AKIRAブログがグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽を紹介

現在は購入できない広告リンクがあるので、少しずつ調整している次第です

映画『借りぐらしのアリエッティ』翔の善意が仇になる!

借りぐらしのアリエッティでは、小人が人間の家の中から物を少しずつ借りて暮らしていました。しかし、小人は、人間に見つかったら引っ越さなくてはいけないルールがあったのです。所が、翔という人間が小人を見た事によって、平和な生活が壊れていくので、詳しく紹介しましょう。

『借りぐらしのアリエッティ』のキャスト

ドールハウスの家具

借りぐらしのアリエッティは、ジブリのアニメ作品として、2010年7月17日に日本で上映されました。そして、DVDの収録時間は94分です。

監督&脚本&原作

小人たちが、危険と隣り合わせで生活している所を描いた映画『借りぐらしのアリエッティ』を製作したのが、米林宏昌監督です。

  • 監督:米林宏昌
  • 脚本:宮崎駿&丹羽圭子
  • 原作:メアリー・ノートン

登場人物と声優

借りぐらしのアリエッティの声優陣は、俳優さんや女優さんたちが多く参加しています。それでも、あまり不自然さを感じないアニメになっているのが、この映画の大きな特徴にもなっています。

  • アリエッティ/好奇心旺盛な小人(声:志田未来)
  • ホミリー/アリエッティの母(声:大竹しのぶ)
  • ポッド/アリエッティの父(声:三浦友和)
  • スピラー/小人の少年(声:藤原竜也)
  • 翔/人間の少年(声:神木隆之介)
  • 牧貞子/翔の大叔母(声:竹下景子)
  • ハル/貞子の家のお手伝い(声:樹木希林)

『借りぐらしのアリエッティ』のストーリー

猫のミーヤ

病弱な翔は、ある年の夏、1週間だけ母親が住んでいた家で過ごす事になりました。大叔母の貞子が翔を気づかないながら、林に囲まれた家に着きます。この何でもない家に住んでいる小人を見つけてしまうとは、この時の翔には想像していなかったでしょう。

アリエッティを目撃する翔(起)

翔が庭に入っていくと、そこには一瞬だけ小人が草むらの中を動いているように見えました。しかし大叔母に声をかけられたので、家に入っていきます。その小人はアリエッティで、母のためにローリエを運んでいたのです。それを目撃した猫のニーヤが、アリエッティを追いかけますが、通気口から隠れ家に入って行ったので取り逃がします。

しかし、アリエッティは母のホミリーから「また外へ出ていったんでしょう」と怒りられてしまいます。そこへ父のポッドが帰っていたら「人間の子供が増えたようだ」と懸念を示します。アリエッティは狩りの約束をしていたのですが、ホミリーは人間が増えたので、狩りには参加しないように促します。

それでも、ポッドは「子供は早く寝る」と言って、アリエッティを連れていく事にします。その頃、家の中では翔が、貞子からお手伝いのハルを紹介されていました。夜になって、いよいよアリエッティは洗濯バサミで髪を止めて、ポッドと共に狩りへ出かけます。二人は釘を打ち込んだ所を通路として、歩いて行きます。

狩りに失敗するアリエッティ(承)

アリエッティたちは、その後もホッチキスをハシゴ代わりに登っていき、小人ならではの道具を使って、巧みに人間の家の部屋へ近づいていきます。そして、ホミリーから頼まれていた角砂糖を取った後に、ポッドと協力してティッシュを抜き取ろうとしました。

その時です、翔が目を開いてアリエッティに気が付いたのは。硬直してしまうアリエッティは角砂糖を落としてしまいます。そして翔は「怖がらないで、今日庭で君を見かけたよ。母が言っていたんだ、小さい時にこの庭で小人を見たって、母が見たのも君なのかな」と話しかけてきました。

アリエッティはポッドと一緒に逃げるようにして、隠れ家に戻ります。しかし、ポッドは、人間に見つかった事は母に言わないように口止めするのです。なぜなら、母親は心配性だったからです。ポッドは、人間に見られましたが、しばらくは人間の動向を見極めてみようと励まします。

翔へ会いに行くアリエッティ(転)

翔は、アリエッティのために通気口の所に、角砂糖を置きます。それを見たアリエッティが角砂糖をどかしてみたら、下に敷いていた紙に『わすれもの』と書かれていました。それを見たアリエッティは思い切って、翔へ会いに行く事にします。翔はアリエッティに気づいて「来てくれたの?」と話しかけます。

アリエッティは「もう私たちに構わないで欲しいの。人間は危険なの、見つかったら引っ越さなくてはいけないの」と強い口調で話しかけます。所が、翔が両親とロクに会えない事を教えてもらったアリエッティは少し同情してしまうのです。そして、翔は自己紹介して、アリエッティの名前を教えてもらいます。

そこで、アリエッティはカラスに襲われそうになりますが、翔に助けてもらいます。それからアリエッティは隠れ家に戻りますが、ポッドに気づかれてしまい「お前は家族を危険にさらしているんだぞ、二度と関わりあうな」と叱られてしまいます。

小人に気付き始めるハル(転)

ハルは、カラスが騒いでいた時に、部屋へ入ってカラスを追い払いますが、その後に宅配便の人に「この辺りにネズミ捕りの業者っているからしら」と話しかけます。宅配便の人は「ネズミが出たんですか?」と聞いてみたら、ハルは「ネズミじゃないかも、本当は小人がいたのよ、私見たの」と不敵な笑みを浮かべます。

貞子はカラスが入った事に驚きますが、そこで翔が部屋に置いてあったドールハウスについて聞いてみました。そうしたら貞子が「父が小人を見たので、ドールハウスをプレゼントしようと待っていたの」と教えてくれます。しかし、それから小人が見つからなくて、そのまま置いてあったので、翔の物になると貞子は語りかけます。

ドールハウスには書斎やオーブンなどが実際に利用できるようになっていたのです。それを知った翔は、押入れから小人の隠れ家に、直にドールハウスの部屋を付けました。しかし、それは小人にとっては恐怖でしかなく、ポッドは急いで引っ越しの準備をさせるように促します。翔は庭で寝ていたら、そこにアリエッティが現れて「あなたのせいで家はメチャクチャよ、でも良いの今日はお別れに来たの」と言い放ちます。

翔がアリエッティと協力(結)

アリエッティは「借りぐらしは人間に見られてはいけないから、引っ越さなくてはいけないの」と言います。翔は、それを聞いたら「全部、僕のせいだ」と反省したら、一緒にいた猫のミーヤは「ファー!」と怒りますが、翔はそれを止めます。所が、翔は自分の心臓が悪くて先が短い事を言うのです。アリエッティはそれに驚いてしまうのです。

その時、家の中ではハルが小人の隠れ家を見つけてしまって、ホミリーを捕まえて空き瓶の中に入れてしまいます。ホミリーは大きな悲鳴をあげてしまい、アリエッティはそれに気づいて母が連れ去れてしまった事に涙を流してしまうのです。

そこで、翔はアリエッティのために、ハルに気づかないようにホミリーを救出しようとします。しかし、翔は心臓が悪いので、息を切らしてしまうのです。アリエッティたちは小人のスピラーと引っ越しの準備をしなくてはいけなかったのですが、はたしてホミリーを助ける事はできるのでしょうか?

『借りぐらしのアリエッティ』の豆知識

カラスの動向

人間に見つからないように借りぐらしをする小人たちを描いた映画『借りぐらしのアリエッティ』に関連する情報を紹介するので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

『借りぐらしのアリエッティ』の主題歌

借りぐらしのアリエッティの主題歌を担当したのが、フランス出身のシンガーソングライターの『セシル・コルベル』さんです。そのセシル・コルベルさんが歌う『Arrietty's Song』は、アリエッティが翔に会いに行こうか悩んでしまうような歌詞になっています。

実際に『アリエッティ』と『翔』の名前が出ている訳ではありませんが、ひっそりと隠れて暮らしている世界から、堂々と明るい世界へ出られる事を願う歌詞になっているのです。さらに、静かに心へ響く旋律は、切ない気持ちにさせますが、透明感のある歌声が心を癒してくれます。

世界各地に登場する小人たち

借りぐらしのアリエッティの原作は、イギリス出身のメアリー・ノートンさんの『床下の小人たち』です。こちらのメアリー・ノートンさんは、イギリスの児童文学作家として有名な方になります。

そして、小人は、意外にも世界各国の文学に登場しているのです。日本では、かぐや姫や一寸法師が有名で、ヨーロッパではドワーフやリリパッド(ガリヴァー旅行記に登場する小人)などが広く知られています。

私は以前、福島県金山町の『妖精美術館』へ行った事がありますが、やはり小人は何かメルヘンチックな感じがしてロマンがありますね。

『借りぐらしのアリエッティ』の感想

角砂糖の画像

小人たちが様々な工夫をして、狩りをする映画『借りぐらしのアリエッティ』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『借りぐらしのアリエッティ』の残念な所

借りぐらしのアリエッティは、小人たちが生活する所を見られるので、それだけでもワクワクできるストーリーになっているのですが、アリエッティの性格が少し傲慢に見えてしまうのが気になってしまいました。

実際に人様の家から物を借りて暮らしているクセに、翔が善意でした事について、厳しく問い詰める所は「それは無いんじゃないのか?」と思ってしまいましたね。

『借りぐらしのアリエッティ』の見所

アリエッティの性格は少し気になりましたが、小人がホッチキスをハシゴに使ったり、葉っぱを傘の代わりに使ったりする所は、小人の世界を見事に演出していて見応えがありました。

さらに、私が最も印象深いセリフだったのが、アリエッティを好きになった翔が「アリエッティ、君は僕の心臓の一部だ」と言う所で主題歌が流れるシーンです。いくら心臓が弱い人間でも、少し聞きなれない言葉で、アリエッティがいかに大事な存在か分かるシーンでしたね。