晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第24話』許攸と田豊がコミカルに喧嘩!

三国志 中原

袁紹の陣営では、軍師の許攸と田豊が、曹操と決戦すべきかで論争します。所が、その論争がコミカルで笑えてしまうのです。そこで『第24話 白馬の戦い』のストーリーを交えながら、二人のコミカルな喧嘩を紹介しましょう。

『第24話 白馬の戦い』のキャスト

関羽が、袁紹軍の敵将と次々に一騎討ちしようとする『第24話 白馬の戦い』に登場する人物や声優を紹介します。

  • 曹操(許昌)/関羽に褒美を与える丞相(演:陳建斌)
  • 曹丕(許昌)/曹操の子息(演:于浜)
  • 程昱(許昌)/関羽を出撃させるように進言する軍師(演:蒋昌義)
  • 曹仁(許昌)/関羽の態度に激怒する将軍(演:洋光)
  • 曹洪(許昌)/関羽を討つべきと主張する将軍(演:李泓瑞)
  • 張遼(許昌)/関羽の盟友(演:程相銀)
  • 関羽(許昌)/白馬の戦いで活躍する将軍(演:ユー・ロングァン)
  • 袁紹(冀州)/出撃を決意する冀州の覇者(シュー・ウェングァン)
  • 許攸(冀州)/田豊と対立する袁紹の軍師(演:シュー・マオマオ)
  • 田豊(冀州)/袁紹に富国強兵を進言する軍師(声:佳月大人)
  • 劉備(冀州)/許攸に協力する左将軍(演:ユー・ホーウェイ)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第24話 白馬の戦い』のストーリー

冀州では許攸の進言により、袁紹は曹操討伐の兵を挙げようとしますが、田豊の反論により、袁紹はあっさりと出撃を取りやめます。

許攸は、それを知ったら、田豊に「私に嫉妬して、主君をお諌めしたのか?」と言います。しかし許攸は「私が嫉妬するのであれば、それにふさわしい人物に嫉妬する」と言い返します。

所が、その時に劉備は袁紹に「許昌へ出撃すべきです」と進言していて、またしても袁紹は「よし出陣だ!」と前言を翻します。

袁紹の心変わりを知った田豊は「何!」とあわてて駆け出して行ったので、許攸は「田豊殿、そなたが、あわてふためく姿を予想していましたぞ」と笑い飛ばします。

田豊は強く袁紹を諫めようとしたら、袁紹は激怒して、田豊の三軍の職を解き、馬の世話をさせる事を言い放ちます。

田豊は連行されていく所で、許攸が近づき「大言壮語がお得意とは知っていましたが、まさか馬の世話まで出来るとは」と馬鹿にしました。それに対して、田豊は許攸の顔に向かって、ツバを吐きかけるのです。

その頃、関羽は劉備が生きている事を知ったので、曹操に義兄のもとへ赴くための許可を願おうとします。はたして、曹操がそのような願いを許可するのでしょうか?

『第24話 白馬の戦い』の感想

許攸と田豊がコミカルな喧嘩をする『第24話 白馬の戦い』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『静をもって動を制す』

田豊が、主君袁紹に対して『静をもって動を制す』と進言して、今は出撃しないで力を蓄えるべきと進言しました。この言葉は、 異変が起きても、みだりに動かないで時局を見極めるべきと言う意味を持っています。そのため、自分の周りで何か異変が起きても、決して慌てないで、冷静さを失わなず、対処したほうが良いでしょう。

『第24話 白馬の戦い』の残念な所

袁紹の陣営で、許攸と田豊が激しく口論する中で、郭図が全く登場しませんでした。この郭図も、袁紹の軍師として有名なので、是非とも登場して欲しかったですね。実際に、許攸は問題の多い軍師ですが、それに比べたら郭図は優秀な所があるので、彼が当時、何を考えていたのか是非知りたい所でした。

『第24話 白馬の戦い』の見所

許攸と田豊は、同じ袁紹の軍師なのに、お互いに口論する所は「どうしようもない軍師たちだなぁ」と思ってしまいました。しかし許攸と田豊の口論は少し滑稽に見えたので、第24話の大きな見所になっています。

程昱が関羽を出撃させる事によって、劉備を討たせるべきと進言したのを見たら「この主君にして、この軍師あり」と感じてしまいましたね。でも、その邪悪さは、曹軍の軍師らしくて、大きな見所の一つでした。

上の広告の商品は21〜32話まで収録