晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第17話』劉備が曹操の卑劣な策にはまる

三国志 群雄

小沛にいる劉備は、徐州の呂布を協力して、曹操から徐州を守ろうとしていました。しかし、曹操は軍師の郭嘉と陳親子を使って卑劣な策を実行しようとしていました。

そうとは知らず、劉備は呂布と激しく戦い合うようになり、徐州に危機が迫ってしまうので、どのような卑劣な策なのか詳しく紹介しましょう。

『第17話 劉備、兄弟と離れる』のキャスト

曹操が徐州を手に入れるために、卑劣な策を講じる『第17話 劉備、兄弟と離れる』に登場する人物や役者さん・声優さんたちを紹介します。

  • 曹操(兗州)/劉備と呂布を陥れる奸雄(演:陳建斌)
  • 郭嘉(兗州)/卑劣な策を進言する軍師(演:王今心)
  • 曹仁(兗州)/曹操に従う猛将(演:洋光)
  • 劉備(小沛)/呂布に攻め込まれる将軍(演:ユー・ホーウェイ)
  • 関羽(小沛)/陳宮の策に陥れられる将軍(演:ユー・ロングァン)
  • 張飛(小沛)/呂布の攻撃に激怒する将軍(演:カン・カイ)
  • 糜芳(小沛)/曹操に援軍を頼む使者(声:佐藤広太)
  • 呂布(徐州)/曹操の策にはまる徐州牧(演:ピーター・ホー)
  • 貂蝉(徐州)/呂布の妻(演:チェン・ハオ)
  • 陳宮(徐州)/呂布を支える軍師(演:スン・ホンタオ)
  • 陳珪(徐州)/陳宮をあざ笑う文官(声:林和良)
  • 陳登(徐州)/陳珪の息子(声:岡哲也)
  • 張遼(徐州)/呂布の第一の配下(演:程相銀)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第17話 劉備、兄弟と離れる』のストーリー

郭嘉の離間の策により、呂布と陳宮の君臣の絆にヒビが入っていきました。そんな時に、呂布は劉備と曹操が内通している手紙を手に入れて、陳珪に城の守りを任せて、劉備を討伐する事にします。

呂布の軍は夜陰に乗じて、小沛の城に迫ります。劉備は、糜芳に早く曹操の元へ行き、援軍を要請して、関羽には援軍を待つように指示します。

そして呂布は密書を劉備に見せて、曹操に寝返ろうとしてる事を非難するのです。劉備は「陳宮か曹操のいずれかの策略か」と力なくつぶやきます。

次に糜芳がやってきて、援軍を要請しようとしたら、曹操は「分かっておるわ、今こうして進軍しておるわ」と言います。小沛では、劉備たちがおびき寄せられて、撃破されていました。

劉備は曹操と対面した時に、密書の事を聞いたら「呂布に密書をわざと見せて、下僕を一人失ったがな」と笑われます。

曹操の計略で劉備と呂布が血みどろの戦いをする事になった事を初めて知って、劉備や配下たちは愕然がくぜんとします。

呂布は徐州の城に戻ろうとしますが、曹操と内通していた陳珪が城に入れようとしないので、仕方なく下邳へ退却します。曹操は徐州城に到着して陳親子を労いますが、はたして呂布たちはどうなってしまうのでしょうか? 

『第17話 劉備、兄弟と離れる』の感想

曹操が卑劣な策を講じる『第17話 劉備、兄弟と離れる』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『離間の計』

孫子の兵法の中でも敵を陥れる策として有名なのが『離間の計』です。この策は、敵同士を仲違いさせる策略になります。

かつて春秋戦国時代でも離間の計が用いられた事があって、燕の名将『楽毅』が主君『昭王』の恩に報いるために、燕を陥れた斉に攻め込み、5ヶ国による連合軍によって、次々に城を攻め落とした事がありました。

昭王は歓喜して、当時としては珍しく、王族ではない部下の楽毅に領地を分け与えて、楽毅は深く感謝をして再び進撃します。

斉に残る城はわずか2つですが、このタイミングで斉に名将『田単』が登場します。その時です、昭王が病死して、楽毅を快く思っていない太子が恵王に即位したのは。田単は好機到来とばかりに『離間の計』を講じます。

楽毅は失脚をして、連合軍は城を全て奪い返されます。恵王は、楽毅が、これを機に反撃してくる事を恐れて手紙を送って弁明します。

所が楽毅は「先王は民に優しく、私を厚遇してくれました」と先王に忠義を誓う返書をしたためて、恵王は自らの愚かさを後悔しますが、後の諸葛孔明はこの話に感激して、楽毅を手本にしたと言われています。

『第17話 劉備、兄弟と離れる』の残念な所

陳親子が、呂布にこびへつらうシーンがありますが、あまりにもへりくだった様子で「あれで騙される馬鹿がいるのだろうか?」と思わず笑ってしまいそうになります。さすがの呂布も、あんな事では騙されないでしょう(多分)。

そのため、もう少し陳親子のへりくだった所を抑えたほうが良かったように感じたのは残念な所ですね。

『第17話 劉備、兄弟と離れる』の見所

曹操の計略の手際の良さや行軍の速さを、第17話では見事に演出していて、見応えがありました。そして、曹操が劉備の使者にしらばっくれる所は「さすが奸雄だなぁ」と思わせてしまいますね。それにしても、曹操が、密書をわざと呂布に見せた事を言い放って笑うシーンは「この男(曹操)は、本当に悪い奴だなぁ」と思わせます。

陳親子が裏切った後に、呂布が陳宮の進言を聞こうとしない時に、貂蝉から「陳親子はうわべだけがよくても腹黒い人でした」と言い、陳宮は忠義の塊と指摘して、呂布が「たしかにそちの言う通りだ、陳宮に面目ない」と反省させます。一人の女性が君臣の仲を修復させるのは心が温まるシーンで、この辺りも第17話の大きな見所ですね。

上の広告の商品は11〜20話まで収録