晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第32話』徐庶を唸らせる曹軍の速さ

三国志 中原

劉備に軍師として迎えられた徐庶は、曹軍の侵攻は30日後と予想しました。しかし、曹軍は27日後に到着して、徐庶の予想より3日も早かったのです。

そこには、曹操の優れた軍略が大きく関係していたので、詳しく紹介しましょう。

『第32話 徐庶、諸葛亮を薦む』のキャスト

徐庶の予想を上回る速さで、曹軍が到着する『第32話 徐庶、諸葛亮を薦む』 に登場する人物と役者さん・声優さんたちは以下の通りです。

  • 曹操(魏)/ 劉備討伐の命令を下す丞相(演:陳建斌)
  • 曹丕(魏)/荊州の雨季を指摘する曹操の子息(演:于浜)
  • 曹仁(魏)/新野に進撃する将軍(演:洋光)
  • 李典(魏)/曹丕を支える副将(声:佳月大人)
  • 荀彧(魏)/徐庶を詳しく知る軍師(演:李建新)
  • 劉備(新野)/曹軍を迎え撃つ皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 関羽(新野)/樊城を攻撃する将軍(演:ユー・ロングァン)
  • 張飛(新野)/伏兵として曹軍を待ち構える将軍(演:カン・カイ)
  • 趙雲(新野)/曹仁の陣を攻撃する将軍(演:聶遠)
  • 徐庶(新野)/劉備の軍師(声:郷田ほづみ)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第32話 徐庶、諸葛亮を薦む』のストーリー

曹操は「すぐさま、荊州に攻め入り劉備を攻める」と言ったら、曹丕は「荊州は目下、雨季ですので、 騎馬兵の戦いは不利ですので、雨季が過ぎてから攻めては?」と進言します。

曹操は「荊州の雨季はまもなく終わる。ここから荊州まで進軍するまで5日はかかっている。荊州に着く頃には荊州の土は乾いておる」と言って、曹丕は「そうでした、進軍の日数を忘れておりました」 とひれ伏します。

魏の曹仁は劉備の新野城に迫って、徐庶は行軍の速さを計算して、自分が予想したよりも3日も早く到着した事に「さすが曹操」と驚きます。

さらに、曹仁が、城の前で敷いた陣をみて、徐庶は「曹仁に、この陣を敷けるとは、将としての資質がありますな」と褒め称えます。しかし、徐庶は趙雲や関羽に的確な命令を下して、曹仁の陣を撃破しました。

曹操は、徐庶が手強いと考えて、母親を人質にする事により、徐庶を魏へ来させるのです。

徐庶は止むを得ず、劉備に諸葛亮を軍師として取り立てるように言い残して去って行きました。

はたして、劉備は諸葛亮を軍師として取り立てる事はできるのでしょうか?

『第32話 徐庶、諸葛亮を薦む』の感想

徐庶が母親を失ってしまう『第32話 徐庶、諸葛亮を薦む』を見た感想を紹介するので、まだ見ていない方は参考にしてみて下さい。

三国志の名言『軽挙妄動』

曹仁が、新野城を夜討ちしようとした時に使った『軽挙妄動』とは、現代の日本ではあまり使われない言葉ですが、 軽はずみに何も考えないで行動を起こしてしまう事を指します。中国の時代劇では猪武者がよく言われやすい言葉と言えるでしょうね。

『第32話 徐庶、諸葛亮を薦む』の残念な所

曹仁が、関羽に新野城を攻め落とされた時に、驚いた表情を見せるだけで、少し憤った表情を浮かべませんでした。そのため、見ているほうも少しシラけてしまうので、曹仁はもう悔しがったり、憤ったりしても良いのではないかなと思ってしまいましたね。

『第32話 徐庶、諸葛亮を薦む』の見所

曹仁が、八門金鎖の陣を敷いた時は、大規模な陣形を見る事ができて、中国がいかに三国志スリーキングダムにお金をかけているのか分かるシーンでした。

この合戦では、徐庶が「曹仁の陣は、八門金鎖の陣と言われるもので、休・生・傷・杜・景・死・驚・開の8門です。猛将1人と500の精兵によって、東の生門から西の景門へ突っ切れば破れます」と説明して、趙雲や関羽の活躍により、八門金鎖の陣を撃破しました。

日本でも時代劇は製作されていますが、陣形にあまりお金をかけないので、しっかりと製作して欲しいものですね。

実際に、日本でも鶴翼の陣・魚鱗の陣・車懸かりの陣などが敷かれてきた歴史があるので、今後は日本もお金をかけて欲しいものだなぁと少し羨ましくなりました。

上の広告の商品は21〜32話まで収録