小説-恋愛

ノルウェイの森の書評!村上春樹の代表作

村上春樹先生の代表作「ノルウェイの森」は、亡き友達の彼女に恋をしてしまったワタナベという男の苦しい恋を描く物語です。この「ノルウェイの森」の「上」と「下」両方のストーリーや見所を紹介します。

『永遠の出口』の書評!紀子が翻弄された言葉

森絵都先生の小説「永遠の出口」は、少女の成長を描いた内容になっています。この小説のストーリー・名言・感想について紹介します。

『ノルウェイの森 下』の書評!ワタナベが体験した悲劇

ワタナベが直子と緑の間で悩みながら、最後には悲劇的な結末を迎えてしまいます。どのような内容なのかクライマックスを伏せながら紹介します。

ノルウェイの森 上の書評!直子の苦しい過去

男と女の苦しくもどかしい恋愛を美しく書かれた小説で、ストーリーは不思議に満ちた始まり方をしている「ノルウェイの森(上)」を紹介します。

いい加減な夜食1の書評!佳乃が理不尽な契約を結ばされる

ある豪邸でハウスクリーニングの仕事をしていた女性が、事のなりゆきで豪邸の主である「原島俊紀」に夜食を作る事になりました。限られた食材で、いい加減な夜食を作る事によって、物語が急展開していくのです。