映画『パーフェクト・リベンジ』愛人が監禁された理由を探るロバート

苦悩するロバート

引用:https://www.amazon.co.jp/パーフェクト・リベンジ-DVD-ベン・テンプル/dp/B07B7LQFHB/ref=sr_1_1?s=dvd&ie=UTF8&qid=1528263651&sr=1-1&keywords=パーフェクト・リベンジ

パーフェクト・リベンジは、ロバートがインターネットで知り合ったサラという女性が見知らぬ男たちに監禁されてしまいます。ロバートは救いだそうとしますが、サラは警察には通報しないでと言うので、仕方なくサラの赤ん坊をひとまず預かる事になりますが、次第に彼女がなぜ狙われていくの分かっていくのです。

『パーフェクト・リベンジ』のキャスト

誘惑するサラ

引用:https://www.amazon.co.jp/パーフェクト・リベンジ-DVD-ベン・テンプル/dp/B07B7LQFHB/ref=sr_1_1?s=dvd&ie=UTF8&qid=1528263651&sr=1-1&keywords=パーフェクト・リベンジ

サスペンス映画『パーフェクト・リベンジ』は、アメリカ合衆国とスペインのよる合作映画で、2015年に製作されました。そして、DVDの収録時間は116分になります。

監督&脚本

パソコンでインターネットテレビ電話をしながら、彼女を救い出そうとする映画『パーフェクト・リベンジ』は、 アントニオ・エルナンデス監督が製作しました。

  • 監督:アントニオ・エルナンデス
  • 脚本:アントニオ・エルナンデス

俳優と女優

パーフェクト・リベンジでは、緊迫感のあるストーリーを演出している俳優たちが数多く登場していて、その方たちは以下の通りです。

  • ベン・テンプル
  • ヨン・ゴンサレス
  • アイトール・ルナ
  • フランク・フェイス

『パーフェクト・リベンジ』のストーリー

焦る凶悪犯

引用:https://www.amazon.co.jp/パーフェクト・リベンジ-DVD-ベン・テンプル/dp/B07B7LQFHB/ref=sr_1_1?s=dvd&ie=UTF8&qid=1528263651&sr=1-1&keywords=パーフェクト・リベンジ

銀行に勤めているロバートは、ホテルと会社を往復するだけの毎日にウンザリしていました。そこで、ほんの出来心で、インターネットで知り合った女性と深い関係に落ちようとするのです。

ロバートとサラの出会い(起)

ロバートが、サラと知り合ったのは、お金さえ与えたら、深い関係に落ちる事ができるサイトを見たからでした。そのサイトには大勢の女性の画像が掲載されていて、ロバートは好みのタイプであるサラを選んだのです。

最初は、インターネットのテレビ電話で「自分のホテルに来て欲しい」と誘いますが、サラは「こっちに来て欲しい」と拒んでしまいます。それに頭を悩ませたロバートでしたが、結局彼女のいる場所へ足を運ぶ事にしました。

サラに直接会ったロバートは、その魅力的な容姿に惚れ込んでしまい、すぐに深い関係に落ちていきました。そして、ロバートはホテルを出ようとしますが「また会えるかな?」と聞いたら「私は高いわよ」と言われてしまいます。それでもロバートは彼女にまた会いたいと思って微笑みます。

サラが監禁(承)

ロバートの勤めている銀行では、外部に漏れてはまず取引を行なっていました。所が、その情報をフィナンシャル・タイムズが、かぎつけていて、ロバートや同僚のニコラスは頭を悩ませてしまいます。ニコラスは「俺がリークしたと思ってやがる」とイライラしますが、ロバートはそれを黙って聞くだけでした。

ロバートはサラと深い関係に落ちていても、実は娘がいて妻が亡くなってから関係が悪くなっていたのです。ロバートは、そんな面倒な家庭環境から目をそらすかのように、サラにのめりこんでいきました。

所が、サラとテレビ電話していたら、その部屋にガラの悪そうな男が二人も入ってきたのです。どう見ても友達のように見えない男たちは、サラにあるものを渡すように要求していました。サラは「6000ユーロは返したから、残りの6000ユーロも返すので問題がないでしょう」と興奮してしまいます。

闇ビジネスでサラが窮地に(転)

ロバートは、サラを心配していまいますが、彼女は完全に監禁されてしまいました。彼女は隙を見て、ロバートに助けを求めるメッセージを送りますが、ロバートが警察に通報しようとすると、サラは警察に通報されるのを辞めるように懇願します。

翌日になって、サラは男たちによって、左手を大怪我していました。所が、サラを監禁していた一人の男は、誰かと電話で金のやりとりの話を始めました。その話は他の仲間に聞かれてはまずい内容のようでした。そこでロバートはその会話を録音して、サラが監禁されている理由を探ろうとします。

サラは隙を見て「彼らの目的は私の息子を連れ出そうとしているので、近所の花屋にいるマリアという女性に赤ちゃんを預かってもらうように」と頼み込みます。ロバートは、困り果てて、ついにニコラスを部屋に入れて、事情を説明する事にしました。

サラの救出に動くロバート(結)

ニコラスは「あいつらは、サラの息子を人身売買しようとしている犯罪者だ、花屋にいくべきではない」と説得してきますが、ロバートは花屋へ行ってしまいます。しかしマリアがいなくて、赤ちゃんだけを押し付けられてしまい、ホテルへ赤ちゃんを連れていく事にしました。

それを知ったニコラスは「俺まで巻き込むな」と怒りますが、ついにロバートは男たちが部屋を出た隙を見計らって、バールで鍵をかけられたサラの部屋をこじ開けようとします。所が、その前に男たちが戻ってきてしまったので、ロバートは交渉によって、サラを解放するように説得する事にしました。

しかし、男はそれを認めようとしません。そこで、ロバートはテレビ電話で男がしゃべっていた会話を話し出して、それを仲間たちに喋られたくなかったら解放するように話し始めます。男はそれを聞いて明らかに動揺してしまいますが、はたしてロバートは無事に解放してもらえるのでしょうか?

『パーフェクト・リベンジ』の豆知識

バールで行動

パーフェクト・リベンジでは、テレビ電話や人身売買などの話が出てきます。テレビ電話は最近になって利用されてきたツールで、人身売買は昔から行われていた闇ビジネスでした。そこで、この2つについて詳しく知らない方のために、どのようなものがあるのか紹介するので、よかったら、ご覧になってみて下さい。

インターネットのテレビ電話

日本で販売されているパソコンは、WindowsやMacなどがありますが、Windowsはカメラが搭載されていない機種がいくつかあります。それに引き換えiMacは標準装備でカメラが搭載されています。

このカメラが搭載されているパソコンで『スカイプ』というインターネットサービスを利用したら、パソコンでテレビ電話を楽しむ事ができるのです。さらにメッセージだけを送信する事まで行えます。そのため、パソコンでカメラが装備されている場合には、テレビ電話を利用したら、今まで以上に遠くの方とコミュニケーションを取る事が可能です。

人身売買と臓器密売

パーフェクト・リベンジでは、サラの息子が人身売買される事になりますが、当初は子供のいない家庭へ養子として送られるという話でした。所が、実際には臓器密売のために人身売買として利用される事を知って、サラは抵抗するようになります。

このような闇ビジネスは以前から多くの国々で行われていて、日本は戦国時代に武田信玄が信州で勝ち取った領土の民を人身売買させた事で深い恨みを買った事がありました。さらに現代でも様々な国で臓器売買の闇ビジネスが横行されているので、この話は映画だけの話ではないのです。

『パーフェクト・リベンジ』の感想

パソコンのテレビ電話

私が『パーフェクト・リベンジ』を見た感想を紹介するので、この映画を詳しく知らない方は参考にしてみて下さい。

『パーフェクト・リベンジ』の残念な所

パーフェクト・リベンジのDVDのパッケージでは、サラが周りの男たちをふり回すような事が書かれてありました。そのため、サラによって、多くの男たちが誘惑されていくのかなと思っていたのですが、ストーリーを見たら違いました。

サスペンス映画なので、どのようなストーリーになっていくのか分からないほうが良いのですが、宣伝していた内容と違っているのは少し残念でしたね。まぁ、サラがふり回していると言えば、ふり話回しているのかもしれませんけど。

『パーフェクト・リベンジ』の見所

ロバートが、テレビ電話を使って、愛人のサラが監禁されている理由を探ろうとする所は面白かったですね。そして、ロバートが男たちの会話を武器にして、なんとか男から解放してもらうおうと奮闘する所は、この映画の大きな見所です。

実際に、男は「話を全て知っている訳ではないのだろう」と迫ってくるのですが、ロバートは何とか数少ない情報量で、全てを知っているかのように切り替えてしくので、そのスリル感は見ていて飽きなかったですね。