『劇場霊からの招待状10話』由梨(木崎ゆりあ)が少年と結婚?

TBSのホラードラマ『劇場霊からの招待状 第10話 永遠』では、AKB48の木崎ゆりあさんが、秋山由梨役で、ある家を訪れた時に、仲良くなった少年の翔太から「結婚しよう」と言われます。しかし、相手が少年と思って安請け合いで承諾してしまって、大きな悲劇が訪れるので詳しく紹介しましょう。

『劇場霊からの招待状 第10話 永遠』のキャスト

ホラードラマ『劇場霊からの招待状 10話 永遠』に登場した人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 秋山由梨/ハウスキーパーの女性(演:木﨑ゆりあ)
  • 朝倉翔太/朝倉家に住む少年(演:高村佳偉人)
  • 朝倉ハツ/翔太の世話をする老婆(演:大方斐紗子)
  • 真鍋和也/由梨の彼氏(演:落合モトキ)
  • 錦野豪太/劇場霊の案内人(演:小市慢太郎)

『劇場霊からの招待状 10話 永遠』のストーリー

案内人の錦野豪太が「皆さん、親切心が仇になってしまうなんて事も残念ながらありますよね。今宵の主人公は、純真な心をもつハウスキーパーです。良かれと思って関わったある家庭、そこには大きな秘密が隠されていました。その秘密とは……」と紹介した所で、いよいよ第10話が始まっていくのです。 

由梨が訪れた家(起)

ハウスキーパー(家政婦のような職業)の由梨は、朝倉家を訪ねます。所が、チャイムを押しても全く返事がありませんでした。そこで帰ろうとしたら、背後にいつの間にか少年が立っていたのです。由梨は、自分がハウスキーパーである事を説明して、家の中に入れてもらいます。

朝倉家に住むハツは「すいませんねぇ、この年になると耳が遠くなっちゃって」と謝りますが、由梨は「いいんですよ、ゆっくりして下さい」と掃除を始めます。所が、ハツは遠くから、じぃっと由梨をにらみつけるように見ていたのです。

由梨は料理をして「はいどうぞ」とご飯を勧めたら、翔太は「美味しい。こんな料理が毎日食べたら」と喜びます。そして時間が遅くなった事もあって、翔太は「泊まってきなよ」と言いますが「さすがに、それはちょっと」と断ろうとします。翔太は落ち込んでしまったので「また明日来るから」と慰めるのです。

そっけない彼氏(承)

由梨は家に帰って、和也に「ねぇねぇ、翔太くんに泊まってきなよっていわれた」と話しかけます。しかし、和也はゲームに夢中になって、そっけない態度を取ります。それに由梨は「妬(や)かないの?」と聞きますが、彼氏から「だって子供でしょ?」と言われてしまうのです。

たまらなくなって、由梨は抱きついて甘えようとしますが、和也は汗臭いと言ってゲームを続けようとするのです。そんな態度に、由梨は寂しさを覚えてしまいますが、翌日になって約束どおり朝倉家を訪れます。そこへ翔太が「お姉ちゃん」と抱きついてきたので「お姉ちゃん、汗かいているよ」と言いますが「平気」と言われます。

そんな態度が、彼氏とは大きく違っていて、由梨は思わず微笑んでしまうのです。由梨は、掃除をした後に、翔太に絵本を読んであげます。それを聞いていたら、翔太は「結婚したら、ずっと一緒にいられるの?」と聞いてきたので「そうだよ」と答えます。所が、翔太は「嘘だ!だって先に死んじゃう」と意味深な発言をしてしまうのです。

複雑な朝倉家(転)

由梨は、翔太の発言が気になって「翔太くんのパパってどんな仕事しているの?」と聞いたら「ずっと前に死んじゃった」と答えるので、思わず「ごめん」と答えます。そこで「ママは?」と聞いてみたら、翔太は由梨のほうを指さします。それに驚く由梨ですが、その後ろからハツが「ご苦労様、冷たい麦茶が入りましたよ」とやってきました。

由梨は、お礼を言って麦茶を飲んでみたら、頭がクラクラとして、いつの間にか眠ってしまいます。途中で由梨は起きようとしますが、上着がなかったので聞いてみたら、ハツは「汚れていたから、洗っているの」と答えます。そして、ハツは白い服を差し出して「よく似合うわ、これ夫が気に入っていたの」と褒めます。

そして、終電もなくなるほど時間が遅くなっていたので、再び泊まってきなよと言われるので、由梨は彼氏に電話をかけます。所が、ここでも彼氏は「良いじゃん、泊まってくれば」と言ってしまうのです。それから翔太は「一緒にお風呂に入ろう」と頼み込むので、一緒にお風呂に入る事にします。

取り返しのつかない約束(結)

翔太は、お風呂に入っている時に「僕と結婚してよ。そうしたら、いつも一緒でいられるんでしょ?」と言われてしまって、由梨は思わず「うん、そうだね結婚しよっか」と安請け合いしてしまうのです。それに喜ぶ翔太ですが、翌日になったら、ハツの姿がいませんでした。

そこで由梨はハツの事を訪ねたら、翔太は「自分家に帰った」と言うのです。由梨は職場にその事を電話した後に、ある部屋でアルバムを見つけます。そこには、ハツの若い姿をした写真があったのですが、隣には翔太の姿があったのです。しかも、翔太は年齢が変わっていなかったのに、違う女性と写っている写真が数多くありました。

それに驚愕する由梨は、不気味に思って家から出ようとしますが、翔太がそれを阻みます。そこで思わず突き飛ばしてしまったら、翔太は階段から落ちて首の骨が折れますが、何と首が復元して再び迫ってくるのです。しかも、翔太は不思議な能力を持っていて家から出られなくなりました。はたして翔太は何者なのでしょうか?

答えを知りたい方はネタバレをクリック

実は、翔太は今まで多くの女性を家の中に入れては、強制的に結婚をして記念撮影してきました。ハツもその一人でしたが、歳を取ってしまったので、代わりに若い女性を呼ぶ事になって、由梨が来る事になってしまったのです。由梨は彼氏に助けを求めますが、彼氏は翔太に殺されてしまい、翔太と由梨の夫婦生活が始まっていくのです。

『劇場霊からの招待状 10話 永遠』の感想

動画配信huluで見た『劇場霊からの招待状 10話 永遠』の感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『劇場霊からの招待状 10話 永遠』の残念な所

今回は幽霊の姿が現れなかった上に、だいたいラストのほうも予想しやすい内容でした。そのため、今までミステリー色が強くて、ラストが予想しづらいものに比べたら、少し面白みが欠けたのが残念な所ですね。

『劇場霊からの招待状 10話 永遠』の見所

幽霊は出なかったのですが、由梨の彼氏が殺されてしまう所だけは、少し怖さがありましたね。それほど過激なものではないのでですが、そこが第10話で唯一怖く感じられる所でした。

翔太が自分の母親を指差す方向が、この第10話の大きな見所だったかもしれません。もしかしたら、あれは由梨ではなかったのかもしれませんね。

そして、相手が少年とは言え、安請け合いをする事がいかに間違っているのか?それが分かる内容になっているので、子供を相手に仕事をしている方は、見ておく価値はあります。