AKIRAブログがグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽を紹介

現在は購入できない広告リンクがあるので、少しずつ調整している次第です

映画『ミニオンズ』謎に包まれた生い立ちが遂に判明!

ミニオンズは、太古の昔から存在していて、長い年月をかけて自分たちを率いてくれるボスを探していました。しかし氷の洞窟に滞在してから仲間たちは気が緩んでしまったので、ケビンたちがボスを見つけるための旅に出かけます(ネタバレなし)。

『ミニオンズ』のキャスト

ミニオンズの旅立ち

引用:http://eiga.com/movie/81184/gallery/3/

アメリカ合衆国で作られたCGアニメ『ミニオンズ』は、怪盗グルーシリーズのスピンオフ作品で、日本では2015年7月31日に上映されました。DVDの収録時間は、91分になります。

  • 監督:ピエール・コフィン&カイル・バルダ
  • 脚本:ブライアン・リンチ

映画『ミニオンズ』に出演している一部のキャスト(声優)を紹介します。

  • ケビン/ミニオンズのリーダー格(声:多田野曜平)
  • スチュアート/バナナ好きのミニオン(声:青山穣)
  • ボブ/無邪気なミニオン(声:佐藤せつじ)
  • スカーレット/カリスマ的な悪党の美女(声:天海祐希)
  • ハーブ/スカーレットの夫(声:宮野真守)
  • エリザベス女王/イギリスの女王(声:雨蘭咲木子)
  • グルー/ミニオンズのボスになる人物(声:笑福亭鶴瓶)

『ミニオンズ』のストーリー

スカーレットの登場

引用:http://eiga.com/movie/81184/gallery/3/

ミニオンズはボスを敬って、そのボスをキープする習性がありました。そのため、ボスが亡くなったら、他のボスを探す習性もあったのです。しかしボスが見つけられない時期があって、氷の洞窟に避難するようになります。

ミニオンのケビンが決起(起)

氷の洞窟の中は、平和な所でしたが、ボスがいてこそのミニオンズです。本来のあるべき姿ではなかったので、ケビンは頭を悩ませていました。そこで、ケビンは氷の洞窟から出て、自分たちを率いるボスを探そうとします。

そこでケビンは一緒にボスを探す旅に同行してくれる者を募集します。そこに無邪気なボブやスチュワートたちが手をあげます。ボブは少し頼りなかったのですが、スチュアートも参加してくれる事もあって、ケビンは自身を持って旅立っていきました。

大悪党大会へ参加(承)

ケビンたちは、1968年にアメリカ合衆国のニューヨークへ到着します。そこでケビンたちはホテルに忍び込んで、テレビをつけてみたら、オーランドで『大悪党大会』が行われる事を知ります。

この大会へ参加したらボスが見つけられると思いたちます。ケビンたちはヒッチハイクをして、悪党に車の中へ乗せてもらいます。この悪党たちは途中で銀行強盗をするので、パトカーと激しいカーチェスを行う事になりますが、何とかオーランドに到着。

スカーレットからルビーをゲット(転)

大悪党大会では様々な悪党が集結していましたが、その中でも注目を集めていたのがスカーレットでした。このスカーレットという女性は容姿が美しいだけではなく、悪党としての実力もありました。

そんなスカーレットは「私からルビーを盗めたら、私の片腕として認める」と言ったので、悪党たちが競ってルビーを盗もうとします。そんな中で何とミニオンズがルビーをゲットします。それを見たスカーレットはミニオンズを片腕として認めるのです。

スカーレットと仲違い(結)

スカーレットは、早速ミニオンズにエリザベス女王の王冠を取ってくるように命令します。ミニオンズはその命令に従って王冠を取ろうとしたら、逆にパトカーに追われる事になったので、ボブがアーサー王の剣を引き抜いて応戦しようとします。

これに驚いた周囲の人間たちは、ボブを新国王にしました。これをテレビで見ていたスカーレットが激怒して「この裏切り者!」と叫んでミニオンズと戦う事になります。はたしてミニオンズはスカーレットを倒す事はできるのでしょうか?

『ミニオンズの豆知識』グッズ情報

ミニオンズとスカーレットの団結

引用:http://eiga.com/movie/81184/gallery/3/

ミニオンズは子供から大人まで高い人気を集めているキャラクターなので、数多くのグッズが販売されているので、いくつか紹介します。

ミニオン スチュアート抱き枕

ミニオンズで大活躍していた目玉が一つしかないスチュアートの抱き枕商品です。目玉が一つしかない所が、少し小悪魔のようなデザインになっていて、愛着のモテる抱き枕になっています。

そして、この商品はもちもちとしているので、抱き枕としては最適なので、ミニオンズをあまり知らない方でも満足できる商品になっています。

ミニオン おしゃべりボブのポップコーンバケツ

ミニオンのボブの形をしたポップコーンバケツは、スイッチをオンとオフにする事によって、喋ってくれます。そのためミニオンが好きな方にはたまらないグッズになっています。

さらにボブのポップコーンバケツは本来であれば、ユニバーサルスタジオジャパン限定ですが、上のリンクをクリックしたら、自宅でも簡単に注文する事ができます。

ミニオンズ ボールペン+ふせんセット

ミニオンズがボールペンにくっ付いているデザインになっている上に、カラフルなカラーがそろっているので、ミニオンズが好きな子供であれば満足できる筆記用具になっています。

さらに葉っぱの付箋(ふせん)もセットで付いてくるので、メモ書きとして重宝する事もできる商品です。

『ミニオンズ』の感想

ミニオンズの喜び

引用:http://eiga.com/movie/81184/gallery/3/

グルーシリーズでは主役ではなかったミニオンズが、今回はスピンオフ作品とは言え、主役となって活躍します。そのような映画を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

ミニオンズの残念な所

グルーシリーズでは、娘たち(マーゴ・イディス・アグネス)が 登場しない上に、グルーはラストシーンにしか登場しないので、少し物足りなく感じてしまいます。

私はグルーやアグネスが好きだっただけに、ミニオンズばかりが目立つ事は、少し残念に思ってしまいましたね。

ミニオンズの見所

この映画ではミニオンズとグルーが知り合うキッカケが描かれているので、今まで謎になっていた部分が明らかにされます。実際に私は、ネファリオ博士がミニオンズを開発したものとばかり思っていたので、それが違っていたのは意外でした。

そのため、ミニオンズの生い立ちがしっかりと知る事ができるのは、この映画の最大の見所です。