晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第26話』古城の桃の枝が折れていた理由

三国志 中原

劉備は冀州から汝南へ向かい、兄弟たちと再会します。所が、桃の枝が折れている事に気づいた劉備は不審を抱き、張飛にその訳を聞こうとしました。

そこで、張飛から間抜けな話が飛び出して、義兄弟たちで笑いあってしまうので、詳しく紹介しましょう

『第26話 古城に再会す』のキャスト

劉備が、義弟たちへ会いに行く『第26話 古城に再会す』に登場する人物や、役者さん・声優さんたちを紹介します。

  • 劉備(汝南)/汝南へ向かう将軍(演:ユー・ホーウェイ)
  • 関羽(汝南)/周倉と出会う将軍(演:ユー・ロングァン)
  • 張飛(汝南)/関羽の裏切りに激怒する将軍(演:カン・カイ)
  • 趙雲(汝南)/残兵をまとめた将軍(演:聶遠)
  • 関平(汝南)/関羽への養子を願い出る青年(声:名村幸太朗)
  • 周倉(汝南)/関羽に仕えようとする山賊(声:大羽武士)
  • 糜芳(汝南)/劉備の使者(声:佐藤広太)
  • 孫乾(汝南)/劉備の奥方達を見守る文官(声:林和良)
  • 糜夫人(汝南)/劉備の妻であり糜芳の妹(声:神保巴)
  • 甘夫人(汝南)/劉備の妻(声:田崎由美子)
  • 袁紹(冀州)/劉備を汝南へ派遣させる冀州の覇者(シュー・ウェングァン)
  • 袁譚(冀州)/袁紹の長子(声:佳月大人)
  • 袁熙(冀州)/袁紹の次子(声:大羽武士)
  • 袁尚(冀州)/袁紹の末子(声:林和良)
  • 許攸(冀州)/劉備の汝南行きに反対する軍師(演:シュー・マオマオ)
  • 郭図(冀州)/袁紹の息子の動向を見守る軍師(声:高山春夫)
  • 孫策(呉)/呉の小覇王(演:沙溢)
  • 韓当(呉)/孫策に許貢の裏切りを報告(声:鈴森勘司)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第26話 古城に再会す』のストーリー

関羽が先を急ごうとしたら、そこに周倉という賊が現れて、家来として仕えたいのですと懇願してきました。劉備の奥方は、当初こそ反対していましたが、賊の仲間を解散して一人だけというのであればと納得して、家来にする事を許可します。

関羽と周倉は喜び合いますが、古城にさしかかった所で、張飛が出撃してきて、曹操に寝返ったと思って激しくなじってきたのです。

そこへ曹軍がやってきたので、関羽が曹軍を撃破したら、寝返っていない事を信用すると吐き捨てます。

そこで、関羽は見事に曹軍を打ち破り、張飛の誤解は解けました。それから二人は趙雲と再会を果たして、ついに劉備とも再会します。

ところが、桃の枝が折れていたので、劉備がその訳を張飛に聞いたら「ばれちまったか、兄貴(関羽)が曹操に降ったと聞いて、桃の木に当たり散らしたんだ」と笑ってゴマかすので、兄弟たちは困った男だなと思って一緒に笑ってしまいます。

その頃、北方ではついに袁紹が曹操を討伐しようと軍を動かそうとしていました。天下の行く末はどうなってしまうのでしょうか?

『第26話 古城に再会す』の感想

劉備たち4兄弟が再会する『第26話 古城に再会す』を見た感想を紹介するので、良かったら、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『一滴の水の恩に報い湧水』

劉備が、許攸になぜ袁紹殿を見限らないのですかと尋ねたら、許攸は『一滴の水の恩に報い湧水』と言いました。この言葉は、たとえ一滴のような小さな恩でも、湧き出る泉のような大きさで返すべきという意味を持ちます。

かつて、日本の首相である田中角栄が日中国交を正常化した後に、酒の飲みすぎでマトモに喋る事ができませんでした。しかし、中国の要人はそれからも田中角栄に面会しました。それは中国には「最初に井戸を掘った人を忘れない」という考えを持っていて『一滴の水の恩に報い湧水』と通ずるものがあったからでしょう。

中国共産党の政治家は強かな所があり、虎視眈々と勢力を拡大しようとする所はありますが、日本人が中国の名言から学べる所は多いでしょう。

『第26話 古城に再会す』の残念な所

4兄弟が再会した時に、劉備・関羽・張飛は抱き合って涙ぐみます。劉備と張飛だけは涙を流しますが、関羽だけは上手く涙を流せませんでした。これは監督が意図して、そうさせたのかは分かりませんが、そこは関羽を演じる役者さんもしっかりと涙を流して欲しかったかなと思いましたね。

『第26話 古城に再会す』の見所

許攸は性格に問題のある軍師ですが、劉備に対して、哀愁を漂わせながら、暗愚な主君でも裏切れないと打ち明けた所は、胸にグッとくるものがありましたね。歴史では、許攸がその後に何をしたのか?それは多くの方たちが分かる事ですが、この時の許攸は問題が多くても、何とか袁紹を覇者にしたかったのでしょう。

上の広告の商品は21〜32話まで収録