AKIRAブログがグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽を紹介

現在は購入できない広告リンクがあるので、少しずつ調整している次第です

その日のまえに(重松清)の書評

大切な人との関係

大切な人が亡くなってしまう日が近づく中で、その日がくる前に出来る事はなかったのかと悩みながら前へ進もうしていく小説『その日のまえに(重松清)』のネタをバラさないように紹介するので、ご覧になってみて下さい。

「その日のまえに」のストーリー

残された日を数える日々

大切な人が亡くなってしまう物語が5つも紹介されていくのが『その日のまえに』です。この物語によって、亡くなってしまう方が、同級生・母親・妻と関係性が違っていますが、大切な人が亡くなる日まで、何かできる事はないかと苦しんでいく人達が描かれていきます。

そして、大切な人が亡くなってしまう日が少しずつ近いづいていく中で、なぜ、自分の大切な人が亡くなる人間として選ばれたのだろうかと神様を恨んでしまう人物も現れてしまいます。そして大切な人は亡くなってしまっても、前へ向いて歩んでいくしかないと決意していく物語です。

「その日のまえに」から伝わる事

残された日々の残酷さ

誰しも大切な人は一人か二人はいるでしょう。その人が近くにいれば安心できるので、近くにいる事が当たり前のように感じてしまいます。所が、その関係は、いつ終わりを告げてもおかしくありません。そして、その終わりは、気づかないうちに迫っているのです。この小説に登場する人物は、なぜ、その事に気づかなかったのかと自問自答してしまいます。

そのため、この小説から伝わってくる事は大切な人との関係はいつ終わってもおかしくないので、1秒でも無駄にしてはいけないという事です。そして、その日が来るまでにするべき事をしっかりと行って、その日を回避する事が重要である事も伝わってきます。

「その日のまえに」の見所

大切な人との思い出

この物語はファンタジーっぽくないファンタジー小説と言ったら良いでしょう。神様が無情にも大切な人を奪っていく事に、歯がゆさを感じながら、その日が来る前に戻れるものなら……と思いたくなるような物語が5つも登場するのです。

その5つの物語の中でも、私が特に心を動かされたのは、母親が亡くなりそうになる物語でしたね。なぜかと言えば私は結婚もしていないし、昔の同級生と会う事もないので、同級生が亡くなる事についてリアリティーを感じないからです。

そのため母親が亡くなってしまう物語が一番リアリティーを感じましたし、最も困る事で辛い未来だなと思った訳です。そのため、この小説の最大の見所は、身近にいる人の大切さを思い返すように促してくれる所でしょう。

保存