晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第45話』曹沖の死の真相

三国志 荊州

曹操が溺愛していた天才児である息子の曹沖が、命を落としてしまいます。所が、曹沖は毒蛇に噛まれた疑いがあって、その蛇は何者かによって部屋に入られれた疑いまであったのです。

曹操は、誰が曹沖を殺してしまったのか、探っていくので、詳しく紹介しましょう。

『第45話 曹沖の死』のキャスト

その聡明さから、曹操の後継者と思われていた曹沖が亡くなってしまう『第45話 曹沖の死』 に登場した人物や声優さんたちは、以下の通りです。

  • 曹操(魏)/曹沖の死に嘆き悲しむ丞相(演:陳建斌)
  • 曹丕(魏)/父から疑われる長男(演:于浜)
  • 曹彰(魏)/狩に出かけていた曹操の子息(演:楊徳民)
  • 曹植(魏)/酒で泥酔してしまった子息(演:李継春)
  • 曹沖(魏)/若くして亡くなってしまう曹操の子息(演:安彭澤宇)
  • 司馬懿(魏)/曹沖の御霊を守ろうとする文官(演:ニー・ダーホン)
  • 陳羣(魏)/曹丕の側近(声:横島亘)

『第45話 曹沖の死』のストーリー

曹操は、城内にはまだ刺客がいると考えて、4人の息子たちに「どうやって刺客を捕らえたら良いのか?」と聞く事にします。ここでも、数多くいる後継者たちの中で、曹沖だけが、父の曹操を満足させる事を言うのです。

曹操は他の兄弟たちに対して「なぜ、お前たちは曹沖のように考えられない?敵を憎むな、憎んだら判断力が鈍る。敵を利用する事を考えよ」と告げます。

曹丕は、肩を落として意気消沈しますが、そこで司馬懿と目が合ってしまい少し気になってしまうのです。

曹丕は、側近に司馬懿の事について聞いてみたら、恐ろしいほど優秀な人物である事が分かってしまったのです。そのような人物が曹沖に従っているという事は、父は曹沖を後継者にしようとしているのではないかと恐れを抱きます。

ところが、曹沖は毒ヘビに噛まれてしまって亡くなってしまったのです。

これに曹操は、曹丕が怪しいと睨みますが、それ以上は詮索しないようにしました。しかし曹操に不信を抱かれてしまって、曹丕は曹操の後継者になる事ができるのでしょうか?

『第45話 曹沖の死』のまとめ

 曹操が曹沖を殺害した人物を知ってしまう『第45話 曹沖の死』を見た感想や動画配信などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第45話 曹沖の死』の残念な所

曹沖は聡明な男でしたが、残念ながら早く亡くなってしまいます。三国志スリーキングダムでは、毒殺という事で話は進みますが、史実では病死という説が有力です。

曹沖に不幸な事が起きてしまって、曹操は夜遅くまで起きている者がいたとしたら、その者は曹沖を殺してしまって罪悪感を感じている証拠だと睨みます。

そして、兄弟の中で唯一起きていたのが曹丕だったので、曹操は曹丕が毒ヘビを放ったものと疑うのです。

曹沖が亡くなってしまった経緯はともかくとして、曹沖が魏王となっていたら、魏や中国はどうなっていったのか興味がわく所です。それだけに聡明な曹沖があまりにも早く亡くなってしまったのは、残念の一言に尽きますね。

『第45話 曹沖の死』の見所

司馬懿は、曹沖が聡明ではないと指摘しますが、この一言には納得させられるものがあります。かつて日本でも聡明な殿様は、若いうちから自分が聡明である事を隠して生き延びました。その代表的な例として、加賀藩の三代投手『前田利常』が挙げられます。

加賀藩は外様大名で100万石以上もの大藩でした。江戸幕府がそのような危険な藩はとり潰したほうが良いと考えていた時に、前田利常は何と鼻毛を伸ばした状態で、江戸城を歩き回ったというのです。

これに家臣が「殿、どうか鼻毛をお切りください」と言ったら「ワシが鼻毛を伸ばす事によって、幕府を油断させるから、加賀藩は守られるのだぞ」と言ってのけました。このような話がある事を考えたら、司馬懿が言った事は考えさせられるものがありますね。

 

上の広告の商品は43〜52話まで収録