映画『るろうに剣心』シリーズのキャスト・ストーリー・見所を紹介!

幕末を舞台にした街並み

映画『るろうに剣心』シリーズの第1〜3部作を見ていない方のために、ネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・見所などを紹介するので、ご覧になってみて下さい。

『るろうに剣心』のストーリー

www.akira-blog.com

幕末の時代に、新時代のために剣をふるっていた男が緋村剣心でした。彼の懸命の働きもあって、新政府が明治維新を成し遂げましたが、剣心は剣を捨てて流浪の旅を始める事にしたのです。

その流浪の旅に運命の人『神谷薫』と出会います。しかし神谷薫が受け継いだ道場は危機にひんしていました。そこで剣心が奮闘しようとしますが、それを邪魔しようとする者が、金の亡者である『武田観柳』です。武田観柳は冷酷な男だったので、この男に従っていた高荷恵はもうついていけないと考えて剣心の元へ逃げていきます。

剣心は、もう武田観柳は捨て置けないと考えて、街で知り合った相良左之助と共に武田観柳の館へ突入していくのです。

『るろうに剣心 京都大火編』のストーリー

www.akira-blog.com

剣心は薫や左馬之助と共に平和を楽しんでいましたが、その平和をぶち壊そうとする者『志々雄真実』が登場します。この男は同士である明治政府の高官たちに裏切られたので、明治政府を転覆しようと動き出したのです。明治政府の高官たちは、剣心に志々雄真実を倒すように頼みます。しかし薫たちは、関係のない剣心が行く必要がないと反対をします。

所が志々雄真実は、明治政府のリーダーである大久保利通を密かに亡き者にしたので、ついに剣心は志々雄真実がいる京都へ旅立つ事にします。その京都には旧幕府の隠密御庭番衆の操と出会う事になって、剣心に協力していく事になります。そこへ志々雄真実は京都を火の海にする計画を実行しようとしました。剣心は、幕末で激しく戦いあった新撰組の斎藤一と協力して京都を守ろうとします。はたして剣心たちは京都を守る事ができるのでしょうか?

『るろうに剣心 伝説の最期編』のストーリー

www.akira-blog.com

志々雄真実の京都を火の海にするという計画は、目くらましで、実は軍船で東京を砲撃する事が真の目的でした。剣心たちは東京へ戻ろうとしますが、志々雄真実は明治政府に剣心を処刑するように要求してきたのです。戦いの準備が完了していなかった明治政府は、その要求を拒む事ができなくて剣心をお尋ね者として探し始めます。

そして剣心は遂に明治政府に捕まってしまって、処刑場へ歩かされてしまうのです。薫や左馬之助たちは、こんなバカな話があるのかと憤慨します。はたして、剣心はこのまま処刑されてしまうのでしょうか?

『るろうに剣心』シリーズのまとめ

京都のお城

日本には様々なアクション映画や、漫画を実写化した映画があります。その数多くある映画の中でも、るろうに剣心ほど激しいアクションシーンや原作に忠実だったシリーズは少ないでしょう。俳優や女優さんたちの中には原作のキャラクターに似ていない方もいますが、そこは高い演技力でカバーをしていて、見ごたえのある映画になっています。

原作の漫画『るろうに剣心』を読んでいない方でも、ここまで激しいアクションシーンが展開される映画は見ておいて損はしないでしょう。