晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第31話』的盧が檀渓の呪いを打ち破る!

三国志 中原

劉備は、荊州の跡目争いに巻き込まれてしまって、蔡瑁に命を狙われる事になりました。そこで、的盧と呼ばれた馬に乗って逃げる事になりますが、そこで恐ろしい檀渓にたどり着きます。

実は、この場所は凄惨な土地柄であり、呪われた場所だったので詳しく紹介しましょう。

『第31話 的驢、檀渓を飛ぶ』のキャスト

劉備が、水鏡先生に足りていない所を指摘される『第31話 的驢てきろ檀渓だんけいを飛ぶ』に登場する人物や役者さん・声優さんたちは以下の通りです。

  • 劉備(新野)/蔡瑁に終われる皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 関羽(新野)/徐庶の作戦に異を唱える将軍(演:ユー・ロングァン)
  • 張飛(新野)/劉表を信用しない将軍(演:カン・カイ)
  • 趙雲(新野)/劉備の護衛を勤める将軍(演:聶遠)
  • 徐庶(新野)/劉備の馬を的盧と指摘する通行人(声:郷田ほづみ)
  • 水鏡(荊州)/劉備の足りない所を指摘する先生(声:宝亀克寿)
  • 劉表(荊州)/蔡瑁に不信感を抱く荊州の統治者(演:ジー・チョンゴン)
  • 劉琦(荊州)/劉備を救おうとする劉表の長子(声:手塚ヒロミチ)
  • 蔡氏(荊州)/悪企みする劉表の後妻(声:日野由利加)
  • 蔡瑁(荊州)/劉備討伐に動く劉表の重臣(声:高山春夫)
  • 曹操(魏)/ 劉備討伐の命令を下す丞相(演:陳建斌)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第31話 的驢、檀渓を飛ぶ』のストーリー

蔡瑁は、食客の分際で家督争いに口を挟んだ劉備をこのままにしてはおけないと決断して、密かに劉備を亡き者にしようと企みます。

そのような時に劉備は、街中で「これは名馬ですな、しかし的盧(災いをもたらす馬)ですな」と言われてしまいます。しかし、劉備は的盧と言われても愛馬を手放す事はなかったのです。

ところが、劉備がまつりに参加している時に、蔡瑁が軍を動かして迫ってきたので、屋敷の裏門から逃亡します。劉備は檀渓と呼ばれる所まで逃げますが、流れの早い川で馬が進まなくなりました。

「やはり的盧か、私に災いをもたらすか」と目を閉じますが、強引に馬を走らせようとして、何とか川を渡りきました。

そして、劉備が馬を進ませていき、ある屋敷を訪れたら、水鏡先生が出迎えました。

今までの経緯を話したら「あの渓谷は檀渓と言って、楚の項王が秦の投降兵30万人を殺戮した場所で、多くの霊魂がさまよっていて抜け出せのは、あなただけですぞ」と教えてくれます。

水鏡先生は「あなたには軍師がいない、臥龍(諸葛亮)か鳳雛(龐統)のどちらかを得たほうが良たら天下を安んじられる」と助言してくれますが、その言葉の通りに得る事はできるのでしょうか?

『第31話 的驢、檀渓を飛ぶ』の感想

私が『三国志スリーキングダム 第31話 的驢、檀渓を飛ぶ』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『臥龍と鳳雛』

水鏡先生が、劉備に勧めた『臥龍』と『鳳雛』は偉大な二人の軍師の異名でした。臥龍とは伏せた龍を意味していて、未だに名前が知られていない大物の事であり、諸葛孔明を指していました。

そして、鳳雛とは、鳳凰の雛であり、将来は大物になる事を意味しています。この鳳雛とは、龐統を指していました。その後の劉備の活躍を見れば、確かに諸葛孔明は臥龍でしたが、龐統はあまり褒められた最後ではなかったので、この辺りがまだ雛と呼ばれた所以かもしれません。

『第31話 的驢、檀渓を飛ぶ』の残念な所

私は、呉のファンなので、蔡瑁が劉備を追い詰めても、それほど気にしません。しかし蔡瑁は、劉表をそそのかして孫堅の命を奪いました。それどころか、再び劉備も亡き者にしようとして「本当にうっとうしい武将だなぁ」と思ってしまうばかりです。

そのような憎まれ役がいるからこそ、ストーリーは盛り上がるのかもしれませんが、気分が悪くなってしまう所であり、第31話の残念な所ですね。そのため、赤壁の戦いが、今から待ち遠しいです(その理由は今後のお楽しみ)。

『第31話 的驢、檀渓を飛ぶ』の見所

劉備が、徐庶の策について怒りますが、川で愛馬が止まってしまった時に観念を決めるシーンは、本当にこのような事が数千年前に起きていたのだろうなぁと少し感慨深くなりました。

それだけ役者さんが、追い詰められた劉備を熱演していて、その演技力の高さには、うならされてしまいました。

軍師が今までいなかった劉備にようやく徐庶が加わって、今まで辛酸をなめてきた劉備が曹操に反撃する体制を整えていくのは第31話の大きな見所です。

上の広告の商品は21〜32話まで収録