晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第39話』蒋幹に手紙を盗ませた手口

三国志 赤壁

魏の蒋幹は、旧知の友である周瑜を寝返らせようとします。しかし、呉の大都督にまでなった周瑜は一筋縄の男ではなくて、ある秘策を持って、手紙を盗ませようとしていたのです。

そこで、周瑜が、どのような方法で手紙を盗ませようとしたのか紹介しましょう。

『第39話 蒋幹、手紙を盗む』のキャスト

蒋幹が、友情を装って周瑜を寝返らせようとする『第39話 蒋幹、手紙を盗む』に登場する人物や、声優さんたちは以下の通りです。

  • 曹操(魏)/蒋幹を呉の陣営に派遣(演:陳建斌)
  • 蒋幹(魏)/曹操に周瑜を寝返らせる事を進言(声:林和良)
  • 蔡瑁(魏)/曹操に叱責される将軍(声:高山春夫)
  • 張允(魏)/周瑜に警戒される将軍(声:鈴森勘司)
  • 周瑜(呉)/諸葛亮の言葉に激怒する将軍(演:ビクター・ホァン)
  • 小喬(呉)/剣舞を披露する周瑜の奥方(声:園崎未恵)
  • 魯粛(呉)/諸葛亮をなじる文官(演:フォ・チン)
  • 呂蒙(呉)/周瑜に曹軍の動きを報告する将軍(演:チャン・チョン)
  • 諸葛亮(江夏)/周瑜を牽制する軍師(演:ルー・イー)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第39話 蒋幹、手紙を盗む』のストーリー

周瑜は、諸葛亮を寝返らせる事に失敗してしまい、次は諸葛亮に夜襲させようとしますが、逆に諸葛亮に「周瑜殿は、水上の戦しか知りませぬな」と言われてしまうのです。

周瑜は激怒しますが、魯粛になだめられて諸葛亮に向けた矛(ほこ)を一旦は納めます。

そんな時に、魏軍が大きく動き出したので、周瑜は軍船に乗り込んで敵軍を偵察しようします。

周瑜は、敵の力量や武器の使い方を詳しく見定めた後に撤退して行ったのです。

曹操は呉軍に味方の軍を調べられた上に逃した事に憤慨します。そこへ蒋幹が「私は周瑜と旧知の友ですので、寝返らせてみせます」と豪語します。これに曹操は「ほぅ、周瑜を寝がえらせたら、大きな功績だぞ」と期待して、呉の陣営へ向かう事を許可します。

周瑜は、蒋幹が曹操の命令で来た事を察知して、大いに歓迎させて酒を飲ませます。そして、蒋幹が眠っている所の近くに、ある手紙を置いておきました。

この手紙は魏軍を奈落の底に突き落とす事になる内容が書かれていましたが、はたして蒋幹は手紙を盗み出すのでしょうか?

『第39話 蒋幹、手紙を盗む』の感想

多くの陣営が、活発に相手の武将を寝返らせようとする『第39話 蒋幹、手紙を盗む』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第39話 蒋幹、手紙を盗む』の残念な所

第39話でも、周瑜一人が馬鹿者のように扱われていたのが、残念な所でしたね。魯粛は賢人のように扱われているのですが、あまりにも周瑜が不憫(ふびん)に見えてきました。それでも、周瑜が蒋幹に手紙を盗ませる所は、東呉を有利にする事ができるので、次回に期待したい所ですね。

『第39話 蒋幹、手紙を盗む』の見所

第39話では、周瑜・諸葛亮・曹操の陣営で、活発に相手を寝返らせようとしていきます。実際に周瑜は東呉の災いを取り除くために諸葛亮を寝返らせようとして、諸葛亮は諸葛瑾の動きを牽制するために寝返りを持ちかけます。

さらに曹操は、水上戦に長けている周瑜を寝返らせて、戦を有利に進めようとします。この時点では、馬騰・張魯・劉璋などが健在していて、まだ完全な三国志という訳ではありませんが、この戦場では三国が策略で激しく戦い合っている所を見られるのは、第39話の大きな見所ですね。