晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

忠臣蔵 (第6話)大石りく役の田中好子が夫と今生の別れ!

大石内蔵助が妻と別れるストーリー

『忠臣蔵 第6話 山科 永遠の別れ』では、大石内蔵助(演:松平健)が、大石りく(演:田中好子)と今生の別れを告げる事になります。そこには、夫婦の固い絆と信頼があったので、詳しく紹介しましょう。

『忠臣蔵』のキャスト

『忠臣蔵』は、2004年10月18日から12月13日まで放送された歴史ドラマです。

監督&脚本

『忠臣蔵』の監督や脚本の情報は、以下の通りになっています。

  • 監督:齋藤光正
  • 脚本:古田求

登場人物&役者

『忠臣蔵』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

浅野家 
  • 浅野内匠頭(演:沢村一樹)/赤穂藩の藩主
  • 浅野大学(演:藤巻裕己)/内匠頭の弟
  • 阿久里-瑤泉院(演:櫻井淳子)/内匠頭の奥方
  • 戸田局(演:野際陽子)/阿久里-瑤泉院に仕える人物
  • 大石内蔵助(演:松平健)/赤穂藩の家老
  • 大野九郎兵衛(演:石田太郎)/赤穂藩の家老
  • 大石りく(演:田中好子)/蔵之介の奥方
  • 大石主税(演:山崎裕太)/蔵之介の子息
  • 大石瀬左衛門(演:藤岡太郎)/浅野家の家臣
  • 片岡源五右衛門(演:羽場裕一)/浅野家の家臣
  • 大高源吾(演:石丸謙二郎)/浅野家の家臣
  • 吉田忠左衛門(演:寺田農)/浅野家の家臣
  • 寺坂吉右衛門(演:梨本謙次郎)/浅野家の家臣
  • 堀部弥兵衛(演:佐野浅夫)/浅野家の家臣
  • 堀部安兵衛(演:宇梶剛士)/弥兵衛の後継
  • 磯貝十郎左衛門(演:安藤一夫)/浅野家の家臣
  • 岡島八十右衛門(演:遠山俊也)/浅野家の家臣
  • 赤埴源蔵(演:永島敏行)/浅野家の家臣
  • 不破数右衛門(演:寺島進)/浅野家の家臣
  • 岡野金右衛門(演:要潤)/浅野家の家臣
  • 神埼与五郎(演:村井克行)/浅野家の家臣
  • 矢頭右衛門七(演:冨田翔)/浅野家の家臣
  • 小山田庄左衛門(演:高知東生)/浅野家の家臣
  • 毛利小平太(演:森岡豊)/浅野家の家臣
  • 奥田孫太夫(演:大出俊)/浅野家の家臣
  • 勝田新左衛門(演:北原雅樹)/浅野家の家臣
  • 前原伊助(演:志村東吾)/浅野家の家臣
  • 高田郡兵衛(演:山下徹大)/浅野家の家臣
  • 原惣右衛門(演:成瀬正孝)/浅野家の家臣
上杉家
  • 上杉綱憲(演:榊英雄)/米沢藩の4代藩主
  • 吉良上野介(演:伊東四朗)/上杉綱憲の父
  • 千坂兵部(演:夏八木勲)/上杉家の家老
  • 小林平八郎(演:春田純一)/千坂兵部の家臣
  • 梅(演:大家由祐子)/千坂兵部の女間者
  • 清水一角(演:松重豊)/小林平八郎に使える家臣
幕府側(浅野・上杉の両家以外)
  • 徳川綱吉(演:津川雅彦)/徳川5代将軍
  • 柳沢吉保(演:中原丈雄)/綱吉の側用人
  • 多門伝八郎(演:片岡鶴太郎)/内匠頭に情けをかける武士
  • 脇坂淡路守(演:村上弘明)/内匠頭とは竹馬の友の仲
  • 加古川本蔵(演:平泉成)/淡路守の重臣
  • 戸無瀬(演:戸田恵子)/本蔵の奥方
  • 小浪(演:前田亜季)/本蔵と小浪の娘
  • 荻生徂徠(演:橋爪功)/大石内蔵助の処罰を進言する人物
  • 垣見五郎兵衛(演:江守徹)/大石内蔵助と対峙する人物
  • 土屋主税(演:北大路欣也)/赤穂藩士を褒め称える人物
そのた
  • 天野屋利兵衛(演:藤田まこと)/商人
  • 畳屋文吉(演:高橋元太郎)/浅野家の畳替えに尽力
  • お信(演:大路恵美)/清水一角に尽くされる女性
  • 浮橋太夫(演:池上季実子)/蔵之介を慕う女性
  • 宝井其角(演:高橋長英)/石丸謙二郎と交流のある文化人
  • お島(演:美保純)/小山田庄左衛門の面倒を見る女性
  • お艶(演:前田愛)/大工の棟梁の娘
  • ナレーション(演:奈良岡朋子)/物語を説明する女性

『忠臣蔵』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『忠臣蔵』の全9話のストーリー・名言・感想などを見る事ができます。

www.akira-blog.com

「第6話 山科 永遠の別れ」のストーリー

遊興三昧していた大石内蔵助ですが、夜中になり吉田忠左衛門が舟で迎えに来ました。実は、吉田忠左衛門は大石家の再興のために奔走していましたが、その願いが叶わないばかりか、弟君 浅野大学の所領さえ没収されてしまったのです。

大石内蔵助は、他の大名や幕閣が大石家の再興のために動いてくれたので、今まで仇討ちをする事もできなかったと力なくつぶやきます。その真意を知った不破数右衛門を頭を下げ、大高源吾は感激するのです。

二人たちは「それでは、太夫は東へ下られますか」とすがるように尋ねたら、大石内蔵助は「下らずして、かの年寄りの首は討てまい」と睨みつけます。

大石内蔵助たちは、それから小さな屋敷に戻り、大石りくに「辛い思いをさせたな、山科へ移り住んでより今日まで、遊興にふける私をかばって、矢面に立ってくれた」と感謝の言葉を述べるのです。

大石りくが「旦那様」と感激すると、大石内蔵助は「この先、赤穂浪士が仇討ち成ると風の便りがきたら、そなたの手柄ぞ」と、妻に今生の別れを告げます。そして血盟の儀を執り行う事になりますが、仇討ちに動く事ができるのでしょうか?

「第6話 山科 永遠の別れ」の名言

大石内蔵助が、ついに亡き殿の敵を討つために江戸へ向かった時の名言が登場したので紹介します。

大石蔵之介が江戸へ下向

当時は京の都が、日本の中心地だったので江戸へ行く事を下向と言っていました。

大石東下り

大石内蔵助が東国(とうごく)の江戸へ下向するので東下(あずまくだ)りと言われました。この東国は東日本の事であり、昔は東日本を東国・関東を坂東(ばんどう)と呼んでいたのです。この東国の境界も非常に曖昧で、奈良より東であれば東国と呼んでいた時期もありました。

「第6話 山科 永遠の別れ」の感想

 大石内蔵助が、妻子と永遠の別れとなる時で、私個人の感想を紹介します。

大石りくの苦労が報われる時

大石内蔵助が遊興三昧をしているなかで、赤穂浪人達に悔しくないのかと責められても、大石りくは夫の志を信じて疑いませんでした。大石内蔵助が別れを告げる時に、今までよく我慢してくれたと感謝をして、大石りくの苦労が報われる時が来たのです。今から考えてみると、夫が仕事を放り投げてキャバクラへ毎日遊びまくって、夫の部下になじられるようなものですからね。それはよく耐えたと想いますよ。

伊東四朗さんの名演技

この「忠臣蔵」が成功したのも、ひとえに伊東四朗さんの名演技による吉良上野介の悪人ぶりのお陰と言っていいでしょう。吉良上野介が何度も浅野内匠頭をいじめたり、赤穂浪人をあざ笑う所などは、ひどい人物だなぁと想ってしまいます。この悪人ぶりが、赤穂浪人達が決起する時は、気分がスッキリするのでしょう。

忠臣蔵 DVD-BOX