映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』人喰い沼のパチンコ台に挑戦

カイジは地下帝国にいる仲間たちを助けるために、14日間という短い期間で2億円を稼ぐ必要がありました。実現不可能かと思われましたが、帝愛が管理している『人喰い沼』と呼ばれる恐ろしいパチンコ台を攻略したら2億円を軽く稼ぐ事が分かりました。所が、そのパチンコ台の攻略は想像以上に苦戦をする事になるので、詳しく紹介しましょう。

『カイジ2 人生奪回ゲーム』のキャスト

利根川幸雄の苦悩

引用:https://eiga.com/movie/55953/gallery/6/

日本で製作されたサスペンス映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』は、2011年11月5日に日本で上映されました。DVDの収録時間は約133分になります。 

監督&脚本&原作 

大人気アニメ『カイジシリーズ』を実写化した映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』を製作したのが、佐藤東弥監督です。

  • 監督:佐藤東弥
  • 脚本:福本伸行&山崎淳也&大口幸子
  • 原作:福本伸行

登場人物&役者

負け組の4人が、パチンコで人生を奪回しようとする映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』に登場した人物や役者さんたちは以下の通りです。

  • 伊藤カイジ/14日間で2億円を稼ごうとする男(演:藤原竜也)
  • 石田光司/帝愛によって命を失った男(演:光石研)
  • 石田裕美/石田光司の娘(演:吉高由里子)
  • 利根川幸雄/カイジの元宿敵(演:香川照之)
  • 坂崎孝太郎/人喰い沼で稼ごうとする男(演:生瀬勝久)
  • 一条聖也/人喰い沼を管理する支配人(演:伊勢谷友介)
  • 黒崎義裕/帝愛の幹部であり一条の上司(演:嶋田久作)
  • 大槻太郎/地下帝国でカイジを担当する班長(演:松尾スズキ)
  • 鐘森/人喰い沼に敗北した男(演:山本浩司)

『カイジ2 人生奪回ゲーム』のストーリー

姫役の石田裕美

引用:https://eiga.com/movie/55953/gallery/5/

帝愛では、ブレードメイドロード(細い鉄骨)を渡りきった一条聖也が重用されようとしていました。 それに感謝しようとする一条聖也でしたが、帝愛を取り仕切るボスから「もう一人おったのぅ、あの橋を渡り切った男が」と言い出しました。その男こそ、伊藤カイジであり、一条聖也は「押したのか、お前(カイジ)も?」とつぶやきました。

再び地下から生還したカイジ(起)

カイジは、再び借金をして地下帝国に突き落とされていましたが、仲間たちからお金をカンパしてもらって、14日間だけ地上に出られるようになりました。そして14日間だけで2億円まで稼いで、自分や仲間たちの借金を返済しようとしたのです

所が、それを知った黒崎義裕は「どんな夢物語だそれは?地下から這い出る2週間、心おきなく泣いてくれ、季節外れのセミみたいにな」とほくそ笑みます。カイジは14日間で、所持金109万5000円を2億円にして、25人の仲間たちを解放しなくてはいけませんでした。

カイジはまず、お腹を満たすために炊き出しの所へ行ってみたら、そこで元宿敵の利根川幸雄と再開する事になりました。そして利根川幸雄はカイジに、帝愛で勝負できるチケットをプレゼントしたのです。カイジは、帝愛の所へ行ったら、そこで坂崎孝太郎から声をかけられて、人喰い沼と恐れられているパチンコ台を教えてもらうのです。

人喰い沼を知るカイジ(承)

人喰い沼は1発台で、3つの台を通過して赤い穴を通ったら、今まで人喰い沼を攻略できなくて、たまっていた玉を全て手に入れられるというのです。現時点で、人喰い沼を攻略してきたら11億円を手に入れられると知って、カイジは驚愕します。

そして人喰い沼には、鐘森という男がブラックATMのカードを使ってまで挑戦しようとしていました。このカードは1000万円まで利用できますが、その日の閉店までにお金を返却しなければ強制労働させられるというものでした。しかし鐘森は人喰い沼を攻略できないで強制連行されます。

カイジは、このままでは人喰い沼は攻略できないとつぶやいたら、坂崎孝太郎はカイジを気に入ってパートナーにしようとしてアジトまで招待します。そこには、かつてカイジの知り合いの石田光司の娘 裕美もいました。裕美は帝愛の所で働きながら父の復讐をうかがっていると言って、カイジは涙ぐんでしまいます。

裕美の裏切り(転)

坂崎孝太郎たちは磁石によってイカサマをして、人喰い沼に挑戦しようとしたら、何と裕美が帝愛に裏切って、カイジたちがイカサマしようとしていた情報が漏れていました。それに呆然とするカイジに対して、一条聖也は「伊藤カイジ!会いたかったですよ」と言います。一条聖也は「お前の父を殺したのはカイジだ」と裕美に教えます。

カイジは「違う」と否定しようとしますが、一条聖也は「あたなが戦ったのは自分が生き残るため、あなたは今度も踏み台にする。いつでもお待ちしていますよ、この勝負」と言って立ち去ります。裕美は、カイジが鉄骨から父を突き落として、命を奪ったものと信じ込んでいました。

カイジは裕美と別れた後に、再び一条聖也に会いに行ったら、そこでは一条聖也が利根川幸雄を4つんばいにさせて背中を足でふみつけていました。そして「私が出さないと決めた以上、沼は100%出ない」と笑います。しかしカイジは、人喰い沼に挑戦する際の軍資金を手に入れるために、帝愛の『姫と奴隷』に挑戦する事にしました。

カイジたちが人喰い沼に挑戦(結) 

姫と奴隷は、3つのオリがあって、1つのオリに姫がいて、2つのオリにはライオンがいました。カイジたちが挑戦する前に、人喰い沼に負けた鐘森が奴隷役で、姫役の恋人と『姫と奴隷』をする事になりました。所が、姫は自分のオリを開ける番号が、2番である事が分かっていたのに「1番よ」と嘘をつきます。

オリが開けられて、鐘森はライオンに食べられてしまい、金持ちたちの聴衆は大笑いして興奮しました。それにカイジは「こいつら、みんな狂ってやがる」と絶叫。姫役の彼女は賞金を貰うために嘘を付いていたのです。しかし、次に挑戦するカイジは、姫と奴隷の戦いに勝つ事ができて、軍資金を手にいれます。

そしてカイジは、坂崎孝太郎や利根川幸雄と手を組み、遂に人喰い沼に挑戦する事になりました。この人喰い沼は様々なイカサマが仕掛けられていて、玉が下まで通らないように細工されていましたが、カイジたちは入念にイカサマを破る準備をしていたのです。はたして、カイジたちは人喰い沼を攻略する事ができるのでしょうか?

『カイジ2 人生奪回ゲーム』の豆知識

一条聖也の笑み

引用:https://eiga.com/movie/55953/gallery/3/

カイジたちが人喰い沼を攻略しようとする映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』に関連する情報を紹介するので、興味があったら、ご覧になってみて下さい。

カイジの前作『カイジ 人生逆転ゲーム』

カイジは、前作で石田光司を助ける事ができませんが、ブレードメイドロードを渡り抜く事ができました。そして、カイジは利根川幸雄とEカードで戦う事になりますが、イカサマをされてしまい、一度は負けてしまうのです。しかし、知り合いの協力によって、カイジは地上へ出られる事ができました。

しかし、カイジは石田光司を助ける事ができなくて、その娘の裕美に、今作で恨まれる事になってしまうのです。 

www.akira-blog.com

獣を使って処罰する刑法

カイジ2 人生奪回ゲームの姫と奴隷で、ライオンに処刑させるゲームが行われていました。実は、昔の時代に、獣を使って処罰させる刑法はいくつもあったのです。その一つは、中国の殷王朝の時代で、紂王という残酷な君主が、大きな穴に毒ヘビを多く用意した事があったのです。

その穴へ罪人を突き落として、罪人たちが蛇にかまれて、もがき苦しんで命を落としていくのです。一説では、紂王は酒を飲みながら、罪人がもがき苦しむ姿を見て楽しんでいたというから、驚くばかりですね。 

『カイジ2 人生奪回ゲーム』の感想

カイジたちが人喰い沼に挑戦

引用:https://eiga.com/movie/55953/gallery/

私が、映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『カイジ2 人生奪回ゲーム』の残念な所

カイジたちは、人喰い沼を攻略するために、あるコンクリートの床を削り取って、細工をしました。このイカサマによって、人喰い沼の釘と釘の隙間が開く事ができて、カイジたちはパチンコ玉を次々に下へ通す事ができました。しかし、それはあまりにも非現実劇な手法だったので「そんなバカな」と思ってしまいました。

そして、人喰い沼は、この映画の大きな見所の一つなのですが、少しハリボテのように作りました感があるので、もう少しリアルに作れなかったのかなと思ってしまいましたね。

『カイジ2 人生奪回ゲーム』の見所

前作では、遠藤凛子や利根川幸雄たちが、過激な発言をするのが大きな見所でしたが、今作では、一条聖也が冷酷非情になって、カイジたちを罵倒する事によって、ストーリーが盛り上がっていきます。

さらにダークスーツに赤いネクタイをした姿の伊勢谷友介さんが文句なしに格好良すぎて「男として生まれてくるのであれば、あんな格好良い人間になりたかったなぁ」と思わず羨ましく思えるほどでした。そのため、この映画ではカイジが主役ですが、伊勢谷友介さんの格好良さや冷徹な演技が大きな見所になっています。

/*文字を非表示*/
/*文字を非表示*/