AKIRAブログがグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽を紹介

現在は購入できない広告リンクがあるので、少しずつ調整している次第です

『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』の罰ゲームや見所

科学実験で思いつくアイディア

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!祝 ダウンタウン結成35年記念 永久保存版 絶対に笑ってはいけない科学博士24時』のDisc1〜4に収録されている罰ゲームや見所を紹介するので、まだ見ていない方は、どのような内容が収録してあるのか参考にしてみて下さい。

『絶対に笑ってはいけない科学博士24時(1)』の罰ゲーム

DVD鑑賞

笑ってはいけないシリーズでは、引き出しネタで、田中直樹さんがDVDトラップによって苦しめられていました。所が、今回の科学博士では遠藤章造さんの引き出しにDVDが入っていたのです。これには田中直樹さんが、今までとは違う流れを感じて喜びにひたります。

さらに方正さんの引き出しには、ドッキリを仕掛ける道具が用意されていたのです。方正さんは、どのような意味があるのか困惑している中で、次々にゲストが出演していき、方正さんは苦しめられていきます。

www.akira-blog.com

『絶対に笑ってはいけない科学博士24時(2)』の罰ゲーム

親睦会の会話

ガキの使いのメンバーたちは、親睦会に参加させられる事になって、ここでは様々なゲームが行われる事になりました。所が、浜ちゃんが自分の事を褒めるゲームの所で、周りの人間たちから大ブーイングを受ける事になってしまいます。

そしてガキの使いのメンバーたちは、科学研究所から特別訓練場へ向かうために、バスへ乗り込む事になりました。所が、そのバスへ視覚探偵(演:松坂桃李)が乗り込んできて、ガキの使いのメンバーたちの恥ずかしいプライバシーを次々に暴露していく事になるのです。

www.akira-blog.com

『絶対に笑ってはいけない科学博士24時(3)』の罰ゲーム

煙幕から登場

ガキの使いのメンバーたちが、所長の所へ挨拶に向かったら、そこに現れた所長は何とサンシャイン池崎さんでした。サンシャイン池崎さんはハチマキ姿で、ハイテンションで自己紹介していき、なぜかクレジットカードの番号を知らせようとするのです。そして所長は、セクシー所長へ変身する実験を行おうとします。そして白い煙が充満した後に現れたのが、斎藤工さんだったのです。ガキの使いのメンバーたちが、思わぬ人物が現れた事で、思わず笑ってしまいます。

そしてガキの使いのメンバーたちは、新人研究室で、ハッピーボーイ(演:岡田圭右)と名誉教授(演:上川隆也)たちによって、次々に科学実験に付き合わされる事になります。この実験によって、ガキの使いのメンバーたちに質問をしていき、間違えてしまったら厳しいお仕置きが待っていたのです。

www.akira-blog.com

『絶対に笑ってはいけない科学博士24時(4)』の罰ゲーム

ベッドで行われる実験

新人研究室のTV画面に、ジミー大西さんが酒に酔っ払うシーンが映し出されます。酔っ払ってしまったジミー大西さんは、マネージャーによって自宅の部屋で寝てしまいます。そこで宮川大輔さんが、ジミー大西さんに様々ないたずらをして、どのタイミングで起きるのか実験を行います。しかし、どのようなイタズラをしても起きようとしないので、思わずガキの使いのメンバーたちは笑ってしまうのです。

VTRの映像が終わった後に、科学研究所内で危険薬品を開発している事が発覚して、ガキの使いのメンバーたちは講堂に集合させられます。そこへ登場したのが、研究開発室長『蝶野正洋』さんでした。蝶野正洋さんは、ある特殊なライトを使って、危険薬品を作った者をつきとめます。しかし、その者は違う者に罪をなすりつけようとして、ガキの使いのメンバーたちを笑わせていくのです。

www.akira-blog.com

『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』の見所

科学者による見所の発表

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!祝 ダウンタウン結成35年記念 永久保存版 絶対に笑ってはいけない科学博士24時』のDVDでは、科学者らしく科学実験が行われていくのが、特徴的でした。そのような内容になっているので、親子で一緒になって楽しみながら見れるような内容になっています。

それでも私が最も面白く感じたのは、視覚探偵ですね。視覚探偵である松坂桃李さんが、臆する事もなくガキの使いのメンバーたちの恥ずかしいプライバシーを毒舌で暴露していくのは、科学博士24時の最大の身所ですね。