晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

忠臣蔵 (第4話)千坂兵部役の夏八木勲が衝撃の言葉を聞き愕然!

大石内蔵助の悩む日々

『忠臣蔵 第4話』では、千坂兵部(演:夏八木勲)が、大石内蔵助(演:松平健)と対峙しますが、そこで衝撃の言葉を聞き愕然とします。

はたして、大石内蔵助は何を言ったのか?詳しく紹介しましょう。

『忠臣蔵』のキャスト

『忠臣蔵』は、2004年10月18日から12月13日まで放送された歴史ドラマです。

監督&脚本

『忠臣蔵』の監督や脚本の情報は、以下の通りになっています。

  • 監督:齋藤光正
  • 脚本:古田求

登場人物&役者

『忠臣蔵』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

浅野家 
  • 浅野内匠頭(演:沢村一樹)/赤穂藩の藩主
  • 浅野大学(演:藤巻裕己)/内匠頭の弟
  • 阿久里-瑤泉院(演:櫻井淳子)/内匠頭の奥方
  • 戸田局(演:野際陽子)/阿久里-瑤泉院に仕える人物
  • 大石内蔵助(演:松平健)/赤穂藩の家老
  • 大野九郎兵衛(演:石田太郎)/赤穂藩の家老
  • 大石りく(演:田中好子)/蔵之介の奥方
  • 大石主税(演:山崎裕太)/蔵之介の子息
  • 大石瀬左衛門(演:藤岡太郎)/浅野家の家臣
  • 片岡源五右衛門(演:羽場裕一)/浅野家の家臣
  • 大高源吾(演:石丸謙二郎)/浅野家の家臣
  • 吉田忠左衛門(演:寺田農)/浅野家の家臣
  • 寺坂吉右衛門(演:梨本謙次郎)/浅野家の家臣
  • 堀部弥兵衛(演:佐野浅夫)/浅野家の家臣
  • 堀部安兵衛(演:宇梶剛士)/弥兵衛の後継
  • 磯貝十郎左衛門(演:安藤一夫)/浅野家の家臣
  • 岡島八十右衛門(演:遠山俊也)/浅野家の家臣
  • 赤埴源蔵(演:永島敏行)/浅野家の家臣
  • 不破数右衛門(演:寺島進)/浅野家の家臣
  • 岡野金右衛門(演:要潤)/浅野家の家臣
  • 神埼与五郎(演:村井克行)/浅野家の家臣
  • 矢頭右衛門七(演:冨田翔)/浅野家の家臣
  • 小山田庄左衛門(演:高知東生)/浅野家の家臣
  • 毛利小平太(演:森岡豊)/浅野家の家臣
  • 奥田孫太夫(演:大出俊)/浅野家の家臣
  • 勝田新左衛門(演:北原雅樹)/浅野家の家臣
  • 前原伊助(演:志村東吾)/浅野家の家臣
  • 高田郡兵衛(演:山下徹大)/浅野家の家臣
  • 原惣右衛門(演:成瀬正孝)/浅野家の家臣
上杉家
  • 上杉綱憲(演:榊英雄)/米沢藩の4代藩主
  • 吉良上野介(演:伊東四朗)/上杉綱憲の父
  • 千坂兵部(演:夏八木勲)/上杉家の家老
  • 小林平八郎(演:春田純一)/千坂兵部の家臣
  • 梅(演:大家由祐子)/千坂兵部の女間者
  • 清水一角(演:松重豊)/小林平八郎に使える家臣
幕府側(浅野・上杉の両家以外)
  • 徳川綱吉(演:津川雅彦)/徳川5代将軍
  • 柳沢吉保(演:中原丈雄)/綱吉の側用人
  • 多門伝八郎(演:片岡鶴太郎)/内匠頭に情けをかける武士
  • 脇坂淡路守(演:村上弘明)/内匠頭とは竹馬の友の仲
  • 加古川本蔵(演:平泉成)/淡路守の重臣
  • 戸無瀬(演:戸田恵子)/本蔵の奥方
  • 小浪(演:前田亜季)/本蔵と小浪の娘
  • 荻生徂徠(演:橋爪功)/大石内蔵助の処罰を進言する人物
  • 垣見五郎兵衛(演:江守徹)/大石内蔵助と対峙する人物
  • 土屋主税(演:北大路欣也)/赤穂藩士を褒め称える人物
そのた
  • 天野屋利兵衛(演:藤田まこと)/商人
  • 畳屋文吉(演:高橋元太郎)/浅野家の畳替えに尽力
  • お信(演:大路恵美)/清水一角に尽くされる女性
  • 浮橋太夫(演:池上季実子)/蔵之介を慕う女性
  • 宝井其角(演:高橋長英)/石丸謙二郎と交流のある文化人
  • お島(演:美保純)/小山田庄左衛門の面倒を見る女性
  • お艶(演:前田愛)/大工の棟梁の娘
  • ナレーション(演:奈良岡朋子)/物語を説明する女性

『忠臣蔵』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『忠臣蔵』の全9話のストーリー・名言・感想などを見る事ができます。

www.akira-blog.com

「第4話 静かなる決闘 千坂兵部」のストーリー

元禄14年11月に、大石内蔵助は、江戸へ下向して、殉死に加わらず仇討ちを叫んだ家臣たちと再会する事になりました。家臣たちも、仇討ちが目的と知ったので、以前とは違い、わだかまりが解けて談笑します。

それから、大石内蔵助は瑤泉院のもとへ訪れて、仇討ちを願う御台所に対して「あと1年だけのご猶予を」と、しばらく待つようにお願いしたのです。これに戸田局は「待ちましょう御台様、大石殿を信じて花が咲くのを待ちましょう」と進言します。

瑤泉院は「蔵之介、よろしゅう頼みます」と声をかけて、蔵之介は頭を下げるのです。蔵之介のもとには、不破数右衛門が帰参しますが、上杉家の千坂兵部は「何のために帰参だ」と疑いを持つようになります。

そこで、千坂兵部は大石内蔵助を茶会に招いて「吉良殿は、あのご気性でな、近習に仕えている者は女子ばかり、打ち取る事は造作もない事であろう」と、その心底を探ろうとします。

それに大石内蔵助は「実は、この蔵之介。織田信長公の故事に習い、吉良殿の生首を床の前にすえ、阿呆の首よ、それ見た事かと。勝利の酒に酔いたいものと思っていましたが、なかなかそうはいかないもの」と不敵な笑みを浮かべます。

茶会が終わった後に、千坂兵部は愕然として「あれが昼行灯と申すのか」と言って、吉良邸に屈強の警護団をつけるように部下へ命じます。はたして、大石内蔵助は仇討ちをする気があるのでしょうか?

「第4話 静かなる決闘 千坂兵部」の名言

ちまたで、仇討ちをしようとしない浅野家の家臣達をあざけわらう言葉が出てきたので紹介します。

大石内蔵助を揶揄

町人が冗談半分で、笑いながら大石内蔵助の「大石」を馬鹿にした言葉です。

大石じゃなくて軽石だ

今の時代でも小学生ぐらいの時は苗字 や名前で馬鹿にしたりされたりはよくある事です。良い子のみんなは真似してはいけませんよ。それにしても、ここまで言われて我慢をしていた大石内蔵助は忍耐強くて、やはり徳川家康に似ていると思ってしまいます。

赤穂藩士を揶揄

町人が赤穂藩士に向けて、馬鹿にした言葉です。

赤穂侍じゃなくて、阿呆侍だ

町人が赤穂侍(あこうざむらい)じゃなくて、阿呆侍(あほうざむらい)だと馬鹿にしていた言葉で、これは今でいう親父ギャグですね。町人達は、後にこの赤穂侍が討ち入りをした時は驚いたでしょう。

「第4話 静かなる決闘 千坂兵部」の感想

大石内蔵助と千坂兵部が、茶会で決闘する第4話の感想を紹介します。

千坂兵部が頼もしい

上杉家の家「千坂兵部」が、大石内蔵助を警戒して、色々と手を打っている姿に思わず頼もしいと感じてしまいます。やはり、上杉好きの私としては、そう感じてしまうのですが、忠臣蔵を見る多くの方は大石内蔵助を応援するのでしょう。

我慢強い大石内蔵助

大石内蔵助は、軽石と馬鹿にされても全く動じないでいます。その姿は、妻子に手をかける事を命じらて、後に領地替えも我慢して最後に天下を取った徳川家康に似ています。今の日本の政治家も我慢をして、最後にあっと言わせるような仕事を成し遂げて欲しいと思ってしまいますね。

忠臣蔵 DVD-BOX