吉野朝太平記 4の書評!南朝が京都から奈良へ遷都

京都御所の画像

吉野朝太平記 4では、楠木正儀が遂に京都を奪還します。しかし足利義詮が5万もの大軍で京都に迫ってきました。楠木正儀に動かせる兵はわずか3千だったので、ある秘策を実行に移そうとします。そこで、吉野朝太平記 4を読んだ事がない方のために、あまりネタをバラさないように詳しく紹介します。

『吉野朝太平記 4』のストーリー

吉野の館

一旦は南朝に寝返った赤松則祐でしたが、今度は南朝に攻勢をしかけてきました。これによって、楠木正儀は、東に足利義詮・西は赤松則祐に、挟み撃ちに合う事になってしまったのです。さらに足利義詮が率いる兵力は5万を数えるほどの大軍だったのに対して、楠木勢はわずか3千でした。そこで楠木正儀が考えたのが、九州の足利直冬を赤松則祐と戦わせる事でした。

実は、足利直冬の愛妾『敷妙』は、楠木正儀に忠義を尽くす女性だったのです。敷妙は楠木正儀の密命に従って、足利直冬に1日も早く赤松則祐を襲うように促しますが、足利直冬はその言葉に耳を傾けようとしません。

楠木正儀は、足利直冬が間に合わないものと見て、京都から撤退する事を決意します。しかし足利義詮は、楠木に煮え湯をのまされたので、このまま黙って見過ごす訳がありません。そこで楠木正儀は軍を二手に分けて、二千の兵を出撃させて足利義詮の注意を引きつけている間に、残り一千の兵で上皇を始め多くの公家たちを奈良へ移らせたのです。

楠木勢は苦戦を強いられますが、無事に遷都を成し遂げたのです。その頃、敷妙は足利直冬を動かす事ができなかったので、逆に赤松則祐を動かす事を計画します。赤松則祐はお睦という女性に執心だった事を逆手に取って、赤松則祐と足利直冬を戦わせる事にしたのです。その策謀に赤松則祐は騙されて、足利直冬と戦に及ぶ事になります。

坂東(関東)では、足利尊氏が弟である直義に毒を盛った事を後悔していたのです。なぜなら弟を始末すれば日の本に泰平の世が訪れるものと思っていたのに、足利直冬が北朝に攻勢をしかけてきたので、直義を始末したのが大きな誤りだったと思っていました。そのような時に、ある禅師から楠木正儀が三種の神器まで持ち出した事に、足利尊氏は衝撃を受けて、容態を悪化させてしまったのです。はたして南北朝の行方はどうなってしまうのでしょうか?

『吉野朝太平記 4』から伝わる事

徳川家康の居城

楠木正儀は余裕がなかったとは言え、北朝を牽制するために、足利直冬の来援に頼ってしまいました。しかし敷妙を暗躍させても、その策は上手くいかず手に入れたばかりの京都を失う事になってしまったのです。この事から分かる通りで、何か事を起こす場合には、失敗した後の事まで考えておく必要があります。

実際に戦国時代の徳川家康は、できる限り親子が一緒にいないようにしていました。それは親子ともども襲われたら徳川家がなくなってしまうからです。そのため、何か目標を持って、実行に移す時は退路を断つような事はしないで、失敗した後の備えを準備した上で実行する事が重要でしょう。

『吉野朝太平記 4』の見所

京都御所の入り口

吉野朝太平記 4では、楠木正儀が京都から撤退する時に、決死の作戦を実行に移します。その策は見事に的中して、北朝は帝もいなければ三種の神器もない状況に陥ってしまうのです。その見事な戦のかけひきが、吉野朝太平記 4の大きな見所です。