので、レオは特別なものを見せる事を条件に逃してくれるように頼み込みます。

そこで、レオはアリたちと一緒に逃げて、ポッドが落ちた湖の中から交信装置を取り出します。そうしたら、同じ星に仲間の宇宙船が到着している事に気付きます。そこで、レオたちは宇宙船がある所まで逃げる事にしました。所が、リンボーが途中で襲いかかってきたので、逆に捕まえて連行する事にしました。

全権を握ったセード将軍(結)

セード将軍は、サンダー元老院議員に「人間がお嬢様を連れていきました。私に権力を握らせてもらえれば、お嬢様を取り戻してみせます」と言って、全権を握る事に成功しました。所が、セード将軍の父親ゼイウスは病状が重くなっていて、実は昔の猿が人間の奴隷になっていた事を明かします。

実は、セモスという猿が反乱を起こしたお陰で、猿は解放できたと教えるのです。そして猿の出生の秘密がある場所まで、人間たちを近づけてはいけないと言って亡くなってしまいます。しかし、レオたちが目指していた宇宙船の場所は、猿の出征の秘密がある場所にあったのです。レオたちは、やっとの思いで宇宙船にたどりづきます。

所が、そこは何千年も前からある遺跡だったのです。その宇宙船を調べてみたら、宇宙飛行士たちが残していた映像があって、はるか昔に、この惑星に到着してから、頭のかしこい猿に反乱を起こされてしまった事を告げていたのです。ショックを受ける中でセード将軍が迫ってきますが、レオたちは助かる事はできるのでしょうか?

『PLANET OF THE APES/猿の惑星』の豆知識

しゃがみ込む猿

レオが頼りにしていた仲間たちは、はるか昔に猿の惑星にたどり着いていました。つまりレオは未来の猿の惑星に不時着していたのです。そのような衝撃的な現在を目の当たりにする『PLANET OF THE APES/猿の惑星』に関連する情報を紹介しましょう。

セモスの正体

猿の惑星では、レオの仲間たちが連れてきた猿の中から『セモス』が反乱を起こして、命を奪われる事になります。そのセモスの子孫がセード将軍になる訳ですが、それではセモスは何者なのでしょうか?

私は、それはペリクリーズの子供ではないかと思う訳です。なぜなら、ペリクリーズは遺伝子と染色体を組み替えた利口な猿なので、その子供も、そのDNAを引き継いでいるはずです。つまり、ペリクリーズの子供であれば、猿を率いて人間に反乱を起こせる能力を持っている可能性は極めて高いです。

そして、レオが見た映像では女性が「私が育てていた猿で、利口な事を知っていたのに油断した」と言っていました。レオの同僚の女性は、ペリクリーズの妻の面倒を見ていました。つまり、それからペリクリーズの子供の世話をしている可能性は高いので、セモスはペリクリーズの子供ではないか?と思う訳です。

猿の惑星シリーズの分岐点

現代の猿の惑星を見ている方が、小説『猿の惑星』を実写化した全5作を見たら、そのリアルさに欠けた映像に絶句するでしょう。所が、この『PLANET OF THE APES/猿の惑星』から、SFXという特殊な技術を採用している事から、リアルな映像を可能にしています。

そのため『PLANET OF THE APES/猿の惑星』であれば、猿の惑星シリーズの最新作を見ている方でも、その出来栄えに満足できる可能性は高いです。

『PLANET OF THE APES/猿の惑星』の感想

水へ飛び込むレオ

当時としては、最新の技術を採用して作られた『PLANET OF THE APES/猿の惑星』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『PLANET OF THE APES/猿の惑星』の残念な所

アリは女性の猿ですが、知的なレオに好意を抱いていました。所が、人間の女性ディオもレオに好意を抱いていたのです。そのような事もあってか、ディオは助けてくれたアリに、何回も突っかかってしまいます。

レオはそんなディオに仲良くするようにさとしますが、さすがに猿と人間の間に恋愛感情は生まれないと思うので、少し痛い演出だなぁと思ってしまいましたね。

『PLANET OF THE APES/猿の惑星』の見所

猿の惑星シリーズの初期の全5作に比べたら、本作は格段にリアルな映像になっていて、その出来栄えは大きな見所になっています。そして宇宙船があるハズと思って、レオが期待していたのに、はるか昔に不時着した事を知ってガックリとするのは、本作の大きな見所です。

そして、ラストシーンでも、レオがある場所へ到着しますが、そこで信じられない像を見る事になりますが、そこでも同じようにショックを受けてしまう事になるのです。このように本作は、これから先に何が起きるのか分からない所が大きな見所になっています。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/