小説-海外

リア王の書評!王女たちの言葉が国を狂わす?

シェイクスピアの『リア王(福田 恆存 訳)』は国王が娘たちに自分をどこまで愛しているか聞いていく事によって、家族や国を無茶苦茶にする物語です。そこで、この小説に興味がある方のために、ネタをバラさないようにストーリーや見所などを紹介します。

ハムレットの書評!亡霊が明かした驚愕の事実

シェイクスピアの小説「ハムレット」は、不遇の環境を生きるデンマークのハムレット王子が、父の亡霊の言葉を聞いて復讐(ふくしゅう)に立ち上がる物語です。

マクベスの書評!バーナムの大森林が襲いかかってくる?

シェイクスピエアの代表作「マクベス」は、スコットランド王が亡くなって、動乱の時代に突入していく物語です。