晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第42話』赤壁から曹操が逃げられた本当の理由

三国志 赤壁

赤壁の戦いでは、曹操が呉の周瑜によって、大敗をしてしまいます。そこから、曹操が逃げられたのは関羽の恩返しが大きいと言われていました。

所が、そこには別に思惑があって、曹操が逃げる事ができたので詳しく紹介しましょう。

『第42話 赤壁の戦い』のキャスト

曹操が、遂に呉と決戦を迎える『第42話 赤壁の戦い』に登場する人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 曹操(魏)/周瑜や諸葛亮をあざ笑う丞相(演:陳建斌)
  • 于禁(魏)/黄蓋の水軍に異変を感じる将軍(声:大羽武士)
  • 張遼(魏)/曹操に従う将軍(演:程相銀)
  • 程昱(魏)/曹操の笑いに戸惑う軍師(演:蒋昌義)
  • 蔡中(魏)/周瑜に処刑される従兄弟(声:林和良)
  • 蔡和(魏)/蔡中と共に処刑される兄弟(声:里卓哉)
  • 周瑜(呉)/曹操と決戦する呉の大都督(演:ビクター・ホァン)
  • 黄蓋(呉)/魏軍に突撃する老将(声:小山武宏)
  • 劉備(新野)/関羽を案じる皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(江夏)/軍議を開く軍師(演:ルー・イー)
  • 馬謖(江夏)/諸葛亮と天下を論じる文官(声:横島亘)
  • 関羽(江夏)/曹操の恩に悩む将軍(演:ユー・ロングァン)
  • 関平(江夏)/関羽の義理の息子(声:名村幸太朗)
  • 周倉(江夏)/関羽の部下(声:大羽武士)
  • 張飛(江夏)/魏軍の武具を狙う将軍(演:カン・カイ)
  • 趙雲(江夏)/曹操を追撃する将軍(演:聶遠)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第42話 赤壁の戦い』のストーリー

呉の陣営では、周瑜が蔡中と蔡和を引きずり出して、戦の前に処刑をします。そして、夜になり呉の黄蓋が先鋒となって、偽りの投降を申し出ていたので、そのまま魏の水軍へ向かいます。

西暦208年 世に名高い赤壁の戦いが始まります。曹操は、黄蓋の船が近づいてきたので、約束通り降伏するものと思っていました。ところが、黄蓋は「火攻めにするのだ」と号令。なんと呉は自軍の船に火を付けて、決死の突撃を開始。

さらに黄蓋は火を付けたカメを次々に飛ばしていき、魏の水軍は業火に包まれていきます。後に魏や蜀を震撼させる、呉が最も得意とする火攻めが開始されました。

魏軍の兵士は火だるまになり敗走を始めますが、奇妙な事に呉軍も蜀軍も本気で曹操を捕まえようとしません。

曹操は「周瑜はわしを劉備に倒させて、曹と劉で争わせたいのだ。しかし、諸葛亮はそれを承知しているので、本気でワシを殺しにこないのだ」と笑います。はたして、曹操はこのまま逃げ切る事ができるのでしょうか?

『第42話 赤壁の戦い』の感想

曹操が、赤壁で命からがら逃げていく『第42話 赤壁の戦い』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『今日の友は明日の敵』

ことわざで、昨日の敵は今日の友という言葉がありますが、諸葛亮は今後の孫劉連盟は、友から敵になりうる事を案じて、馬謖に「今日の友は明日の敵」と言います。これは共通の敵が撤退した以上は、荊州を巡って、お互いに戦い合う事を予言しての事でした。

この予言は的中して、孫権と劉備は荊州を巡って、激しく対立していきます。諸葛亮は、馬謖に「どうやって荊州を取り、どのように江東と接していくかが重要になる」と言いますが、後に関羽の傲慢な態度が仇となって最悪の結果をもたらす事になるのです。

『第42話 赤壁の戦い』の残念な所

曹操が、関羽に命乞いするシーンがありますが、途中で覚悟を決めるのですが、少し情けない姿で描かれているので、そこまで曹操をこきおろすような描き方をしなくても良いのではないかと思ってしまいました。

仮にも、天下三分の二を制する魏王となる男ですから、もう少し描き方に配慮があっても良いのになぁと思ってしまったので、そこが残念な所でした。

『第42話 赤壁の戦い』の見所

やはり、呉のファンである自分としては、呉の黄蓋が魏軍にゆっくりと迫っていくシーンは鳥肌ものでしたね。闇夜にゆっくりと魏軍に迫っている時に、臨場感のある音楽が鳴り出して、魏軍が壊滅していくのは、第42話の大きな見所です。

これから、三国志スリーキングダム は、第3部から第4部の荊州争奪に移っていくので、ますます見逃せない展開になっていきますね。