晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志 スリーキングダム 第4話』関羽と華雄の一騎打ち

三国志 群雄

西涼軍の華雄が、18鎮諸侯に迫って、次々に一騎打ちが行われますが、華雄に討たれていきます。そこで、遂に劉備の義弟である関羽が、華雄と一騎打ちを行う事になります。

この一騎打ちにより、劉備3兄弟は、袁紹に認められますが大きな波乱が起きてしまうのです(ネタバレなし)。

『第4話 関羽、華雄を斬る 』のキャスト

華雄の強さの前に、18鎮諸侯が沈黙する中で、関羽が出撃する『第4話 関羽、華雄を斬る』に主演したキャストを紹介します。

  • 曹操(諸侯)/劉備3兄弟を認める奸雄(演:陳建斌)
  • 孫堅(諸侯)/長沙の太守(演:ファン・ユィリン)
  • 黄蓋(諸侯)/長沙の猛将(声:小山武宏)
  • 韓当(諸侯)/孫堅の忠臣(声:鈴森勘司)
  • 袁紹(諸侯)/18鎮諸侯の盟主(演:シュー・ウェングァン)
  • 袁術(諸侯)/袁紹の従兄弟(声:辻親八)
  • 劉備(諸侯)/桃園の誓いをする長兄(演:ユー・ホーウェイ)
  • 関羽(諸侯)/劉備の義弟(演:ユー・ロングァン)
  • 張飛(諸侯)/関羽の義弟(演:カン・カイ)
  • 王允(後漢)/漢王朝の司徒(演:ジェン・ティエンヨン)
  • 董卓(西涼)/洛陽を支配する独裁者(演:リュイ・シャオフー)
  • 李儒(西涼)/董卓の軍師(声:高山春夫)
  • 華雄(西涼)/董卓の臣下(声:阪口周平)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第4話 関羽、華雄を斬る 』のストーリー

華雄の強さの前に、次々に討ち取られていく武将を前に、関羽が一騎打ちに名乗りをあげます。しかし袁術は身分の低さが気に入らなくて反対しますが、曹操は関羽の風貌を見て、一騎打ちを任せる事にしました。

関羽は城門から出撃をして、華雄と一騎打ちを始めたら、あっという間に討ち取ります。これには18鎮諸侯は沈黙しますが、袁紹は新たに19鎮諸侯に編成して「その19鎮は劉備にする」と言って、劉備は「謹んで、お受け致します」と承諾しました。

都の洛陽では、李儒が「華雄が斬られて、50万を数える19鎮諸侯が勢いづいています」と董卓に報告をしていました。さらに孫堅は進撃をして要塞を陥落させて、虎牢関も窮地に陥っていたのです。そこで董卓は、呂布に全軍を集めるように指示します。

しかし李儒は全軍を出撃させたら、朝廷の大臣たちが不穏な動きを見せるかもれないと危惧します。

そして華雄が斬られた時に、袁紹の身内の袁隗えんかいが小躍りしたと李儒は報告したのです。

董卓は、王允たちが勝手な事をしないように、袁隗一族を根絶やしにして見せしめにして出撃していきました。はたして、勝つのはどちらなのでしょうか?

『第4話 関羽、華雄を斬る 』の感想

連合軍は華雄を打ち取りはしましたが、一枚岩ではなくて、少しずつ亀裂が入っていきます。そのような波乱含みの第4話を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『大山鳴動して鼠一匹』

曹操は、関羽が華雄を討ち取っても、劉備が全く動じなかった事を曹仁に指摘します。そして曹操は「大山鳴動しても顔色すら変えん男(劉備)だ」と評しました。

これは中国の名言『大山鳴動たいざんめいどうして鼠一匹』の事で、事前の騒ぎばかりが大きくなりますが、実際に起きた事は小さい事を表します(大山は泰山と書く場合もあります)。

第4話 関羽、華雄を斬る の残念な所

李儒は、董卓の名軍師として有名ですが、このシリーズでは董卓にへつらう人物として描かれています。仮にも曹操の追撃を撃退した男なので、そこは、もう少し格好よく演じても良かったのではないか?と思ってしまいましたね。

第4話 関羽、華雄を斬る の見所

董卓は少し優しそうな俳優が演じていますが、第4話では董卓の残酷な面が現れて「こいつは悪い奴だなぁ」と思えて、良かったですね。やはり董卓は悪い男でなければ、ストーリーが盛り上がりません。

上の広告の商品は1〜10話まで収録