晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志 スリーキングダム 第10話』王允が董卓に引導を渡す!

三国志 群雄

董卓は、皇太后が天子が病弱になってしまったので、皇帝の位についてほしいという願いを聞いて、大喜びします。しかし、それは王允の企みでした。董卓が宮殿に向かう時に、そこで信じられない展開が待ち受けていたのです。

『三国志 スリーキングダム 第10話』のキャスト

独裁を続けてきた董卓に対して、遂に引導を渡す詔勅が出される『第10話 董卓の死』に登場する人物と役者さん・声優さんたちを紹介します。

  • 王允(後漢)/一時の油断で破滅する司徒(演:ジェン・ティエンヨン)
  • 貂蝉(後漢)/董卓と呂布を巧みに騙す絶世の美女(演:チェン・ハオ)
  • 呂布(後漢)/詔勅によって立ち上がる将軍(演:ピーター・ホー)
  • 陶謙(後漢)/曹大老に護衛を付かせる徐州牧(声:伊井篤史)
  • 董卓(西涼)/王允の罠にはまる暴君(演:リュイ・シャオフー)
  • 李儒(西涼)/董卓が皇帝になれる事を喜ぶ重臣(声:高山春夫)
  • 李傕(西涼)/王允に反撃する事を決断する将軍(声:佳月大人)
  • 郭汜(西涼)/李傕と共に長安を攻撃する将軍(声:岡哲也)
  • 曹操(魏)/父の訃報に嘆く奸雄(演:陳建斌)
  • 曹仁(魏)/主君を心配する重臣(演:洋光)
  • 荀彧(魏)/陶謙の迂闊さに憤る軍師(演:李建新)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『三国志 スリーキングダム 第10話』のストーリー

陳宮は王允に「董卓を倒すためには呂布の力が必要」と言って、王允は静かにうなずきます。

そして、王允と陳宮は策を講じて、董卓と呂布の仲を引き裂きながら、董卓に対して皇帝になるように勧めます。董卓は、王允たちが反対するものとばかり思っていた、皇帝の即位を認めるとは思ってもいなくて上機嫌になります。

董卓は、万楽宮へ到着したら、そこに王允が登場して「勅命だ!国賊董卓は朝廷を冒瀆ぼうとくして国を乱した。董卓を殺すのだ」と言って、多くの兵士たちが宮殿より出てきました。

董卓は「奉先(呂布)はどこだ!」と言って慌てますが、そこに呂布が現れて「国賊を殺せー!」と槍で董卓をひと突きで倒します。これに王允は涙を流して「蒼天よ!先帝よ!漢は救われましたぞ!」と膝を床につけて大喜びします。

李傕や郭汜は降伏しようとしますが、王允はそれを認めず、呂布に討伐を命じます。

しかし、両将は密かに都を急襲して王允は自害。呂布は陳宮と共に、都から離れていきますが、徐州では陶謙の部下が曹操の父親を殺害して、風雲急を告げていました。

はたして、天下の行く末はどうなってしまうのでしょうか?

『三国志 スリーキングダム 第10話』の感想

遂に王允の悲願であった董卓討伐はかないますが、その喜びのあまり、李傕と郭汜の反撃を許す事になります。そのような波乱の展開が待っていた『第10話 董卓の死』を見た感想を紹介しましょう。

三国志の名言『蒼天すでに死す 黄天まさに立つべし』

後漢王朝末期に、黄巾の首謀者である張角は「蒼天すでに死す 黄天まさに立つべし」というスローガンを掲げます。これは漢王朝は終わりを迎えて、我ら(黄巾族)が立ち上がる時が来たという意味です。

私は、この事から『蒼天』とは漢王朝そのものだと思い込んでいたのですが、どうやら違うようです。色々と調べていったら、蒼天とは天そのものであり、天の意思と受け取れるのです。つまり張角は「漢王朝の天命は尽きた」と言いたかったのでしょう。

第10話では、王允が何度も「蒼天よ」と叫ぶシーンがありましたが、あれは天に向かっての言葉だったのです。

三国志 スリーキングダム 第10話の残念な所

曹操の父親である曹大老が命を落とした事に、突然荀彧が登場して「陶謙め、何を考えておる。大事な護衛にそのような者をつけて」と憤ってしまいます。この荀彧は、魏の荀攸・程昱・郭嘉たちと並び立つほどの軍師です。

それほどの大物である荀彧が曹操に士官する経緯が出てこなかったのは、少し残念だったかなと思いました。それにしても、魏は人材が山のようにいるなぁと思ってしまいますね。これでは中原を制する事ができたのも納得です。

三国志 スリーキングダム 第10話の見所

董卓によって、屈辱を味合わされ続けてきた王允が、ついに董卓にとどめをさします。その時に、王允が天に向かって「蒼天よ」と叫ぶシーンは、今までの悲願が成し遂げられた事が凄く伝わってきました。

その満ち足りた感情は、日本で言えば、怨敵吉良上野介を倒した大石内蔵助と同じような気持ちだったのではないでしょうか?

上の広告の商品は1〜10話まで収録