小説

『神に愛された子』の書評!リーンの無垢な魂が世界を救う?

ファンタジー小説『神に愛された子(著者:鈴木カタル先生)』は、可愛らしいリーンという少年が、家族から愛されながら、恐るべき魔法量を身につけていました。少しRPGゲームのような内容になっていますが、家族愛や善行の重要性を訴えるような内容になって…

浅草の灯(第5回直木賞 候補)の書評

昭和12年上半期の第5回直木賞の候補作『浅草の灯』は、浜本浩先生の小説で、浅草に住む者たちが激動の時代でも必死に生きていく姿を描いた時代小説でもあり、恋愛小説でもあります。そのような小説は、どのような内容になっているのか、あまりネタをバラさな…

暢気眼鏡(第5回芥川賞 受賞)の書評!妻のノンキさに心が温まる?

昭和12年上半期の第5回芥川賞の受賞作『暢気眼鏡(著者:尾崎一雄)』は、貧乏な男が、ノンキすぎる妻と生活していく所から始まります。しかし、妻のノンキさが、男には理解できない時もあり頭を悩ませていました。そこで、この夫婦がどのような生活をしてい…

人生の阿呆(第4回直木賞 受賞)の書評

昭和11年下半期の第4回直木賞の受賞作『人生の阿呆』は、木々高太郎先生の小説で、裕福な家で生れ育った良吉がある事件に巻き込まれていく事によって、たくましく成長していく物語です。そこで、この小説を知らない方のために、あまりネタをバラさないように…

普賢(第4回芥川賞 受賞)の書評!作家を悩ませる人間模様

昭和11年下半期の第4回芥川賞の受賞作『普賢』は、石川淳先生の小説で、小説を書こうとする者が、知人や一目惚れした女性のために苦悩していく所が描かれています。そこで、この小説を知らない方のために、あまりネタをバラさないようにストーリーや見所など…

コシャマイン記(第3回芥川賞 受賞)の書評!アイヌ民族との激闘

昭和11年上半期の第3回芥川賞の受賞作『コシャマイン記』は、鶴田知也先生の小説で、大和民族とアイヌ民族の激闘が書かれています。そこで、この小説を知らない方のために、あまりネタをバラさないようにストーリーや見所などを紹介するので、参考にしてみて…

天公将軍張角の書評!黄巾の乱の首謀者が抱いた淡い恋心

天公将軍張角(著者:海音寺潮五郎)は、中国の後漢末の時代に、黄巾の乱の首謀者だった張角の甘酸っぱい愛について書かれた歴史小説です。そこで、この小説をまだ読んだ事がない方のために、あまりネタをバラさないようにストーリーや見所などを紹介します。

天正女合戦(第3回直木賞 受賞)の書評

昭和11年上半期の第3回直木賞を受賞した天正女合戦(著者:海音寺潮五郎)は、天正時代に豊臣秀吉の正室『北政所』と側室『お茶々』の間で行われた厳しくも美しい戦いに焦点を当てた歴史小説になります。そこで、この小説を読んだ事がない方のために、あまり…

吉野朝太平記(第2回直木賞 受賞)の書評

昭和10年下半期の第2回直木賞を受賞した吉野朝太平記(著者:鷲尾雨工)は、南北朝の時代に、南朝の武将『楠木正儀』が様々な策謀を巡らして、北朝を打倒しようとする歴史小説でです。そこで、この小説を読んだ事がない方のために、あまりネタをバラさないよ…

吉野朝太平記 5の書評!楠木正儀と足利尊氏が歴史的な対面

吉野朝太平記 5では、いよいよ南北朝の争いが激しくなっていく中で、稀代の英雄である足利尊氏が重体に陥ってしまいます。そのような状況で、南朝の楠木正儀は、ある行動を起こそうとします。そこで、この小説を読んだ事がない方のために、この小説のストー…

吉野朝太平記 4の書評!南朝が京都から奈良へ遷都

吉野朝太平記 4では、楠木正儀が遂に京都を奪還します。しかし足利義詮が5万もの大軍で京都に迫ってきました。楠木正儀に動かせる兵はわずか3千だったので、ある秘策を実行に移そうとします。そこで、吉野朝太平記 4を読んだ事がない方のために、あまりネタ…

吉野朝太平記 3の書評!楠木正儀が京都奪還へ動く

吉野朝太平記 3では、楠木正儀の離間の策によって、足利尊氏と直義兄弟が、骨肉の争いをしていきます。その間隙を縫って、いよいよ南朝が京都を奪還しようと動き出します。そこで、吉野朝太平記 3を読んだ事がない方のために、あまりネタをバラさないように…

吉野朝太平記 2の書評!楠木正儀の離間の策で北朝が仲違い

吉野朝太平記 2では、高師直の専横が凄まじく、多くの武士や僧たちから反感を買うことになります。そして北朝が仲違いをして、激しい戦が行われていくので、あまりネタをバラさないように、詳しく紹介します。

吉野朝太平記 1の書評!楠兄弟で分かれる考え

南朝の忠臣『楠木正成』の息子たちが、足利を討伐しようとしますが、息子たちの間では足利を倒すやり方で考えが分かれてしまいます。そのような状況の中で、遂に楠木正行と高師直の戦いの火蓋が落とされました。

リア王の書評!王女たちの言葉が国を狂わす?

シェイクスピアの『リア王(福田 恆存 訳)』は国王が娘たちに自分をどこまで愛しているか聞いていく事によって、家族や国を無茶苦茶にする物語です。そこで、この小説に興味がある方のために、ネタをバラさないようにストーリーや見所などを紹介します。

その日のまえに(重松清)の書評!5つのストーリーから見えるもの

大切な人が亡くなってしまう日が近づく中で、その日がくる前に出来る事はなかったのかと悩みながら前へ進もうしていく小説『その日のまえに(重松清)』のネタをバラさないように紹介するので、ご覧になってみて下さい。

失われた町(三崎亜記)の書評!悲しみの感情が負の連鎖を生む?

一つの町が世界から消滅するという現実ではありえない事が起きます。しかも、その消滅に悲しんだ者は町に汚染されてしまって、消滅の余波は広がってしまうのです。そこで国家は町の消滅が広がらないために、あらゆる手段を講じていくので、この小説を知らな…

陰摩羅鬼の瑕(京極夏彦)の書評!花嫁たちが次々に亡くなる?

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)では、鳥の館と言われる異様な物をいくつも展示してある所で、次々に不可解な事件によって花嫁たちが次々に亡くなっていきます。そして新たな花嫁の命を今度こそは守るために、探偵と付き添いの小説家が事件を解決してく推…

Another エピソードS(綾辻行人)の書評

綾辻行人先生の代表作とも言えるのが、ホラー小説『Another エピソードS』です。前作『Another』の続編で、眼帯を付けた美少女である三崎鳴が、ある幽霊と出会ってストーリーが展開されます。それでは、この小説を知らない方のために、ネタをバラさないよう…

Another(綾辻行人)の書評

Another(アナザー)は、綾辻行人先生のホラー小説で、榊原恒一という僅か15歳の若者が、ある事情で夜見山市へ引っ越しをする所から始まります。そして1年間だけ恐怖が待っている夜見山北中学へ転入する事になります。それでは、この小説を知らない方のため…

瀬戸内海の子供ら(第2回芥川賞 候補)の書評

昭和10年下半期の第2回芥川賞の候補作『瀬戸内海の子供ら』は、小山祐士先生の小説で、美しい港町で1つの家族が揺れ動く物語が展開されていきます。この小説を知らない方のために、このストーリーや見所などを詳しく紹介します。ネタはバラさないので安心し…

ノルウェイの森の書評!村上春樹の代表作

村上春樹先生の代表作「ノルウェイの森」は、亡き友達の彼女に恋をしてしまったワタナベという男の苦しい恋を描く物語です。この「ノルウェイの森」の「上」と「下」両方のストーリーや見所を紹介します。

デットエンドの書評!5つの幸せから見えるもの?

人によって、幸せのカタチはそれぞれ違います。デットエンドの思い出では、5つの物語があって、それぞれ違うカタチの幸せについて物語が進んでいきます。この小説を知らない方のために、この『デットエンド(よしもとばなな)』のストーリーや見所を見所を紹…

終戦のローレライの書評!大日本帝国のあるべき終戦?

SF小説「終戦のローレライ」は、大日本帝国がナチスドイツの遺産「ローレライ」を利用して、少しでも有利な条件で終戦を迎えようとする物語です。この小説の上・下のストーリーと見所を紹介します。

『終戦のローレライ 下』の書評!大日本帝国で仲間割れ?

「終戦のローレライ(下)」では、同じ日本人同士で誰が味方で、誰が敵か分からなくなっていきます。大日本帝国がどのような終戦を迎えるのか?そのストーリーや見所を紹介しましょう。

4TEEN(2004年本屋大賞6位)の書評!若者の苦悩

2004年本屋大賞で6位に選ばれた「4TEEN」は、石田衣良先生の作品で、現代を生きる若者達が懸命に考えて生きていく物語です。この小説のストーリーや、物語に登場する援助交際や過食症について検証します。

重力ピエロ(2004年本屋大賞5位)の書評!落書きと治安の関係

2004年本屋大賞で5位に選ばれた「重力ピエロ」は、伊坂幸太郎先生の作品で、父親が違う兄弟によって落書きや放火事件を解決していく物語です。この小説のストーリーや、落書きが社会に与える影響を検証しましょう。

永遠の出口(2004年本屋大賞4位)の書評

2004年本屋大賞で4位に選ばれた「永遠の出口」は、森絵都先生の作品で、一人の少女が成長していく過程を紹介しながらストーリーが展開されます。そこで、この小説のストーリーや、少女が取った行動の意味を検証します。

アヒルと鴨のコインロッカー(2004年本屋大賞3位)の書評

2004年本屋大賞で3位に選ばれた「アヒルと鴨のコインロッカー」は、伊坂幸太郎先生の作品で、隣人から「書店へ強盗」するように誘われてストーリーが展開されます。この物語に登場するいくつかの名言や謎かけの言葉を紹介します。

クライマーズ・ハイ(2004年本屋大賞2位)の書評

2004年本屋大賞で2位に選ばれた「クライマーズ・ハイ」は、日航機の墜落事故をスクープしようと奮闘する新聞記者を描いた小説です。この小説の内容や、重要人物「悠木和雅」と「安西耿一郎」の2人の関係性を中心に書評します。