映画『予告犯』新聞男が正義の鉄槌を下す爽快なドラマ?

映画『予告犯』では、動画配信で、法律で裁けない悪人を制裁する事を宣言する予告犯罪が連続で起きてしまいます。 その予告犯は、次第に多くのネットユーザーに支持されるようになりましたが、警察は執拗に予告犯を捕まえようと動き出します。そこで、この映画のネタをバラさないようにキャスト・ストーリー・感想を紹介しましょう。

『予告犯』のキャスト

新聞紙でマスクを作成

2015年6月6日に日本で上映された『予告犯』は、日本のサスペンス映画になります(DVDの収録時間は119分)。

  • 監督:中村義洋
  • 脚本:林民夫 

映画『予告犯』に出演している一部のキャストを紹介します。

  • 奥田 宏明/予告犯(演:生田斗真)
  • ヒョロ/フィリピン系日本人(演:福山康平)
  • 葛西 智彦/ゲイツの仲間(演:鈴木亮平)
  • 木村 浩一/ゲイツの仲間(演:濱田岳)
  • 寺原 慎一/ゲイツの仲間(演:荒川良々)
  • 吉野 絵里香/女性警部(演:戸田恵梨香)
  • 北村/公安(演:田中圭)
  • ハローワーク職員(演:野間口徹)
  • イベントの司会者(演:ブラザートム)
  • CMモデル(演:菜々緒)
  • 設楽木 匡志/衆議院議員(演:小日向文世)
  • 岩渕 颯太/アルバイト店員(演:輝山立)
  • 西 啓吾/大学生(演:北本哲也)

『予告犯』のストーリー

ネットカフェ

インターネットで、新聞紙で作られたマスクを頭から被った男が、ある動画を配信するようになりました。その動画の配信では、悪どい人間なのに法律では裁けない者を、自らの手で裁く事を予告する動画だったのです。まず新聞男は『アジサンフーズ株式会社』に制裁する事を予告します。この会社は多くの重症者を出しておきながら、法律が悪いと逆ギレ会見した企業だったのです。

女性警部の吉野は、部下たちと一緒に動画配信を調べ始めていました。そこで、ある部下は動画で配信されている部屋に、ピットボーイと呼ばれるネットカフェのイメージキャラクターが貼られているポスターが映った事に注目。その事を考えたら、ピットボーイの支店がある神奈川や埼玉から発信されたものと断定します。ピットボーイには東京にも支店がありますが、東京の支店は身分証明書の提出が義務付けられているので、東京ではないと推測しました。その時に、ニュースで予告された会社から火災が起きている事に吉野警部たちは気付きます。

そのニュースでは、新聞男が制裁を成功した事を喜ぶようにひっそりと映っていたのです。さらに新聞男は、飲食店の元アルバイト店員で、料理店でゴキブリを揚げるメニューをネットで配信した者を制裁しようと予告します。なぜなら、この店はこれが原因で閉店の危機にさらされていたからです。新聞男は、元アルバイト店員を椅子にしばりつけて虫のてんぷらを強引に食べさせる動画を配信します。吉野警部は「ふざけてるわね」と嫌悪感を示します。

新聞男は、次に、性犯罪にあった女性について「男にホイホイついていく女も悪い。自業自得じゃねえの?」とSNSで発信していた大学生である西啓吾をターゲットにします。予告犯は「元気があって、大変よろしい。彼には特別な元気玉を注入してやろう」と予告。吉野警部は、西啓吾に事情を聞こうとします。西啓吾によれば、バイトの帰り道に小太りの男性が話しかけてきたので、弁護士で怪しそうだったけど、予告犯について調べていると言ったので、話だけでも聞いておこうと思ったというのです。

西啓吾は後ろから不意打ちされて、気づいた時には、しばりつけられて後ろから、異物を押し込まれたというのです。吉野警部の部下は渋い顔で「元気玉、注入か」とつぶやきます。西啓吾はたまらず「警察は守ってくれないどころか、俺の事ひやかしに来たんですか?学生証はさらされるし内定は取り消されるし、あげく拉致監禁って。俺そんなに悪い事しましたか」と抗議します。それに対して吉野警部は「自分でホイホイついて行ったんでしょ?自業自得じゃねぇの……て言われたら、どう思う?」と言い返すのです。

しかし吉野警部は新聞男を探し続けます。そして発信元を調べたら、神奈川にあるピットボーイの支店でした。しかし発信元に使われていた席は空席だったのです。しかし新聞男は、さらに32歳すぎの中年男性が面接に来た者をインターネットで中傷した面接官に制裁をしたのです。吉野警部は止めようとしますが、再び止められませんでした。

しかし警察は動画に映っている予告犯の体型が違う事に気付きます。その頃、予告犯である奥田宏明は、派遣社員だった時に、正社員になれるように努力をしていた頃を思い出していました。しかし社長は正社員にするつもりなどは無く、奥田宏明に無理な仕事を押し付けてきたのです。仕事は夜になっても終わらず居眠りをしていたら、社長が近づいてきて、プログラマーの仕事から掃除の仕事に移してしまったのです。

周りの社員たちは優しい声をかけますが、影では派遣社員である奥田宏明をバカにするメッセージを送信していて、奥田宏明は転職活動をする事になります。しかし職歴に空白の時期があっては、まともな職につく事ができなくて困り果ててしまいました。そこで葛西智彦に声をかけられて、面接や履歴書などが必要なく仕事ができる肉体労働の仕事をする事になりました。

そこの現場では、労働者を人間扱いされませんでしたが、同じ境遇にあるフィリピン系日本人や、葛西 智彦・木村 浩一・寺原 慎一と知り合う事ができます。4人は似たような境遇だったので、お互いの夢を語り合いますが、寿司をいっぱい食べたいとか、恋人が欲しいとか、そのような夢ばかりでした。しかしフィリピン系日本人だけは、父親が日本人で、その父親に会いに来たと言うのです。奥田宏明は、フィリピン系日本人が細い体型をしていたので、ヒョロというニックネームを付けます。

そして予告犯は、匿名希望で投稿できるような掲示板をなくす事をテレビ番組で提案した衆議院議員をターゲットに指名します。これに警察は、公安まで動いて予告犯を追い詰めようとします。警察は予告犯がピットボーイを利用する際に、ネルソン・カトー・リカルテという名前を使っている事に気付きます。この名前をもとに公安が割りだした情報で、一気に予告犯を追い詰めようとします。はたして予告犯の本当の狙いは何なのでしょうか?

『予告犯』の感想

ブラック企業を見つめる男性

この映画では、日本社会に苦しめられている人間たちが、悪どい人間たちを予告した上で追い詰めていく独創的なストーリーになっています。そのような独創的な映画を見た私の感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

予告犯の残念な所

この映画は途中まで、悪どい人間たちを制裁してくので、気分がスカッとするものでした。しかしラストを見たら、そういうものだったのかと少し気分がガックリとくるものだったのです。そういうラストシーンは望んでいないんだけどなと思うもので、日本の社会の悪い部分に不満がある方は、ラストシーンにはあまり満足できない可能性があるのは残念な所ですね。

予告犯の見所

社会的に弱者になるまで追い詰められた者が、復讐するのは見ていて、気分がスカッとするものでした。しかし、この映画では新聞紙のマスクを頭に被るというインパクトのある人物が、予告犯罪を実行するので、視聴者の心を大きく揺さぶります。

そのため、私はインパクトのある姿をした者が、社会に復讐していく所が、この映画の大きな見所だと思いますね。