晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

忠臣蔵 (最終話)瑤泉院役の櫻井淳子が大石内蔵助を侮辱!

屋敷の中で密かに勧められた計画

『忠臣蔵 最終話 討入り 狙うは怨敵・吉良上野介の首でござる!』では、瑤泉院(演:櫻井淳子)が、大石内蔵助(演:松平健)を侮辱してしまうのです。

いよいよ、最終話で仇を討とうというのに、なぜ、そのような事になったのか詳しく紹介しましょう。

『忠臣蔵』のキャスト

『忠臣蔵』は、2004年10月18日から12月13日まで放送された歴史ドラマです。

監督&脚本

『忠臣蔵』の監督や脚本の情報は、以下の通りになっています。

  • 監督:齋藤光正
  • 脚本:古田求

登場人物&役者

『忠臣蔵』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

浅野家 
  • 浅野内匠頭(演:沢村一樹)/赤穂藩の藩主
  • 浅野大学(演:藤巻裕己)/内匠頭の弟
  • 阿久里-瑤泉院(演:櫻井淳子)/内匠頭の奥方
  • 戸田局(演:野際陽子)/阿久里-瑤泉院に仕える人物
  • 大石内蔵助(演:松平健)/赤穂藩の家老
  • 大野九郎兵衛(演:石田太郎)/赤穂藩の家老
  • 大石りく(演:田中好子)/蔵之介の奥方
  • 大石主税(演:山崎裕太)/蔵之介の子息
  • 大石瀬左衛門(演:藤岡太郎)/浅野家の家臣
  • 片岡源五右衛門(演:羽場裕一)/浅野家の家臣
  • 大高源吾(演:石丸謙二郎)/浅野家の家臣
  • 吉田忠左衛門(演:寺田農)/浅野家の家臣
  • 寺坂吉右衛門(演:梨本謙次郎)/浅野家の家臣
  • 堀部弥兵衛(演:佐野浅夫)/浅野家の家臣
  • 堀部安兵衛(演:宇梶剛士)/弥兵衛の後継
  • 磯貝十郎左衛門(演:安藤一夫)/浅野家の家臣
  • 岡島八十右衛門(演:遠山俊也)/浅野家の家臣
  • 赤埴源蔵(演:永島敏行)/浅野家の家臣
  • 不破数右衛門(演:寺島進)/浅野家の家臣
  • 岡野金右衛門(演:要潤)/浅野家の家臣
  • 神埼与五郎(演:村井克行)/浅野家の家臣
  • 矢頭右衛門七(演:冨田翔)/浅野家の家臣
  • 小山田庄左衛門(演:高知東生)/浅野家の家臣
  • 毛利小平太(演:森岡豊)/浅野家の家臣
  • 奥田孫太夫(演:大出俊)/浅野家の家臣
  • 勝田新左衛門(演:北原雅樹)/浅野家の家臣
  • 前原伊助(演:志村東吾)/浅野家の家臣
  • 高田郡兵衛(演:山下徹大)/浅野家の家臣
  • 原惣右衛門(演:成瀬正孝)/浅野家の家臣
上杉家
  • 上杉綱憲(演:榊英雄)/米沢藩の4代藩主
  • 吉良上野介(演:伊東四朗)/上杉綱憲の父
  • 千坂兵部(演:夏八木勲)/上杉家の家老
  • 小林平八郎(演:春田純一)/千坂兵部の家臣
  • 梅(演:大家由祐子)/千坂兵部の女間者
  • 清水一角(演:松重豊)/小林平八郎に使える家臣
幕府側(浅野・上杉の両家以外)
  • 徳川綱吉(演:津川雅彦)/徳川5代将軍
  • 柳沢吉保(演:中原丈雄)/綱吉の側用人
  • 多門伝八郎(演:片岡鶴太郎)/内匠頭に情けをかける武士
  • 脇坂淡路守(演:村上弘明)/内匠頭とは竹馬の友の仲
  • 加古川本蔵(演:平泉成)/淡路守の重臣
  • 戸無瀬(演:戸田恵子)/本蔵の奥方
  • 小浪(演:前田亜季)/本蔵と小浪の娘
  • 荻生徂徠(演:橋爪功)/大石内蔵助の処罰を進言する人物
  • 垣見五郎兵衛(演:江守徹)/大石内蔵助と対峙する人物
  • 土屋主税(演:北大路欣也)/赤穂藩士を褒め称える人物
そのた
  • 天野屋利兵衛(演:藤田まこと)/商人
  • 畳屋文吉(演:高橋元太郎)/浅野家の畳替えに尽力
  • お信(演:大路恵美)/清水一角に尽くされる女性
  • 浮橋太夫(演:池上季実子)/蔵之介を慕う女性
  • 宝井其角(演:高橋長英)/石丸謙二郎と交流のある文化人
  • お島(演:美保純)/小山田庄左衛門の面倒を見る女性
  • お艶(演:前田愛)/大工の棟梁の娘
  • ナレーション(演:奈良岡朋子)/物語を説明する女性

『忠臣蔵』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『忠臣蔵』の全9話のストーリー・名言・感想などを見る事ができます。

www.akira-blog.com

最終話『討入り 狙うは怨敵・吉良上野介の首でござる!』のストーリー

大石内蔵助は、南部坂を訪れて、瑤泉院に仇討ちの事を言おうとしますが、そこに何と上杉家の女間者が潜んでいたのです。

それに気づいた大石内蔵助は、仇を討つ気がない事を言ってしまい、瑤泉院は「不義不忠の臣、腰の抜けた犬侍!顔を見るのも嫌じゃ」と立ち去っていきました。

そこで大石内蔵助は、戸田局に歌を書いた巻物を渡しますが、呆れられてしまいます。

ところが、その日の夜に、女間者が巻物を盗もうとしている事に気づき取り押さえたら、女間者は舌を噛み切って自害したのです。

戸田局は、慌てて瑤泉院のもとへ持っていき「御台様、これをご覧下さいませ、大石殿が御台様へとおことづてになった、この一巻を。仇討ちの!連判状でございますぅ〜」とすがるように巻物を渡したのです。

瑤泉院は「えぇ!」と驚きながら巻物を読んでいく中で、戸田局は「先ほどは女間者の目を悟り、お心になき事を」と力なく教えるのです。

瑤泉院は「そうとも知らず、浅はかに口をきわめて。内蔵助、許してたも」と涙を流してしまいます。

その頃、大石内蔵助は集まりし赤穂浪人たちの前で「目指すは本所松坂町、狙うは怨敵吉良上野介ただ一人でござる!」と言い放ちますが、仇を討つ事はできるのでしょうか?

最終話「討入り 狙うは怨敵・吉良上野介の首でござる!」の名言

忠臣蔵の最終話でいくつか名言が出たので紹介します。

瑤泉院の罵詈雑言

瑤泉院が、仇を討つ気がないと言った大石内蔵助に言った言葉です。

 不義不忠の臣、腰の抜けた犬侍!顔を見るのも嫌じゃ。

不義とは義理の無い事で、不忠とは忠義心の無い事を言います。犬侍とは武士にとって最悪とも言うべき言葉でしょう。

瑤泉院の落胆は、よく理解出来ますが、そこまで言うなよと思ってしまいます。大石内蔵助の無念はいかばかりだったかと思いますね。

大石内蔵助の辞世の句

 大石内蔵助が切腹をする前に詠んだ辞世の句です。

あら楽し 思いは晴るる 身は捨つる 浮き世の月に かかる雲なし

この辞世の句の意味は、大望を遂げて、思い残す事はなく何と楽しい事か。今宵見上げる月に雲がひとつもかかっていないように、私の心は澄み切って満足しているという意味でしょう。

恐らく日本の歴史上でこれほど満足した辞世の句は大石内蔵助だけではないでしょうか?

ただし、この辞世の句も大石内蔵助本人が詠んだかどうかは疑われています。それでも、これほど大石内蔵助の最後に相応しい言葉はないでしょう。

最終話「討入り 狙うは怨敵・吉良上野介の首でござる!」の感想

忠臣蔵の最終話についての私の感想を紹介します。

瑤泉院のシーン

瑤泉院が、仇討ちの連判状を見る時に出来れば、赤穂浪士の名前を1人ずつ読み上げて欲しかったですね。違う忠臣蔵では、それを読み上げるものがあったんですよね。

それは、麻乃佳世さんが瑤泉院役を演じた時でした。しかし、毎回思うのは瑤泉院はいつも奇麗な女優さんが演じる所が好きです。それでも、櫻井淳子さんが演じた今回の作品の瑤泉院も迫真の演技で好きですね。

犬公方の決断

このDVDでは紹介されていませんが、赤穂浪士達が切腹されるのと同日に、吉良家がお取り潰しになる事を犬公方である徳川綱吉は決断しています。

大石内蔵助は、最後の最後で神君「徳川家康」公が定めた「喧嘩両成敗」が叶った事を喜んだと言われています。その辺りまでしっかりと演じて欲しかったと思いましたね。

忠臣蔵 DVD-BOX