晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第47話』周瑜と呂蒙が遺恨を残す

三国志 荊州

周瑜たち呉軍が、南郡を攻めあぐねていましたが、ようやく曹仁を撃破したかと思ったら、諸葛亮はその隙をついて漁夫の利を得ようとします。

その事により、周瑜と劉備は一触即発になりますが、そこへ孫権の思惑もからんで、状況は複雑なものになり、大きな遺恨を残す事になるので、詳しく紹介しましょう。

『第47話 智略で南郡を取る』のキャスト

南郡を巡って、多くの勢力がいがみ合う『第47話 智略で南郡を取る』に登場した人物や声優さんたちは、以下の通りです。

  • 曹仁(魏)/奮戦した曹仁を褒める丞相(演:洋光)
  • 荀彧(魏)/南方の情勢を見る軍師(演:李建新)
  • 曹仁(魏)/南郡を死守しようとする将軍(演:洋光)
  • 曹洪(魏)/曹丕と共に奮戦する将軍(演:李泓瑞)
  • 孫権(呉)/劉備の行為に激怒する江東の君主(演:チャン・ボー)
  • 魯粛(呉)/荊州の情勢を報告する文官(演:フォ・チン)
  • 周瑜(呉)/南郡を攻めあぐねる呉の大都督(演:ビクター・ホァン)
  • 呂蒙(呉)/趙雲に怒りを募らせる将軍(演:チャン・チョン)
  • 程普(呉)/周瑜を救出する老将(演:蒋昌義)
  • 劉備(江夏)/南郡を攻め取る事に戸惑う皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(江夏)/趙雲に出撃を命じる軍師(演:ルー・イー)
  • 張飛(江夏)/劉備に従う将軍(演:カン・カイ)
  • 趙雲(江夏)/南郡へ出撃する将軍(演:聶遠)

『第47話 智略で南郡を取る』のストーリー

曹仁が南郡を捨てて撤退していくので、周瑜は南郡の城に入っていきますが、そこは妙に静かでした。呉軍は待ち伏せにあってしまい周瑜は、深手を負ってしまいます。

呉軍は、周瑜の葬儀を行うので、夜陰に乗じて魏軍が攻めかかってきますが、実は周瑜が生きていたのです。今度は、周瑜が策を弄して、魏軍を待ち伏せして曹仁を撃破します。

ところが、魏呉両軍が戦っている間に、趙雲が城を乗っ取ってしまい、孫権と劉備の間に大きな禍根を残す事になったのです。

曹操は、呉と荊州が憎しあうようになって、ほくそ笑みます。呉では、孫権が、劉備の裏切りとも思える行為に激怒して、天下はあわただしく動き始めました。

はたして、天下の行方はどうなってしまうのでしょうか?

『第47話 智略で南郡を取る』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第47話 智略で南郡を取る』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『逸を以て労を待つ』

呂蒙が「南郡を攻めとります」と願い出た時に、周瑜が「逸を以て労を待つ」と言いました。これは、中国の戦国時代の武将『孫武』が書いた孫子の兵法書にある言葉です。その意味は、味方の鋭気を養って、敵が疲れるまで待つ事を意味します。

その言葉どおりに、諸葛亮は呉軍と魏軍が戦いあって疲れた所で、城を攻めとったので、まさに逸を以て労を待つという言葉通りの軍略でしょう。

『第47話 智略で南郡を取る』の残念な所

第47話ほど、呉のファンにとって屈辱的な話はないでしょう。しかし、このように仁義にもとる行為を働いて、ただで済む訳がありません。劉備は、この後になって嫌というほどの大きな代償を支払っていきます。

そのあまりの大き過ぎる代償の前に、呉軍をほくそ笑んだ諸葛亮や、呉軍を見下した趙雲は嘆き悲しむ事になるのです。そのため、第47話は呉のファンにとって頭にくる内容ではありますが、陸遜の登場までの辛抱と思って、見ておく価値はあります。しかし頭にくる内容である事に代わりはないので、残念な所ではあります。

『第47話 智略で南郡を取る』の見所

第47話の見所としては、放浪を続けていた劉備が、ようやく荊州という地盤を築く事ができたので、感無量と言える内容になっています。そして、赤壁で大敗した曹操が、孫権と劉備が争う事になるのをほくそ笑みます。

そして、この第47話では、呉と荊州(劉備)の間で遺恨を残すだけではなく、荊州から手を退かせようとする孫権と、荊州を諦めきれない周瑜と呂蒙の間でも遺恨を残す事になっていくのです。

もちろん、それは第48話以降になっていきますが、この事によって第47話は、魏と呉・呉と荊州・孫権と周瑜や呂蒙などの間で遺恨を残すのです。これによって、三国はますますいがみあうようになって、物語としては盛り上がっていく事になります。

上の広告の商品は43〜52話まで収録