晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第16話』曹操が袁術で笑い死ぬ?

三国志 群雄

曹操は、袁術の行為で、思わず笑い死ぬ所だったと愉快になってしまいます。なぜ、曹操はそこまで愉快になってしまったのか?詳しく紹介しましょう。

『第16話 呂布、徐州牧となる』のキャスト

曹操が、袁術を討伐しようとする『第16話 呂布、徐州牧となる』に登場する人物や役者さん・声優さんたちを紹介しましょう。

  • 曹操(兗州)/袁術について大笑いする奸雄(演:陳建斌)
  • 荀彧(兗州)/劉備を危険視する軍師(演:李建新)
  • 郭嘉(兗州)/曹操の胸中を見破る軍師(演:王今心)
  • 程昱(兗州)/均等の取れた献策をする軍師(演:蒋昌義)
  • 曹仁(兗州)/曹操に従う弟(演:洋光)
  • 許褚(兗州)/曹操軍の猛将(演:郭濤)
  • 献帝(後漢)/曹操を五虎大将軍に任命する皇帝(演:ルオ・チン)
  • 劉備(小沛)/曹操軍の援軍として駆けつける将軍(演:ユー・ホーウェイ)
  • 呂布(徐州)/失策を陳宮に咎められる徐州牧(演:ピーター・ホー)
  • 陳宮(徐州)/呂家と袁家の縁談を中止させる軍師(演:スン・ホンタオ)
  • 袁術(南陽)/曹操に攻められる第二の皇帝(声:辻親八)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第16話 呂布、徐州牧となる』のストーリー

袁術が皇帝を名乗った事を知った曹操は「あやうく笑い死にする所だった、袁術をすっかり忘れていた」と上機嫌になりました。

その理由を曹仁が聞いたら、曹操が「ここまで愚かだったとは思わなかった」と言って、群臣たちも一緒に大笑いします。

荀彧は「袁紹のほうが先に皇帝を名乗るかと思いましたが、意外でしたな」と笑ったら、曹操は「袁紹のほうが時流を読めていた訳だ」とほくそ笑みます。

そこで、郭嘉が袁術が皇帝になった事について、曹操に「内心喜んでおられますね」と、その胸中を見破ります。

しかし、郭嘉や荀彧たちは、第二の袁術・第三の袁術が出現しないためにも袁術討伐を進言します。曹操は、袁術の軍勢が30万〜40万もいましたが、統制が取れていない上に、皇帝を名乗った事で周囲の反発を買っていたので、勝てると踏みます。

曹操は、曹仁や許褚たちに軍を率いるように命じて、総勢20万で出撃して、劉備も袁術を討伐するために兵を繰り出します。

袁術の城の守りは堅かったのですが、曹軍は何とか落とします。しかし、曹操はいつか徐州を落とすぞと劉備を脅してしまいますが、劉備は徐州を守りきる事ができるのでしょうか?

『第16話 呂布、徐州牧となる』の感想

曹操が、袁術討伐のために、呂布を徐州牧に任命する『第16話 呂布、徐州牧となる』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『法は尊きに加えず』

曹操は袁術討伐の際に、兵士たちが農民が大事にしている畑を荒らさないように厳命していました。その命令では、畑を荒らした者を斬ると決めていたのです。所が、曹操が乗っていた馬車の馬が誤って、畑に侵入してしまいました。

そこで曹操は軍法の模範を示すために、自害しようとします。そこで荀彧は「春秋の時代に法は尊きに加えずと申します」と引き止めます。そこで、曹操は自害の代わりにまげを切り落としました。

『第16話 呂布、徐州牧となる』の残念な所

劉備の義弟たちによって、袁術軍の紀霊将軍が撃たれてしまいますが、それは袁術に報告されるシーンが映るだけでした。そのため、少し迫力に欠けるので、その辺りもしっかりと演じて欲しかったですね。

さらに曹操軍の兵士たちが、食料が少ない事について騒いでいるシーンが短くなっているので、そこはもう少し長くして、兵士たちの怒りをしっかりと表して欲しかったです。

『第16話 呂布、徐州牧となる』の見所

曹操が兵糧官に「兵士たちの怒りを鎮めるために、そちの首が欲しい」と言うシーンがありました。

ここで、兵糧官が「私の落ち度ではありません」と言いますが「無論承知しておる、そちの家族はしっかりと面倒を見てやる」と笑う所は曹操の非情さが現れて見所がありました(やはり、曹操はひどい男ですね)。

そんな非情な曹操ですが、曹仁が兵士たちに食料をいっぱい食わせた上に、城を総攻撃するシーンになる所で、ハイテンポなBGMが流れて、猛攻撃をかけるシーンは第16話の大きな見所になっています。そのため、魏のファンの方にはたまらない瞬間と言えるでしょう。

上の広告の商品は11〜20話まで収録