『指原の乱 Vol.1 Dicc2』のメンバー・内容・見所

映画を製作するシーン

DVD『指原の乱 Vol.1 Dicc2』では、指原莉乃さんがHKT48の映画を製作しようとしますが、予想外の展開になってしまいます。そんな指原莉乃さんに追い打ちをかけるように、馬主計画でも大きな苦難が待ち構えていたので詳しく紹介します。

『指原の乱 Vol.1 Dicc2』のメンバー

映画を表す画像

指原の乱 Vol.1 Dicc2では、多くの業界人が、AKB48の総選挙で1位にもなった指原莉乃さんに遠慮なく接していきます。

  • 指原莉乃(HKT48)
  • 渡辺美優紀(NMB48)
  • 小嶋陽菜(AKB48)
  • 福田雄一(映画監督)
  • 青木宏行(光文社)
  • 谷口晴紀(講談社)
  • 阿部秀司(映画プロデューサー)
  • 山田雅子(映画プロデューサー)
  • 山崎貴(映画監督)
  • 毛利忍(プロデューサー)

『指原の乱 Vol.1 Dicc2』の内容

競馬を観察

指原莉乃さんは、自分の冠番組を盛り上がるために、映画製作や馬主計画などに挑んでいきますが、それは総選挙で1位を取った事もあるアイドルでも苦戦する事になります。

HKT48の映画を作りたい

指原莉乃さんは「映画を作りたいんですけど」と言ったら、阿部秀司に「作れば?」と言われて「全然関係ないから適当!」と言うハメになります。そんな非協力的な対応をされたので、福田雄一さんの知り合いであるプロデューサー山田雅子さんに会いに言って、映画の話をする事になりました。

もはや映画製作はダメかなと思っていた所で、非協力的な阿部秀司さんが、映画監督として有名な山崎貴さんにアポを取ってくれたのです。指原莉乃さんは「アメとムチだな」と言いながら感謝をします。

指原莉乃さんたちは山崎貴監督に対面する時に「監督〜!おじゃまします」と言ったら「知ってる人みたいだね。一緒に仕事したっけな」と苦笑いされるのです。必死に映画製作しようと食い下がる指原莉乃さんでしたが、山崎貴は3年先までスケジュールがいっぱいになっている事に、キレ気味で映画製作を諦めます。これには山崎貴監督も「キレちゃった」と笑ってしまいます。

指原に絶品焼肉を食べさせたい

福田雄一さんは、あまり肉の味が分からない指原莉乃さんに焼肉をご馳走しようとします。そこで福田雄一さんは「演出は甘いが焼肉には厳しい」と、自慢を始めました。そして福田雄一さんは大物ゲストが来る事を伝えたら、指原莉乃さんは大喜びしますが、来てくれたのが、光文社の青木宏編集長だったので「今、撮影中なんで」と無理に帰らせようとします。

期待しただけに指原莉乃さんのショックは大きかったので、福田雄一さんは次の大物ゲストを呼びますが、指原莉乃さんは「もう期待しない」と言ってしまいます。所が、次に登場したのがNMB48のみるきー(渡辺美優紀さん)だった事が分かったら、指原莉乃さんのテンションは一気に上がって大喜びします。

所が、みるきーは「指原の乱で、みるきーのコーナー作って下さい」と頼みますが、指原莉乃さんは「視聴率めっちゃ悪いよ」と言います。そんな言葉にめげず、みるきーは「じゃあ、みるきーの乱にしましょう」と堂々と番組乗っ取りを宣言して、指原莉乃さんは仰天して「やばいやばい」と焦ってしまうのです。

馬主になるためにまず競馬をしたい

指原莉乃さんは馬主計画を実行しようとしますが、その前にまず競馬をしようという話になりました。そこで、指原莉乃さんは名前にインパクトがある『マモルモセメルモ』に決めます。そこで、福田雄一さんはまず指原莉乃さんの財布を調べて、いくらお金を使うかという話になりました。

所が、指原莉乃さんの財布から『マロニー』を買ったレシートが多く出てきました。指原莉乃さんは「マロニー大好き」と人気アイドルなのに意外と節約していた事が分かったのです。

しかし、思ったような結果にはならなくて「まじかよ、マモルモセメルモ。一生忘れないと思うマモルモセメルモって名前」と力なくつぶやきます。その後も指原莉乃さんは、負け続けてしまったので、福田雄一さんは「もう馬主企画がなくなる空気になってる?」と笑って、映画製作に続いて馬主計画も頓挫するのです。

指原の乱 大忘年会

福田雄一さんは、こじはる(小嶋陽菜さん)と一緒に忘年会をする事にします。こじはるの写真集を見せてもらって、福田雄一さんは「やっぱ写真集って、こういう人が出すべきだと思うんだよ」と納得して、こじはるは笑ってしまいます。そこで、こじはるは、指原莉乃さんの写真集について「どんな感じなんですか?」と聞いてみます。

一緒に仕事をしていたのに、福田雄一さんなのに「知らね」と即答して、こじはるさんを笑わせます。そこへ指原莉乃さん・谷口晴紀さん・毛利忍さん・みるきーたちが続々と参加してきます。そこで、指原莉乃さんは「笑っていいともに主演する事が決まって、嬉しかったなぁ」と感慨深くなります。

そして、ある音楽番組の話が始まって、リングの怖い映像が流れた時に、みるきーが顔に手を当てて「怖い〜!」と言ったのにスタッフから「ワイプ終わりました」と言ったら、みるきーが手を下げて無表情に切り替わったのです。それに指原莉乃さんは「プロだな」とバラしてしまうのです。みるきーは、その事について照れながら困ります。

『指原の乱 Vol.1 Dicc2』の見所

焼肉の赤み

指原の乱 Vol.1のDicc1では、福田雄一さんが良い味を出していましたが、Disc2ではみるきーが加わる事によって、さらにトークが盛り上がっていく事になります。特に『指原の乱』から『みるきーの乱』にしようとする辺りは、みるきーの小悪魔ぶりが発揮されて面白かったですね。

私個人の話をさせてもらえれば、指原の乱が終わったのなら、是非とも福田雄一さんにはみるきーとタッグを組んでもらって、みるきーの乱を始めて欲しいです。

指原の乱 vol.1 DVD(2枚組)