晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

忠臣蔵(第3話)大石内蔵助役の松平健が家臣たちを騙してしまう?

赤穂城で繰り広げられたドラマ

『忠臣蔵 第2話』では、大石内蔵助が、殉死によって幕府に、浅野家再興を嘆願すると言い渡しますが、堀部安兵衛や高田郡兵衛たちは従わずに立ち去っていきました。

それでも、大石内蔵助は残った者たちで殉死しようとしますが、土壇場で家臣たちを騙していた事を伝えるので、その理由について紹介しましょう。

『忠臣蔵』のキャスト

『忠臣蔵』は、2004年10月18日から12月13日まで放送された歴史ドラマです。

監督&脚本

『忠臣蔵』の監督や脚本の情報は、以下の通りになっています。

  • 監督:齋藤光正
  • 脚本:古田求

登場人物&役者

『忠臣蔵』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

浅野家 
  • 浅野内匠頭(演:沢村一樹)/赤穂藩の藩主
  • 浅野大学(演:藤巻裕己)/内匠頭の弟
  • 阿久里-瑤泉院(演:櫻井淳子)/内匠頭の奥方
  • 戸田局(演:野際陽子)/阿久里-瑤泉院に仕える人物
  • 大石内蔵助(演:松平健)/赤穂藩の家老
  • 大野九郎兵衛(演:石田太郎)/赤穂藩の家老
  • 大石りく(演:田中好子)/蔵之介の奥方
  • 大石主税(演:山崎裕太)/蔵之介の子息
  • 大石瀬左衛門(演:藤岡太郎)/浅野家の家臣
  • 片岡源五右衛門(演:羽場裕一)/浅野家の家臣
  • 大高源吾(演:石丸謙二郎)/浅野家の家臣
  • 吉田忠左衛門(演:寺田農)/浅野家の家臣
  • 寺坂吉右衛門(演:梨本謙次郎)/浅野家の家臣
  • 堀部弥兵衛(演:佐野浅夫)/浅野家の家臣
  • 堀部安兵衛(演:宇梶剛士)/弥兵衛の後継
  • 磯貝十郎左衛門(演:安藤一夫)/浅野家の家臣
  • 岡島八十右衛門(演:遠山俊也)/浅野家の家臣
  • 赤埴源蔵(演:永島敏行)/浅野家の家臣
  • 不破数右衛門(演:寺島進)/浅野家の家臣
  • 岡野金右衛門(演:要潤)/浅野家の家臣
  • 神埼与五郎(演:村井克行)/浅野家の家臣
  • 矢頭右衛門七(演:冨田翔)/浅野家の家臣
  • 小山田庄左衛門(演:高知東生)/浅野家の家臣
  • 毛利小平太(演:森岡豊)/浅野家の家臣
  • 奥田孫太夫(演:大出俊)/浅野家の家臣
  • 勝田新左衛門(演:北原雅樹)/浅野家の家臣
  • 前原伊助(演:志村東吾)/浅野家の家臣
  • 高田郡兵衛(演:山下徹大)/浅野家の家臣
  • 原惣右衛門(演:成瀬正孝)/浅野家の家臣
上杉家
  • 上杉綱憲(演:榊英雄)/米沢藩の4代藩主
  • 吉良上野介(演:伊東四朗)/上杉綱憲の父
  • 千坂兵部(演:夏八木勲)/上杉家の家老
  • 小林平八郎(演:春田純一)/千坂兵部の家臣
  • 梅(演:大家由祐子)/千坂兵部の女間者
  • 清水一角(演:松重豊)/小林平八郎に使える家臣
幕府側(浅野・上杉の両家以外)
  • 徳川綱吉(演:津川雅彦)/徳川5代将軍
  • 柳沢吉保(演:中原丈雄)/綱吉の側用人
  • 多門伝八郎(演:片岡鶴太郎)/内匠頭に情けをかける武士
  • 脇坂淡路守(演:村上弘明)/内匠頭とは竹馬の友の仲
  • 加古川本蔵(演:平泉成)/淡路守の重臣
  • 戸無瀬(演:戸田恵子)/本蔵の奥方
  • 小浪(演:前田亜季)/本蔵と小浪の娘
  • 荻生徂徠(演:橋爪功)/大石内蔵助の処罰を進言する人物
  • 垣見五郎兵衛(演:江守徹)/大石内蔵助と対峙する人物
  • 土屋主税(演:北大路欣也)/赤穂藩士を褒め称える人物
そのた
  • 天野屋利兵衛(演:藤田まこと)/商人
  • 畳屋文吉(演:高橋元太郎)/浅野家の畳替えに尽力
  • お信(演:大路恵美)/清水一角に尽くされる女性
  • 浮橋太夫(演:池上季実子)/蔵之介を慕う女性
  • 宝井其角(演:高橋長英)/石丸謙二郎と交流のある文化人
  • お島(演:美保純)/小山田庄左衛門の面倒を見る女性
  • お艶(演:前田愛)/大工の棟梁の娘
  • ナレーション(演:奈良岡朋子)/物語を説明する女性

『忠臣蔵』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『忠臣蔵』の全9話のストーリー・名言・感想などを見る事ができます。

www.akira-blog.com

「第3話 赤穂城明渡し」のストーリー

大石内蔵助は、殉死に従わない者たちが出て行っても、家臣たちにお金を分配して、その後の生活にできるだけ困らないように配慮していました。そのような時に、家老職である大野九郎兵衛が、姿を隠してしまったのです。

しかし、大石内蔵助は、あえて大野九郎兵衛を逃してあげます。

そして、殉死をする日になり、いよいよ切腹しようとした時に、大石内蔵助が「それには及びませぬ。殉死つかまつるつもりは毛頭ござらん」と言い渡して、家臣たちは「何と!」と騒ぎ始めます。

大石内蔵助は、殉死に馳せ参じた家臣たちを見つめながら「その信義に応えて、みどもの本心を打ち明け申そう。内蔵助の願いは吉良上野介の首でござる!」と言い放ち「太夫!ご家老!」と家臣たちは感激します。

その声を聞きながら大石内蔵助は「しかしながら復讐は極めて困難。大勢で行おうとしたら秘密が漏れるやもしれませぬ。これを防ぐには同志の結束が大事。籠城、殉死などのふるいをかけた無礼を働いたのも、そのためでござる」と打ち明けます。

家臣たちは「我ら、もとより命をさしあげています。上野介の首を殿の墓前に備えて後の殉死こそ、我らの本当の願いでござった」と誓うのです。はたして、赤穂藩士たちは吉良上野介を討てるのでしょうか?

「第3話 赤穂城明渡し」の名言

大石内蔵助が、憎むべき「吉良上野介」を討つ決意を赤穂藩士達に告げた時の名言があったので、紹介します。

大石内蔵助の願った名言

大石内蔵助が、殿の後を追おうとした藩士達に、本当の望みを打ち上げた時の名言です。

蔵之介の望みはただひとつ、怨敵吉良上野介の首でござる

「怨敵(おんてき)」は読んで字のごとく怨(うら)むべき敵という意味です。大石内蔵助の目的は、吉良上野介1人の首をあげる事だけという意味ですね。怨敵というのは、凄く恨みを感じる言葉で迫力を感じます。

大石内蔵助の決意表明

大石内蔵助が、殿の後を追おうとした赤穂藩士達に言った言葉です。

昼行灯に灯を入れてくれましょう。

この昼行灯とは、昼間の行灯でぼんやりとした明るさしかない事で、役立たずのような言葉です。そして、この言葉は大石内蔵助がよく言われていた言葉ですが、その昼行灯に灯を入れるという事役立たずな人間と思われてもやる気を出すという決意表明でしょう。あまりやる気が出ない時に、1人で、この言葉をつぶやていみるのも悪くないかもしれませんね。

「第3話 赤穂城明渡し」の感想

この「第3話 赤穂城明渡し」について、私の独断の感想を紹介します。注目したのは大石りくと、殿の後を追おうとする赤穂藩士達の気持ちでした。

白装束を作る母親の気持ち

大石りくが、殿の後を追おうとする息子の白装束を作っているシーンを見た時は、やは武家の妻というのは凄いなと思いました。そして、息子に見事な最後をとげるように言ったのは、平成の時代では考えられない事です。

大石内蔵助の本心を聞いた赤穂藩士達

殿の後を追うものとばかり思っていた赤穂藩士達が、大石内蔵助から吉良上野介の首が狙いである事を聞いて感動するシーンは見応えが十分でした。確かに、主君があそこまでの仕打ちを受ければ、復讐したくなるだろうと思いましたね。

忠臣蔵 DVD-BOX