晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志 スリーキングダム 第8話』王允が差し出した生贄

三国志 群雄

王允は董卓を始末して、漢王朝を助けるためには、ある生贄を差し出して『連環の計』を実行するしかありませんでした。

しかし、その生贄は王允にとって、かけがえのない者で苦渋の決断でした。それでは王允が差し出す生贄や、連環の計について詳しく紹介しましょう。

『第8話 王允の離間の計』のキャスト

王允が、連環の計を実行して、董卓と呂布を反目し合わせるために、娘の貂蝉を利用しようとします。そのような苦渋の策が実行される『第8話 王允の離間の計』に登場した人物や声優を紹介しましょう。

  • 王允(後漢)/娘を犠牲にしようとする司徒(演:ジェン・ティエンヨン)
  • 貂蝉(後漢)/連環の計に苦悩する絶世の美女(演:チェン・ハオ)
  • 董卓(西涼)/貂蝉に一目惚れする独裁者(演:リュイ・シャオフー)
  • 呂布(西涼)/義父董卓を憎むようになる将軍(演:ピーター・ホー)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第8話 王允の離間の計』のストーリー

王允の館では、貂蝉が呂布に見事な舞を披露して、呂布は、その美しさに見とれてしまうのです。しかし、それは王允が仕掛けた連環の計でした。

呂布は貂蝉を妻にしたいと言うので、貂蝉は、これで父親の願望を叶えられると思っていました。ところが、王允は次に董卓に近づいて呂布との仲を引き裂く必要があると語りかけてきたのです。

貂蝉は、呂布はともかくとして董卓のようなケダモノの所へ行きたくなかったのですが、父親の頼みを断れず涙を流して我慢します。

王允は、董卓を屋敷に招いて、絶世の美女である貂蝉を見せて、董卓は呂布と同じように貂蝉に一目惚れしてしまうのです。

呂布は、董卓のもとに貂蝉が行ってしまう事を知ってしまい愕然とします。はたして、王允の連環の計は成功するのでしょうか?

『第8話 王允の離間の計』の感想

力を持たない王允が考え出した連環の計は、少しずつ実を結んでいきます。そこで、この連環の計や『第8話 王允の離間の計』の残念な所や見所を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『連環の計』

連環の計とは、鎖のようにいくつもの策を組み合わせて、敵が弱体化した所で、 攻撃を仕掛ける策の事です。これより後に、赤壁の戦いでも連環の計で、船を鎖でつなぎ合わせて、火攻めを成功しやすいように仕向けた事がありました。

そのため、多くの方が船を鎖でつなぎ合わせるので、連環の計と考えてしまいますが、実際にはいくつもの策を組み合わせて相手を弱体化させる事を意味しています。そのため、貂蝉を利用した策と、軍船を鎖でつなぎ合わせた策が、どちらとも連環の計と呼ばれているのです。

第8話 王允の離間の計 残念な所

王允が連環の計が上手く進んでいるのか、貂蝉と呂布が話し合っている所を密かに盗み聞きするシーンがあります。それが少し演技くさくて、少しだけ、しらけてしまいました。実際に呂布は優れた将軍なので、王允が盗み聞きする所は、簡単に見破ってしまうでしょう。そのため、少し演技くさくなった所だけは残念でしたね。

第8話 王允の離間の計 見所

貂蝉が、呂布に近づいていくのは、それほど嫌がっていないのに、董卓だけには近づきたくないと嫌がるのが迫真の演技で説得力がありました。あの演技を見たら、貂蝉は父の頼みとは言え、呂布に好意を抱いていたのがよく分かりますね。

三国志スリーキングダムでは、恋人と愛し合うシーンはいくつかありますが、その中でも特に心を動かされたのは、貂蝉と呂布ですね。この二人の演技は、本当に慈しみあっているのが伝わってくるので、呂布と貂蝉の純愛がよく伝わってきて、第8話の大きな見所となっています。

上の広告の商品は1〜10話まで収録