映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』野良猫に救われた青年

ボブという名の猫 幸せのハイタッチは、薬に手を出した青年が、わずかなお金で貧乏暮らしをしていました。そんな時に、トラ猫を拾ってしまい、飼い主を探そうとしますが猫は青年から離れなくなりました。そして救うつもりの野良猫から、逆に青年が救われるという実話をもとにした映画になっているので、その内容を詳しく紹介しましょう。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のキャスト

ボブの凛々しい顔

引用:https://eiga.com/movie/87050/gallery/4/

イギリスで製作された伝記映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』は、2017年8月26日に日本で上映されました。DVDの収録時間は、約103分になります。 

監督&脚本&原作

青年になるまで、人生を大きく踏み外した人物を描いた映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を製作したのが、ロジャー・スポティスウッド監督です。

  • 監督:ロジャー・スポティスウッド
  • 脚本:ティム・ジョン&マリア・ネイション
  • 原作:ジェームズ・ボーエン

登場人物&役者

大きな過ちを犯してきた青年が立ち直っていく映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』に登場した人物や役者は以下の通りです。

  • ジェームズ・ボーエン/貧乏な夢見る青年(演:ルーク・トレッダウェイ)
  • ジャック・ボーエン/ジェームズの父親(演:アンソニー・ヘッド)
  • ヒラリー/ジャックの再婚相手(演:ベス・ゴダード)
  • ベティ/猫に名前を付ける女性(演:ルタ・ゲドミンタス)
  • ボブ/ジェームズの相棒となる猫(演:ボブ)
  • ヴァル/ジェームズを更生させる女性(演:ジョアンヌ・フロガット)
  • メアリー/出版社に勤める女性(演:キャロライン・グッドール)

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のストーリー

ジェームズとベティ

引用:https://eiga.com/movie/87050/gallery/5/

ジェームズは、朝から街中でストリートミュージシャンをしていましたが、お金を置いてくれる通行人は、ごくわずかでした。そんな日々に疲労をためていく中で、街中を歩いていくと、通りすがりのカップルから不審者のように思われてしまいます。この時のジェームズは、何もかも辛い事ばかりだったのです。

同じ過ちを繰り返すジェームズ(起)

ストリートミュージシャンの稼ぎだけでは、ロクな毎日を送れないジェームズは、お店に入って、わずかな全財産を出して「お金はこれしかないから、足りない分は歌で払う」と言ったら、店員は作っておいたメニューをゴミ箱に捨てて「早く出て行け」と言ってくるほどでした。

ドロップアウトしてしまったジェームズにとって、現代社会はあまりにも冷たかったのです。そんな時に、仲間がジェームズに話しかけてきて、車の中へ入るように促します。ジェームズが「この車は」と聞いてみたら「盗んできた」と堂々と答えられてしまいます。そして、仲間は薬を差し出して「やるか?」と誘惑してきたのです。

ジェームズは薬を辞めていましたが、思わず手を出してしまい、そのまま気を失ってしまいます。そして翌朝になったら、違反駐車の切符を切りに警察がやってきますが、車の持ち主が「こいつら(ジェームズたち)を逮捕してくれ」と言っていたので、仲間はジェームズを起こそうとしませんが、気を失ったままでした。

ジェームズとボブの出会い(承)

仲間は仕方なく、ジェームズを車内に置いて一人だけ逃げていきます。ジェームズは、薬の依存症を更生させようとするヴァルのもとへ厄介になる事になりました。所が、ジェームズがここで厄介になる事は、これまで何回もあったので、担当者のヴァルは呆れかえってしまいます。

そんなジェームズに厳しい言葉をぶつけようとするヴァルですが、彼のために家を紹介する事にしました。今まで路上で眠っていたジェームズにとって、これほど嬉しい事はなかったので、ジェームズは深く感謝します。しかし、ヴァルは「その代わり、しっかりと面会に来るのよ」と約束を取り付けました。

ジェームズは、早速、家の中でシャワーを浴びていたら、部屋の中に猫が忍び込んできました。それにジェームズは困ってしまい外へ出てもらおうとしますが、家から出ていこうとしません。そこで、飼い主を探す事にするのですが、どこにも飼い主は見つかりませんでした。

猫がくれたセカンドチャンス(転)

所が、ジェームズが家に戻ったら、ボブが怪我をしていました。それを心配してたジェームズは隣人のベティという女性に診てもらいます。そこで、ある動物病院を紹介してもらいます。そこは無料で診察してもらうはずでしたが、薬だけは有料だったので、仕方なく自分の食費を差し出す事にしました。

しかし、ボブに薬を上手く飲ませられないジェームズは、ベティに手伝ってもらう事にしました。その手際の良さに驚くジェームズでしたが、ベティが薬に依存する人間が嫌いだった事を知って、ジェームズは薬に依存していた事を隠してしまいました。そんな事があっても、ジェームズは稼ぐために、再び街中へ向かう事にします。

所が、ボブがバスにまで乗り込んできたので、仕方なくストリートミュージシャンをする事にします。そうしたら、今まで全く見向きもされていなかったのに、多くの方たちから「可愛い猫」と言われて、次々に足を止めていく人が増えて、多くのお金を置いてもらえました。

ボブの本が出版(結)

ジェームズはボブと巡り会えた事で、お金を稼げるようになった上に、ベティと仲良くなる事もできて、何もかも上手くいくようになりました。所が、父の家へ足を運んだら、父の再婚相手が、自分の娘たちに「兄は薬の依存症」とふきこんでいたようで、妹たちからバカにされてしまうのです。

さらに、ジェームズは薬に依存していた事があるのをベティにバレてしまいます。ジェームズは「今は更生中なんだ」と必死に説得して、今まで隠していた事を謝ります。そして、ジェームズはついに薬を完全に断ち切る事を決心するので、ベティは食料を買いだめしてくれて、外から出ないように忠告します。

ジェームズは家の中で、禁断症状に苦しみますが、ボブは近くで、ずっと見守り続けました。そして、ジェームズは完全に薬を克服して、父とも和解する事ができました。そこへ出版社に勤めるメアリーが、ボブとの話を本にしてみないかと持ちかけてきますが、はたしてジェームズとボブの関係は今後どうなるのでしょうか?

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の豆知識

ジェームズの演奏

引用:https://eiga.com/movie/87050/gallery/6/

世界では、猫に関係する映画は『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』以外にもあるので、どのような作品があるのか、いくつか紹介しましょう。

映画『キャッツ&ドッグス』

映画『キャッツ&ドッグス』は、世界征服を狙う猫たちが、人間を奴隷のように扱おうとする中で、人間に忠誠を誓う犬たちが立ち上がろうとするストーリーです。この映画では、猫の王様と呼ばれるペルシャ猫『Mr.ティンクルズ』が、色々な作戦を実行して、ビーグル犬の『ルー』が、果敢に応戦していこうとします。

www.akira-blog.com

映画『猫の恩返し』

日本のジブリの映画『猫の恩返し』では、ハルという女子高生が命がけで猫を助けたら、猫の王族から迷惑な恩返しをされてしまいます。何と、この恩返しでハルは人間から猫にされてしまうのです。そこで、一部の猫たちが、ハルを助けようとするストーリーになっていて、ハルは何とか人間に戻ろうと奮闘していきます。

www.akira-blog.com

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の感想

ボブをなでる少年

引用:https://eiga.com/movie/87050/gallery/3/

野良猫を拾って育てるのであれば、どこにでもありふれた話ですが、この映画では、拾った野良猫から逆に救われる映画です。しかも、それが実話なので、多くの方たちから共感を呼びました。そのような映画を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の残念な所

日本は、先進国の中ではセカンドチャンスをもらう事が難しい国と言われています。所が『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を見たら、セカンドチャンスを貰う事が難しいのは、日本だけではない事がよく分かります。

この映画は猫に救われたから良かったのですが、やはり現代社会の醜い縮図を見させられるようで、いたたまれなくなりましたね。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の見所

薬の依存症になりながら、何とか克服しようとするジェームズが、ボブによって生きる喜びを覚えていくストーリーは、見ていて心がほんわかとしました。この映画を見たら、やはり猫は良いなぁと思ってしまいましたね。私にも大和という飼い猫(ペルシャ猫)がいますが、ツンデレみたいな性格ですが、やはり猫は良いですよ。

少しストーリーができすぎていると思ってしまいますが、これが実話なのですから、驚きですよね。そして題名にハイタッチとありますが、ボブは人間とハイタッチする事ができるのが関係していると思いますが、ジェームズを幸福に導いたという意味も含まれているのでしょう。