晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第46話』周瑜が劉備を支援した理由

三国志 荊州

赤壁で魏軍が大敗をして、曹操が許都へ撤退した後に、呉の周瑜と江夏の劉備は荊州の南郡を巡って火花を激しく散らす事になります。

所が、呉の周瑜は劉備たちが南郡を攻めようとしていた時に、なぜか兵糧を支援しようとしたのです。そこで、なぜ周瑜が敵対する劉備に兵糧を支援しようとしたのか詳しく紹介しましょう。

『第46話 荊州を争う』のキャスト

周瑜と劉備が南郡を巡って火花を散らす『第46話 荊州を争う』に登場した人物や声優さんたちは、以下の通りです。

  • 曹仁(魏)/南郡を死守しようとする将軍(演:洋光)
  • 曹洪(魏)/曹丕と善後策を話し合う将軍(演:李泓瑞)
  • 孫権(呉)/周瑜に荊州を任せる江東の君主(演:チャン・ボー)
  • 魯粛(呉)/周瑜の企みを見破る文官(演:フォ・チン)
  • 周瑜(呉)/劉備に兵糧を支援する呉の大都督(演:ビクター・ホァン)
  • 呂蒙(呉)/周瑜の考えに不満を抱く将軍(演:チャン・チョン)
  • 程普(呉)/劉備軍の動きを監視する将軍(声:里卓哉)
  • 甘寧(呉)/曹丕と激突する呉の猛将(声:大羽武士)
  • 劉備(江夏)/周瑜を出迎える皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 劉琦(江夏)/病が重くなった江夏の太守(声:手塚ヒロミチ)
  • 諸葛亮(江夏)/周瑜と頭脳戦を展開する軍師(演:ルー・イー)
  • 張飛(江夏)/戦の準備をする将軍(演:カン・カイ)
  • 趙雲(江夏)/劉備に従う将軍(演:聶遠)

『第46話 荊州を争う』のストーリー

周瑜は孫権に対して「劉備は兵糧が足りなくて困っているようなので、我らのほうから兵糧を送ってやりましょう」と進言します。孫権は「周瑜は大局をよく見ているな、よかろう荊州の事はお前に任せる」と言って、兵糧を送る事を認めたのです。

しかし、軍議が終わった後に納得できない呂蒙が、周瑜に迫ったら、周瑜は「劉備軍の兵は1万5千、それに南郡の城は守りが堅い上に曹仁の兵は2万。あの城を攻め取るには6万の精兵はいる。」と教えます。

呂蒙は「なぜ兵力が少ないのに攻めようとするのですか?」と尋ねたら「諸葛亮の攻撃は見せかけに過ぎん」と見破ります。

周瑜は「奴らは、自分たちが南郡を攻撃しようと見せかけて、我らを先に南郡へ攻めさせて、漁夫の利を得ようとしている。そこで我らが兵糧を送って奴らを戦わせるのだ」と言って、ようやく呂蒙は納得。

しかし、劉備のもとに劉琦がいる事を知って、周瑜は「劉琦は兵5万がいる」と焦り、先に呉軍で荊州を攻略しようと動き出します。はたして、荊州南部を占領するのは、どちらになるのでしょうか?

『第46話 荊州を争う』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『三国志スリーキングダム 第46話 荊州を争う』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『漁夫の利』

周瑜が「諸葛亮は我らと曹仁を戦わせて漁夫の利を得ようとしている」と言いましたが、この『漁夫の利』というのは、鷸(しぎ)という鳥が、からす貝を食べようとしたら、抵抗されていある間に、後からきた漁師が両方とも捕まえてしまう話です。

戦国時代で、燕の蘇代は、趙の恵文王が燕に攻め込もうとしていたので、この漁夫の利を解いて「我らが争って傷ついた後に、強国秦が攻めてくるかもしれませんぞ」と説いたのです。つまり周瑜は、呉軍と魏軍の曹仁が傷つきあった後に諸葛亮が南郡を攻撃しようとしていると見破った訳ですね。

『第46話 荊州を争う』の残念な所

三国志スリーキングダムでは、諸葛亮や趙雲などは美形の俳優が演じていますが、なぜか呉の甘寧は、少し穏やかな顔立ちをした俳優が演じています。美形とまではいかなくても、もう少し猛将のように見える俳優の方に演じてほしかったですね。

『第46話 荊州を争う』の見所

曹仁は周瑜によって撤退をしますが、魏の猛将らしく、よく踏みとどまって戦いました。その所が丁寧に描かれていたので、魏のファンも満足できる内容になっています。三国志演義では、曹仁は愚か者のように扱われていますが、正史では曹仁は深謀遠慮に長けた知将であり猛将でもありました。

そのような将軍がいたからこそ、関羽も後に苦戦をする事になるのです。そして、呉の周瑜・呂蒙・甘寧なども戦で活躍する事になるので、第46話は魏・呉の両方のファンにとって、見所の多い内容になっています。

上の広告の商品は43〜52話まで収録