晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志 スリーキングダム 第7話』孫堅の遺体を奪還

三国志 群雄

孫堅は、劉表の言葉を信じて軍を進めますが、劉表が配置していた伏兵が一斉に弓矢を放って、孫堅は息絶えてしまいます。

しかも孫堅の遺体は劉表の手に渡ってしまいますが、そこで若き孫権が父である孫堅の遺体を奪還するために立ち上がるのです。

『第7話 孫堅の死 』のキャスト

孫家を亡き者にしようとした劉表から孫堅の遺体を奪還する事は簡単ではありませんでした。しかし、その難しい任務をわずか9歳の孫権が成し遂げようとする第7話に登場する人物や役者さん・声優さんたちを紹介します。

  • 孫堅(江東)/江東の虎(演:ファン・ユィリン)
  • 孫策(江東)/孫堅の息子(演:沙溢)
  • 孫権(江東)/孫策の弟(演:チャン・ボー)
  • 黄蓋(江東)/孫堅の重臣(声:小山武宏)
  • 劉表(荊州)/荊州の刺史(演:ジー・チョンゴン)
  • 蔡瑁(荊州)/劉表の重臣(声:高山春夫)
  • 王允(後漢)/漢王朝の司徒(演:ジェン・ティエンヨン)
  • 貂蝉(後漢)/王允の娘(演:チェン・ハオ)
  • 董卓(西涼)/西涼軍の指揮官(演:リュイ・シャオフー)
  • 呂布(西涼)/西涼軍の猛将(演:ピーター・ホー)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第7話 孫堅の死 』のストーリー

孫堅は、劉表の言葉を信じて船を進めますが、劉表は伏兵をしのばせて、一斉に弓矢を放ってきたのです。不意を突かれた孫堅の身体には無数の弓矢が突き刺さってしまい重体に陥ってしまいます(西暦192年 峴山けんざんの戦い)。

孫堅軍は万事休すかと思われた時に、残った孫堅軍が怒りの猛反撃を見せて、孫策が劉表軍へ突撃していきます。

劉表軍の将軍黄祖を捕らえて、姑息な手を使った劉表軍は撃退されます。しかし孫堅の亡骸が残ってしまった船は、主君劉表をそそのかした蔡瑁の手によって、持ち去られてしまいます。

孫策は船が奪われて行く事に気付いて、取り返そうとしますが、部下たちから「大所高所からお考え下さい」と諌められます。

孫権が、捕らえた黄祖と引き換えに和睦の使者にたつ事を進言します。孫策はわずか9歳で躊躇ちゅうちょしますが、弟に任せる事にします。

幼き孫権の頼みに、蔡瑁は返す事に反対しますが、劉表は遺体を返還する事にしました。その頃、都では王允が董卓によって、無理やり獣の血を飲まされて屈辱を味わっていました。

ところが、王允はある策を思いついて董卓を討つ事を決断したのです。はたして王允は、どのような策を思いついたのでしょうか?

『第7話 孫堅の死 』の感想

江東の虎と恐れられた孫堅が亡くなって、中原が激しく揺れ動く『第7話 孫堅の死』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『大所高所』

孫策が、父孫堅の亡骸を取り戻そうとする時に、部下たちから一斉に「大所高所たいしょこうしょから、お考え下さい」と諌められます。この大所高所とは、小さな点にこだわらないで、全体を広く見通すように見る事を指します。

つまり孫策の部下たちは、父の亡骸を取り戻す事にこだわらないで、江東の将来のためを思って行動して下さいと進言した訳です。孫策にとっては、父の亡骸を取り戻す事は小さな点ではありませんが、江東の将来のほうがずっと重要であるという事でしょう。

第7話 孫堅の死の残念な所

劉表は蔡瑁の讒言に耳を貸してしまって、これで仁義のない人物と思われてしまうと後悔し始めて、結局は孫堅の遺体を孫権に渡します。呉のファンである私から言わせたら「お前(劉表)は結局何がしたいんだ?」と思ってしまいました。

しかし因果応報とは、まさにこの事で、後に劉表の一族は魏の曹操に呑み込まれてしまします。最終的に荊州は呉の孫権が掌握する事になるので、歴史の歯車というのは、奇妙なものです。

第7話 孫堅の死の見所

呉の皇帝になる孫権が、9歳という若さで孫堅の遺体を奪還するために奮闘する姿は、第7話の大きな見所です。蔡瑁が邪魔をしようとしても、渾身の力をふりしぼって、劉表を説得する所は感慨深いものがありましたね。

そして董卓が王允たちに、西涼の当時の風習を強要する所は、暴虐な独裁者の顔を見せていて、ストーリーを盛り上げてくれます。ただし、この後はいよいよ王允が一世一代の策を実行に移す事になります。

上の広告の商品は1〜10話まで収録