『美女と野獣』美女にしか目を向けない男に警鐘を鳴らす映画

美女と野獣では、王子が城へ乞食にきた女性を冷たく突き放してしまいます。所が、その乞食は魔女で、外見で判断した王子に呪いをかけてしまうのです。王子は野獣と化してしまい、バラの花びらが全て散る前に、女性と愛し合わなければ助からなくなってしまったので、詳しく紹介しましょう。

『美女と野獣』のキャスト

ベルに言いよるガストン

引用:https://eiga.com/movie/83472/gallery/3/

アメリカ合衆国の恋愛映画『美女と野獣』は、2017年4月21日に日本で上映されました(上映時間は約129分)。

監督&脚本

ディズニーの人気アニメ『美女と野獣』を実写化したのが、ビル・コンドン監督になります。

  • 監督:ビル・コンドン
  • 脚本:スティーヴン・チョボスキー
  • 脚本:エヴァン・スピリオトポウロス

登場人物&役者

誰にも愛されないで絶望していく王子を中心に描いた映画『美女と野獣』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • ベル/読書が好きな少女(演:エマ・ワトソン)
  • 野獣/魔女に冷たくして野獣にされた王子(演:ダン・スティーヴンス)
  • モーリス/ベルの父親(演:ケヴィン・クライン)
  • ベルの母/娘のベルを守った母親(演:ゾーイ・レイニー)
  • アガット/謎の多い女性(演:ハティ・モラハン)
  • ガストン/ベルに言いよる自信家(演:ルーク・エヴァンス)
  • ル・フウ/ガストンの仲間(演:ジョシュ・ギャッド)
  • プリュメット/はたきになった人間(演:ググ・バサ=ロー)
  • マエストロ・カデンツァ/ピアノに変わった人間(演:スタンリー・トゥッチ)
  • ポット夫人/食器に変わった女性(演:エマ・トンプソン)
  • チップ/ポット夫人の子供(演:ネイサン・マック)
  • ルミエール/燭台になった人間(演:ユアン・マクレガー)
  • コグスワース/時計になった人間(演:イアン・マッケラン)
  • ペール・ロベール/ベルに本を貸す男性(演:レイ・フィアロン)

『美女と野獣』のストーリー

ベルとモーリス

引用:https://eiga.com/movie/83472/gallery/7/

フランスのある城には、美しい王子がいましたが、その王子は美しい物や女性にしか興味がないような性格をしていました。そしてパーティーが開かれている時に、薄汚い乞食の老婆が来て雨宿りを求めてきて1本のバラを差し出しましたが、王子は冷たくあしらってしまうのです。そこから王子は、長い絶望の日々を送る事になるのです。

野獣に変わってしまった王子(起)

王子や城の者たちは、乞食をあざけ笑っていたら、何と乞食は魔女の姿に変わって、王子は恐ろしい呪いをかけてしまうのです。その呪いによって、王子は野獣へ変わり、城の者たちは魔法によって燭台(ろうそくを立てる台)や時計などに変えられてしまったのです。

この恐ろしい呪いを解くには、魔女が用意したバラの花びらが全て枯れる前に、野獣になった王子が女性と愛し合う必要がありました。しかし、野獣になってしまった王子を愛してくれるような女性など見つかる訳もなく、王子は絶望していく事になります。

その頃、ある村では美しい女性のベルが、大好きな本を借りようとしていました。しかし、村人たちはベルを変わった女性として見てしまい、ベルの理解者は父のモーリスだけでした。所が、そんな美しいベルに恋い焦がれていたガストンは何回もしつこく言い寄ってしまうのです。

ベルの頼みで父が窮地に!(承)

モーリスは馬車に乗って、市場へ向かおうとする時に「ベル、何が欲しい」と尋ねたら「バラが欲しい」と頼んだので、父はニッコリと笑って市場へ出かけていきました。所が、途中で狼が現れてしまって、急いで逃げようとしたら馬車が壊れてしまいます。そこで、あわてて馬に乗って逃げていきました。

所が、ある門をくぐったら、なぜか狼は追跡をあきらめます。そしてモーリスはある城にたどりついて、庭にあったバラを摘み取ったら、野獣になった王子に捕まえられてしまうのです。それに驚いた馬は家まで逃げていき、ベルは父に異変があった事に気付いて、馬に「父の所まで案内して」と頼んで、城へ向かう事にしたのです。

ベルは城は入ったら、牢獄に父がぶち込まれている事に気付いて助け出そうとします。しかし、父は「この城は生きている、早く逃げろ」と言うのです。そこへ再び野獣が現れて「お前の父は泥棒だ」と言ってバラを盗んだ事を責めます。ベルは「たった一輪のバラだけで?」と聞いても、王子はバラ1本で野獣になった事もあって許しません。

身代わりになるベル(転)

ベルは自分の頼みで父が窮地に陥ったので、身代わりに牢獄へ入ります。そこで、モーリスは村に戻ったら、娘が野獣に捕まったと助けを求めていたら、ガストンがベルと結婚したくて助ける事にしました。その頃、城では魔女に物へ変えられた者たちが、何とかベルと王子に愛し合ってもらおうとう努力していました。

ベルは、最初に時計や燭台が喋ったり動いたりする事に驚きましたが、その愛くるしい性格に思わず微笑んでしまいます。しかし、性格の冷たい王子は好きになれなくて逃げ出そうとするのです。その頃、モーリスはガストンが娘と結婚しようとしている事を知ったら、それに反対したら、何と大木にしばりつけられてしまったのです。

しかし、モーリスは狼の餌になる前にアガットという女性に助けられて村へ戻っていきます。そして、モーリスは村人たちにガストンに殺されそうになったと叫んでいたら、ガストンに「モーリスは頭がおかしくなったんだ」と言われて施設に強引に入れられようとします。

美女と野獣の愛(結)

ベルは外へ逃げ出そうとしていたら、狼に噛み殺されそうになってしまいますが、何と野獣が命をかけてベルを助け出したのです。それからベルと野獣は少しずつ分かり合うようになっていきます。しかし モーリスに危機が迫っている事を知って、ベルは自分の呪いをかえりみず「父のもとへ行ってやれ」とベルを自由にするのです。

ベルは「ありがとう」とお礼を言いますが、村に戻ったら、ガストンに逆に捕まってしまいます。それどころか、ガストンは野獣に好意を抱くベルを快く思わず、村人を扇動して、城まで攻め込んでしまったのです。ベルは急いで城へ駆けつけますが、野獣はガストンの銃によって、何発も撃たれてしまい重傷に陥ってしまうのです。

しかし、ガストンのいた通路が崩れてしまって、落ちていきます。ベルは嘆き悲しみますが、野獣は「最後に会えて良かった」と言って、バラの花びらはまさに全て散ろうとしていき、食器や棚は少しずつ動けなくなっていきました。はたして、このまま野獣になった王子は二度と人間に戻れなくなるのでしょうか?

答えを知りたい方はネタバレをクリック

答えは、ベルが野獣にキスをする事により魔女の呪いが解けて、王子や城の者たちが人間へ戻れます。

『美女と野獣』の豆知識

ガストンが村人たちを扇動

引用:https://eiga.com/movie/83472/gallery/6/

野獣になってしまった王子が、ベルと出会う事によって愛に目覚めていく『美女と野獣』に関連する豆知識を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

『美女と野獣』の主題歌

映画『美女と野獣』の主題歌は、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う『美女と野獣』です。まさか、あの世界の歌姫アリアナ・グランデが歌うとは驚くばかりですね。

そして、ゆったりと流れる曲調で、切なく歌い上げていくので、ベルと野獣になった王子が、切ない状況で少しずつ芽生えていく愛を象徴するような歌になっています。

『美女と野獣』のグッズ

ベルの役を演じていたエマ・ワトソンが身につけていたペンダントと同じデザインになっているペンダントがグッズとして販売されています。素材は、それほど高価な材質という訳ではありませんが、黄金色に近いカラーになっていて、少し特殊な形状になっています。

このように華やかなペンダントになっているので、美女と野獣が好きな女性であれば、購入してみても悪くはないでしょう。

『美女と野獣』の感想

野獣と愛し合う美女

引用:https://eiga.com/movie/83472/gallery/4/

性格の悪いガストンによって、王子に悲劇が訪れてしまう映画『美女と野獣』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『美女と野獣』の残念な所

野獣は、一度はガストンを仕留めそうになりますが、命乞いをするので逃してしまいます。所が、助けてもらったくせに、ガストンは後ろから何度も銃で撃ってくるのです。あまりにも、性格が悪すぎる男で、見ていて少し絶句してしまいましたね。

それ以外では、特に残念だなと思う所はなかったのですが、少しガストンの性格の悪さが嫌に感じてしまう方は多いでしょうね。それと、歌いながらストーリーが展開しながら歌って踊って行くのは、ディズニーらしいのですが、そのような芝居がかかったものが苦手な方は注意したほうが良いです。

『美女と野獣』の見所

城の中では、物に変えられてしまった者たちが、小刻みに動いていくシーンが可愛らしく見えました。その光景は、まさにファンタジーな世界で、ディズニー映画や童話が好きな方であれば、満足できるシーンになっています。

そして、ハリーポッターでは子役として活躍していたエマ・ワトソンが大人の女性として熱演していく姿は『美女と野獣』の大きな見所です。こんなに美しい女性になってと思い、見とれてしまいましたね。

最後に、王子が外見だけで魔女に冷たくあしらって野獣になる所は、全世界の男たちに女性を外見で判断するなと警鐘をならすかのような内容になっています。そのため、この映画の警告と女性の気持ちを考えたら、世の男性たちは女性を外見だけで判断しないで行動したほうが良いでしょう。